奈良山友会 山行記録

南アルプス
仙丈ケ岳


2017826()27()


 
<メンバー>
.シリウス SL.てくてく
チョモランマ、buhiko、からさわ、まぁちゃん、まちゃる
キレイ、リギ、タンタン、スノーマン、えみーる、ゆう、ちすけ
 
<コース・コースタイム>
 
826()
高の原() 6:00 - 11:30 仙流荘(昼食〜アルプス林間バス) 12:10 - 13:05 北沢峠 -
13:30 1合目 - 14:20 3合目 - 14:50 大滝の頭 - 15:30 藪沢小屋 - 15:50 馬の背ヒュッテ()
 
827()
5:00ご来光 - 6:10 朝食 - 馬の背ヒュッテ 7:00 - 8:15 仙丈小屋 -
8:30 松峰分岐 - 8:50 仙丈ケ岳 - 10:30 小仙丈ケ岳 - 11:30大滝の頭
12:50 北沢峠 13:00(バス) - 仙流荘14:00(入浴) – 奈良
 
 
北沢峠から、二班に分かれて登って行く、すでにバスで2000mの標高まで来ている。
勾配の緩い登りを行く。3合目くらいで少し勾配が上がるのでゆっくりとしたスピードで登る。

樹林帯の中をジグザグに行くと大滝の頭に出る。


 
ここは、藪沢小屋と小仙丈ヶ岳への分岐です。
 
 
 
 
今回、藪沢小屋から馬の背ヒュッテに向かう。
 

 
藪沢小屋を通り過ぎ、更に登って振り向くと甲斐駒ヶ岳が姿を現した。
 

 
裾は樹林帯で上の方は白くて岩肌が見えているみたい。
20分程沢沿いを詰めて行くと馬の背ヒュッテ到着。ここで泊ります。

夕食はウインナーカレー。福神漬、らっきょう.
カレーは、おかわり自由で、最高4杯のおかわりでした。
 
夜は満天の星空
人工衛星、天の川も見られました。
 




5時、ご来光
 
 
 
6:10 朝食後 馬の背ヒュッテ を7:00に出発 仙丈ケ岳に向かいます。
2,700メートルの標高ですが、まだ木々が茂っている。
登って行くと後に甲斐駒ケ岳、八ヶ岳連峰、上に仙丈小屋が見えてくる。

 

 
小屋のベンチにザックを置いたら
 
 

 
「ザックは下に、トイレは200円。前払い」と小屋主の声。
 
岩場を登って15分で稜線に出る。
もうひと登りで仙丈ケ岳。
 



 
頂上は展望良く、北岳の肩に富士山、間ノ岳、塩見まで望めた。特に富士山は圧巻。
山頂から稜線を行く。
小高くなった岩場の頂上で少し長めの休憩を取る。鳳凰三山のオベリスクも綺麗に見え、
 下山するのがもったいないくらい眺望が良かった。
アップダウンしながら小仙丈ヶ岳到着。

 


 
甲斐駒ヶ岳がどっしりとして見える。
小仙丈ヶ岳からは ガレ場を一気に下る。やがて樹林帯に入り、大滝の頭に出てくる。
1時間半程で北沢峠だ。アルプス林間バスに乗り、仙流荘で入浴
3台、各々帰宅の途についた。
 
 
文・写真:buhiko 写真:シリウス・ちすけ