奈良山友会 山行の記録

湖南アルプス
太神山・矢筈ヶ岳

2017年9月30日(土)



< メンバー >
L.山寺 SL.山の家
かがし、どろんこ、RINRIN、えみーる、からさわ
まちゃる、buhiko、チョモランマ、ウオンテッド

< コース・コースタイム >
アルプス登山口バス停 10:06 − 迎不動 − 10:48 不動橋 − 11:43 二尊門 − 12:04 太神山 12:36
− 二尊門 − 13:04 分岐 − 13:54 矢筈ヶ岳 − 14:10 河原出合 − 15:38 アルプス登山口バス停 


久しぶりに会山行に参加させて頂きました。
JR京都駅改札前08:50集合。琵琶湖線新快速でJR京都駅からJR石山駅へ。
石山駅からは帝産バスで終点の「アルプス登山口」バス停で下車。

 

いつもの如く、賑やかに談笑をしながら・・・電車内、バス内は小学生の遠足の様子です。
それが、とても懐かしく、嬉しくて終始笑いっぱなしでした。

バス停で、身支度を整えリーダーからの説明を受けて出発します。
天神川沿いの舗装道を登って行きます。



暫く行くと駐車スペースの有る場所にゲートが有り、太神山へ道標に導かれ山道に入り、

 

不動橋を渡って、花崗岩が風化した道を登り、



松茸山ゆえの入山規制の張り紙を見て、



泣不動も確認。





矢筈ヶ岳への分岐をやり過ごし、柔らかいお顔の二尊門の石仏の間を通り、

 

田上不動寺山門を通り立派な社務所へ。

 

境内の奥に大杉が有り、パワーを頂きに抱きついておられましたら、
皆からは「木が枯れる〜」と野次が入り爆笑。



急な石段を上がれば舞台造りの不動寺本堂に到着です。
本堂から少し行けば胎内くぐりを出来る大岩が有り、
その先に太神山二等三角点があります。此処で昼食タイム。

 



 

道中もそしてランチタイムも談笑は途絶える事無くとても楽しくて、和みます。

矢筈ヶ岳分岐までは来た道を戻ります。途中胎内くぐりも体感して、
土砂崩壊の看板が有る分岐から矢筈ヶ岳へ



因みに登山道は問題なく歩ける事が記載されていました。

今までの参道とは変わり山道らしくなります。
沢を渡り、尾根道を進みます。

 

矢筈ヶ岳下の出合峠から急登をこなせば山頂へ。

 



出合峠に戻り、御仏河原に向かい岩が露出した沢沿いを滑らないように用心して下る。

 

車道を出ればゴールのバス停も近いです。ハイキングコースと思いきや12km 28,705歩も歩きました。
心地の良い疲れと楽しい会話で京都駅での反省会?のビールが格別に美味しかったです。(^O^)

2回も下見をして下さり、アワアワタイムの予約まで気を配って頂き、リーダーに感謝いたします。





文・写真:どろんこ  写真:山寺