奈良山友会 山行の記録

台高山脈
三峰山

2017年2月12日(日)



< メンバー >
L.シリウス、ウオンテッド、サンキュー、まあちゃん、チョモランマ、スノーマン、山の家

 < コース・コースタイム >
みつえ青少年旅行村登山口 09:20 ― 不動滝10:00 ― 小屋 11:40 ― 12:00 三峰山山頂
― 八丁平 ― 新道峠 ― 14:30 みつえ青少年旅行村
           
           
08:10榛原駅より奈良交通の「バス」に乗り込んでいざ!!出発。
約1時間でみつえ青少年旅行村に到着。本日は偶然にも「霧氷祭り」が行われる予定。
どうりでバス(祭り期間土日祝日限定運行)に乗り込む登山者が多いわけでした。
建物の陰で準備をして出発。



昨夜来の降雪で10センチ程の積雪。天気は曇りで風も弱くほどほどの登山日です。
少し下って林道入り口に差し掛かり、小橋を渡って歩き出す09:20分。

道は少しの登り勾配で歩き易い道です。30分程で左に登山口が現れる。
小さ沢が流れる入り口です。10分程登ると不動滝が現れる。

 

小休憩に良い小屋もあります。小屋前の沢を渡ると急登になります。
これも少しの頑張りで道は少し緩くなり、ゆっくり登り続ける。
道は小さな渡渉を繰り返して、いよいよ急斜面の「つづら折れ」を繰り返すようになる。



本日一番の踏ん張りどころ。雪も少しずつ増えていく。
汗もどんどん出てくる。寒いと思い着込んで来た胸元から背中から額から汗が噴き出る。

これがこの後の小屋での休憩時に「サムー!!寒い。冷たい!体が震える??」になって、
一時は気弱になって「もう帰るかな??」の発言につながりました。

アイゼンを装着して、仲間に励まされていざ頂上に出発。残り20分程。



12:00頂上着。一瞬の撮影をして、すぐ八丁平へ移動。昼食場所を探して降る。



頂上を少し離れるだけで風が当たらず、無風状態の適所を発見。
皆で踏み固めてやっとお昼。暖かい炊きお出しや、パン等をかぶりながら談笑。
12:20分には切り上げ、下山開始。



すぐ現れる八丁平で遠望を楽しみ、それでも風の冷たさに負けて三畝峠方面に足早に降りる。
樹氷(エビの尻尾)が綺麗になっています。



本日は天気の回復や、祭りのおかげで登山者が多い。途中の分岐では上り下りの登山者で混雑しました。
新道峠に向かう登山者は少なくほとんど登ってきません。この道も登りに使うには「しんどいな」と皆で話しながら降る。
頂上から1時間30分程でアスファルトの林道に到着。作業小屋の横を通過して広い林道でアイゼンを外す。



後は気ままに広がって談笑を繰り返して旅行村に到着14:30。バスが複数台駐車場に待機しています。
祭りのお蔭で焚物の販売もされてストーブの置かれたテント内には
ベンチが設置されて多くの登山者がバスを待っています。
15:00発のバスに乗りこむ。本日も有難うございました。


文:山の家 写真:サンキュー