奈良山友会 山行の記録 

宇陀市
大平山西尾根〜大平山・高峰山
自主・読図山行

2017年1月15日(日)


<集合写真>

< メンバー >
L.くぅる、
SL.山の家(A班)、東丸、みい、Rockン、シリウス、どろんこ
SL.ウオンテッド(B班)、虎鉄、buhiko、ゆう、まぁーちゃん、サンキュー
計 13名

< コース・コースタイム(A班) >
8:00 榛原駅8:10 − 9:12大平山西尾根取り付き − 10:08嶽山(567.3m)  −
高井岳(605m) − 11:50大平山(711.2m)(昼食)12:20 −
12:55 高峰山(798.2m) ー 13:45 高峰山三角点(768.6m) −
14:22 カラト峠 − 15:30室生寺 ==(奈良交通バス)==  近鉄室生口大野駅


今回の記録はA班参加者の感想で構成しています。

<歩行コースの全体図 榛原駅〜室生寺>



(A班) 山行参加者の感想(つぶやき)

【 東丸 】
  コンパスと地図を片手に、指針を決め、先頭を歩く難しさと楽しさを感じました。
 多少のアップダウンもあり、2番目以降を歩いている時は、
山中をキョロキョロと、観ながらの山歩きでした。

 

歩いた分だけプラスなった気がします。やったね〜(^ ^)v 

 
【 みい 】
 地図を読むという事は地図から得られる情報をフルに活用して行く道を決めることなんですねぇ。
方角だけでなく、等高線、記号、距離、尾根や谷の地形などなど。

 

里山は特に難しい…。
回数を重ねて少しづつでも読めるようになりたいです。
ビバークはしたくないので〜(・・;)

 
【 Rockン 】
 榛原駅を出て大平山西尾根取り付きを南垣内付近から山に入れそうなところを辿って取り付く。



まずはここから分かりにくいです。コンパスを合わせて示す方向に、
何処でも行けそうに思ってしまいますが、ここでちゃんと地形図を見て判断すること。

そして山に入って現在地が分かりにくい時は里山では見晴らしの良い所が近くにある場合は、
地形図と例えば周囲の道路、川など照らし合わせ現在地を確認する。
グループ行動では皆が逸れることなく確認を怠らなく一緒に行動する。

そしてルートを見失っておかしいと思った時は迷ったところまで戻る。
もしくは近くの尾根筋まで戻ること等々をリーダーからの指示、指導で学ぶことが出来ました。

 

今回の読図山行で学んだ地形図を理解出来ること 。
そして、地形を読むことの重要さを学びました。ありがとうございました。


【 シリウス 】
読図山行は山友会に入会して何回か参加しているが難しい。大抵は次のパターンに陥っている。

@目的地にコンパスを合わせる。(これはできる。)
A歩いている間に現在地がわからなくなる。(特に里山。)
B老眼と闘いながら地形図を読み取る努力はする。(老眼鏡を忘れたらお手上げ。)
C地形図を見て現在地の予測を立てるが外れていることが多い。★今回このポイントで学ぶことが多かった
Dコンパス設定がだんだんいい加減になる。
(想定現在地からかなり先を目標にして設定し方向だけは合わせる。)

 

今回の山行もコンパス設定は各ポイントで行っていたので、
コースを外れた時もコンパスの向きと異なってきたので
怪しいとは感じたが、自分のコンパス設定が間違っていたのかもとも思った。
そもそも、どこに分岐があったのかわからなかった・・・・。

課題は多いが、適宜、リーダーにレクチャーして頂いたので学んだ点をまとめておく。

 

今回の学び
@事前の予習&準備が大切今回も大平山まではルートを予習&拡大地図を持参。
大平山からは拡大地図も準備せず、地形確認不十分となる。

A現在地の把握現在地がわからなくなったときは、出来るだけ回りを見渡せる場所に移動すること。
遠くの目標物を探しコンパスをその目標に固定することにより直線上のどこかにいる。
目標物が2つあればその交差地点が現在地。
※どうしてもわからない場合はわかる場所まで戻るしかないのでしょうね。

B迷った場合は尾根/稜線を目指すこと尾根/稜線は最終的に集まって
山頂にたどりつく。電波も入りやすい。
一方、谷に降りていくと人里にでるのでなくその前に滝や岩場など危険が増大する。

C複数人で行くときでも(こそ)ポイントで現在地を相互確認すること
他人任せにしないことが大切。山は自己責任。



当たり前ですが、すべての山行(ハイキング含)で、地形図を見ながら
現在地を見極める習慣の積み重ねが大切ですね。


【 どろんこ 】
 体調不良での参加で、御心配をお掛けしました。
読図は苦手分野で、克服しなければならないとは思いつつ現在に至っております。
GPSアプリも利用し始めたばかりで・・・。

寒さのためか?まさかのバッテリー切れ肝心な時に役に立ちませんでした。
反省点はGPS予備電池の確保。地図による予習の必要性。

 

グループ登山の心得、現在地確認の方法、ルートミス後の対応等
基本なのにすぐ忘れてしまう。原点に返った気がいたしました。

読図の面白さはその後の復習にあると感じています。良い機会を与えて下さり感謝します。

B班のページへ


文:A班参加者有志一同   写真:くぅる、サンキュー