奈良山友会 山行の記録

六甲山系
摩耶山〜新穂高〜シェール槍

2017年12月2日(土) 天候:晴れ

 

< メンバー >
L.からさわ SL.てくてく
シリウス、ウォンテッド、yokko、スノーマン

< コース・コースタイム >
阪急王子公園 8:30 − 8:55 青谷登山口 − 9:25 行者堂跡地−
天狗道 − 10:30 摩耶山 − 10:40 掬星台 − 11:25 桜谷出合 −
12:11 新穂高 − 12:45 シェール槍取りつき(昼食) 13:15 −
13:24 シェール槍 − 13:40 杣谷峠 − 14:25 山羊の戸渡 −
15:00 西谷出合 − 15:20 六甲ケーブル下駅


今日は、雲一つない小春日和で晩秋の六甲歩きが楽しめた。
歩き出して間もなく、王子公園に緋寒桜が咲いていましたが、この季節の桜は何となく寒そう。


 
しばらく町中を歩いて、高台に出て振り返ると、神戸沖が日の光で鏡のように輝いています。
 


青谷道を通り、気が付かないうちに行者堂跡地を通過し、稲妻坂から来ている天狗道に出ます。天狗道は六甲全縦のルートの一部で、摩耶山までのルートだ。紅葉の美しさに目を奪われる。
 




1時間余り、急坂を登りきった摩耶山頂は展望が全くきかない。
 


摩耶山から数分で掬星台に出る。ここからの眺めは絶景、神戸市内が一望でき、神戸沖にはポートアイランド、神戸空港まで見渡せます。


 
摩耶ケーブル下近くにある県立神戸高校をスタートして摩耶山、シェール道、奥摩耶ドライブウェイを経由して掬星台をゴールとする「シム・摩耶登山マラソン」のコースと我々の向かう掬星台から桜谷経由、シェール道と重なったため、後からどんどんランナーが追い付いてきて、その都度登山道を譲ることになった。皆さん苦しいにもかかわらず、ほとんどのランナーが道譲りのお礼を言って追い抜いて行かれる。マナーの良さに感心した。
登りはとてもそのスピードにはかなわないが、下りはそこそこ着いて行ける。我々も下りは早足になってかなり、時間稼ぎができた。


 
桜谷出会いで昼食の予定だったが、20分ほど早かったので、新穂高(648m)を目指した。
桜谷分岐から新穂高までは破線ルートなので登山道もあまり整備されていなく、険しい山道を通過しピークにたどり着いた。
 


新穂高という名前は立派だが、眺望はきかない。
 


六甲には、河童橋とか穂高とか槍とか北アルプスに関係する名称を付けた場所が多くある。かって神戸の旧居留地に住んでいた外国人が日本アルプスを思い近場の六甲で登山を楽しんでいたのだろうか。

新穂高からシェール槍を目指した。腰まで埋まるほどの熊笹をかき分け進みやっとのことでシェール槍取りつきに到着した。


 
ここで昼食タイムとなった。
てくてくさんお手製の美味しいチョコレートケーキをいただきながら紅葉を愛でながらほっと一息ついた。
小春日和と言っても良いくらいの気温だった。
 


シェール槍取りつき横の堰堤を登るとそこは、穂高湖だった。青く澄んだ湖面に秋空が写って天上の楽園と言った気分。
 


シェール槍から20分余りで杣谷峠に到着。ここから西谷出会までは、厳しい山羊の戸渡という難路だった。読んで字のごとく登山路の横は切り立った絶壁がしばらく続いた。戸渡を過ぎ、西谷出会までは激下りの道が続く。おまけに落ち葉が厚く積もりスリップする者が続出。幸い怪我もなく20分程で西谷出会に到着。


 
ここからは車道をのんびり周りの紅葉を楽しみながら程なく六甲ケーブル下に到着した。
 


今回のコースは桜谷出会から西谷出会まで破線ルートで、週末にもかかわらず登山者には一人も出会わず、我々パーティーの貸し切り状態だった。厳しい中にも紅葉を愛でながら、普段着の六甲ハイキングとはまた違った顔を発見し、六甲の奥深さを堪能した山行だった。
 


文:スノーマン  写真:シリウス