奈良山友会 山行の記録

唐松岳
〜北アルプスの名峰に出会う山旅〜

2017年5月4日(木)〜5日(金)天候:晴れ



< メンバー >
L.pike、シリウス、虎鉄、buhiko、ゆう

< コース・コースタイム >
5/4 奈良07:00 − 白馬村八方 14:00 − ゴンドラリフト「アダム」・クワッドリフト −
八方池山荘15:15 − 16:12 八方ケルン 16:22 − 16:40 八方池山荘16:40

5/5 八方池山荘 04:05 − 04:30 石神井ケルン 04:34 − 04:51 第2ケルン 04:55 −
05:02 八方ケルン 05:16 − 第三ケルン 05:21 −八方池 07:04 − 丸山 07:15 −
08:08 唐松岳頂上山荘 08:12 − 08:40 唐松岳 08:55 − 09:15 唐松岳頂上山荘 10:16 −
11:13 丸山 − 12:17 八方池 − 12:24 八方ケルン 12:25 − 12:30 第2ケルン 12:31 −
12:40 石神井ケルン 12:58 八方池山荘−23:20奈良


今年のGW春山は唐松岳に挑む。
三百名山の一座、派手ではないけれど山頂からの眺望は負けず劣らず素晴らしい。
一度目は夏山で登った。八方池に映りこんだ白馬三山が美しかった。
天気予報は晴れマーク、期待に胸が躍る。

5月4日(木)
午前7時、近鉄奈良駅前から山旅はスタート。
GWの道路渋滞が懸念されたが、それほどの影響はなく車は順調に白馬村八方の駐車場へ。
ゴンドラリフト「アダム」・アルペンクワッド、グラートクワッドと3機を乗り継ぎ、

  

標高1,800mの八方池山荘に到着。



夕食までの時間を利用して八方ケルンまで散策。





12本アイゼンは3か月のブランクがあり、本番前のトレができてありがたい。
ご厚意で先頭を歩かせてもらう。
木道が整備されて歩きやすい。汗ばむくらいの陽気、文句なしの天気の八方尾根スノーハイク。
第3ケルンまで登ると、左手は迫力ある五竜岳や鹿島槍ヶ岳、右手には白馬三山の大展望、歓喜の声があがり眺望を楽しむ。



 

ギザギザの不帰キレットは見るだけで圧倒される。いつか夏道でチャレンジしてみたい。

八方池山荘の寝床は2段ベッドの下段。天井が迫ってくるよう。



小柄な私でも圧迫感があり、男性諸氏はさぞやそう感じたであろう。
それはさておき、山荘にはお風呂がある。
女性風呂は3人程度でいっぱいの浴槽ではあるがほっこりと入れた。
buhikoさんはスキーで来た話好きな女性客につかまって話が弾んでいる。
熱い湯にのぼせないかな?と心配だけど・・
私はパワーに圧倒されて逃亡(ゴメンナサイ(*_*;)

夕食は6時からでバイキング形式。
品目は10種類ほどの総菜とご飯に味噌汁。おかわり自由。



どれも味がしっかりしていて美味しかった。

食後の「大人の時間」はバルコニーでスタート。



白馬村の夜景と星空が贅沢な眺めのリラックスタイム。
日々の喧騒を全て払拭できた。ここに来れてよかったと思った。
明日は午前3時起床。よい一日になりますように。

5月5日(金)
午前3時起床。
支度を整えて午前4時小屋発。
ヘッ電をつけて昨日歩いたコースを進む。



4時半過ぎには空がしらみ出し、4時40分過ぎにはご来光が。





神々しいなぁ〜足をとめて朝日にうっとりと感動。
オレンジに染まる眺望を私たち5人で占領!なんと贅沢な(絶賛)(^^♪
山でのご来光は別物。なかなかこのチャンスに恵まれないから。

 

尾根に建てられたケルン。登山者の目印であり、安全を願う石碑でもある。





八方池を過ぎたあたりからは急斜面を登るが、
雪がしまっているのでアイゼンが刺さって歩きよい。

 



八方尾根の稜線歩き。今日は幸いに無風。恵まれた。



これが強烈な突風が吹きつける日だったとしたら、この稜線は私には歩けない。



昨年GW春山では強風に耐えた。
その場では耐風姿勢と前に進むことに必死で、怖さを感じなかったが、
帰宅後、思い出すたび今も足がすくむ。
あの日も春山、今日も春山、標高2,500mでは当たり前の自然環境。
どちらも私には貴重な経験。

白い羽毛の雷鳥に遭遇。



冬毛の雷鳥は初めて見た。
人を恐れず可愛い姿で私達を楽しませてくれたが、意外に鳴き声は低い。
帰宅後、鳴き声を調べたら雄鳥だったよう。
雌鳥を呼んでいたのかな!?

急登を耐えてやせ尾根を歩みピークをひと登りすると、唐松岳頂上山荘着。

 

目の前に北アルプスの名峰が登場。「さぁ!よくご覧なさい」とばかりに・・・





唐松岳頂上までもうひと頑張り!トレースを外さないように登る。



ますますの急登に足は辛いけど心は躍る。
願いが叶うまであともう少し。

遂に唐松岳の山頂に立った。

 

今シーズンの雪山でやっと晴天の頂に立つことができた。
山頂からはくるり360度の雪山大展望ショー。絶景に口元が緩む。



 

達成感にこの笑顔。皆さんきっと同じ思い。
さほど広くはない頂上を右や左へ歩き回って楽しんだ。



写真を撮り下山開始。来た道を引き返す。
頂上直下は急斜面、アイゼンの爪をフル活用して慎重に下る。





頂上山荘まで下ればひと仕事終えて小屋前のベンチで朝食タイム。



劔岳を目前に贅沢な時間を小一時間楽しんだ。

ひときわ目立つ劔岳。
威厳ある山容は雪化粧を纏えばますますその美しさは感動もの。
立山側からも素晴らしいが、唐松側からの劔もまた素晴らしい。

 

後ろ髪をひかれながら下山する。
壮大な雪山の景色を堪能しながら気持ちよく下る。





往路は締っていた雪面が緩んでアイゼンが効かず滑るように降りた。



幅広い稜線なのでそれはそれで楽しい。ツボ足地雷を踏んだ時だけは苦笑いだけれど・・

眺めてよし!!歩いてよし!! 雪の唐松岳は本当に素晴らしい。

 

八方池山荘から下界へ戻るリフトの真下はゲレンデ。
昔からこんなにコブコブコースだったかな?





このコースの難易度は高い。コブ好き通好みの方にはたまらないゲレンデだろうな。
滑っている人たちのレベルは他のスキー場と比べて格段に高いと感じた。

「そば神白馬店」で信州そばを味わい、



「みみずくの湯」で汗を流した。
露天風呂から白馬の峰々を仰ぎ今回の山行を振り返った。

まずは、お仲間に恵まれたこと。
そして、お天気の神様が味方してくれたこと。感謝感激〜。

リーダー!すてきなチョイスでした。お天気坊やパワー発揮ありがとうございます。
またひとつ思い出に残る山旅になりました。


文:ゆう 写真:pike、シリウス