奈良山友会 山行の記録

教育山行 沢登り第一弾
金剛山・丸滝谷
丸滝谷〜太尾西尾根経由

2017年07月15日(土)天候:快晴


 
< メンバー >
L.虎鉄、SL.三遊亭軟弱
山の家、RINRIN、まあちゃん、ゆう
スノーマン、buhiko、ちすけ、くぅる、東丸  計11名

< コース・コースタイム >
石筆橋9:10 − 9:30入渓谷地点10:00 − 10:50石フデ東谷分岐(ロープワーク)11:20 −
12:00上の丸滝(昼食・ロープワーク)14:00 −
六道ノ辻15:30− 16:40石筆橋


2017 沢登りの第一弾は、金剛山・丸滝谷です。
超ベテランから沢初体験の会員まで、11名のパーティーとなりました。

AM9:00に水越トンネル西出口近くの石筆橋に車2台に分乗して集合し、
林道終点から入渓します。

 

初心者は先輩会員から装備の付け方を教わります。

 

下界は真夏日ですが、沢の中は涼しく、清らかな流れの中を進みます。



登りにくい滝では、ロープでサポートします。
 


その後3m程の滝をいくつか越えて、石ブテ東谷との分岐に到着しました。
そこの6mの滝で、ロープワークや滝行を行いました。

 



続いて2m〜6mの滝やナメ床を越えて行きます
ロープを出す程でもないところは、スリングでサポートします。

  

上の丸滝15mに到着しました。
ここは巻道にロープが掛かっていますが、足元が崩れそうで大変危険です。
 



 
ここで昼食を取りながら、ロープワークを2時間行いました。
6/25の研修会で懸垂下降の練習はしましたが、
実際の現場ではかなり緊張します。

 
  
その後、トップロープで15mの滝を登り、ロープワークは終了です。
  



 
上の丸滝から少し登れば、水の流れは細くなり、
急坂を登り詰めれば中尾の背の分岐点です。
ここで沢装備を解いて、六道の辻まで登ります。
 


ここまで来れば、あとは登山道を下るだけ。
太尾西尾根を1時間程下って、石筆橋に帰って来ました。
 


ロープワークを熱心にやり過ぎたため、解散は予定より1時間程遅くなりましたが、
沢を歩き、滝を登り、充実した1日となりました。

今回、沢初体験の会員が3名参加しましたが、11名という大所帯の中で目が届かず、ヒヤリとする場面がありました。
本番前に少人数での事前山行をすべきではなかったかと反省しています。


文:虎鉄 写真:くぅる、三遊亭軟弱、ちすけ