奈良山友会 山行の記録 

宇陀市
大平山西尾根〜大平山・高峰山
自主・読図山行

2017年1月15日(日)


<B班集合写真>

< メンバー >
L.くぅる、
SL.山の家(A班)、東丸、みい、Rockン、シリウス、どろんこ
SL.ウオンテッド(B班)、虎鉄、buhiko、ゆう、まぁーちゃん、サンキュー
計 13名

< コース・コースタイム(B班) >
8:00 榛原駅8:10 − 9:12大平山西尾根取り付き − 9:53嶽山(567.3m) 10:08 −
10:34高井岳(605m) − 11:40大平山(711.2m)(昼食)12:20 −
12:55 高峰山(798.2m) ー 13:45 高峰山三角点(768.6m) −
14:22 カラト峠 − 15:30室生寺 ==(奈良交通バス)==  近鉄室生口大野駅


今回の記録はB班参加者の感想で構成しています。

<歩行コースの全体図 榛原駅〜室生寺>



(B班) 山行参加者の感想(つぶやき)

【 ウオンテッド 】
 急遽参加表明しましたが、計画書にSLとあり、大平山を下調べしました。
伊勢本街道沿いの赤埴、仏隆寺の北に位置する712mの山です。
宇陀市南垣内付近よりほぼ東方に延びる尾根筋を忠実に辿り、
嶽山を経て、山頂に達し、高峰山の三角点を踏み、東海自然歩道に降りるコースでした。

雪がちらついたものの、見通しもよく、読図の課題コースは、曲折があまりなく、
枝尾根も少ないため、割合優しかったです。



しかし、高峰山の山頂を見誤り、結果として、コースの修正を余儀なくされました。
地図と現在地の確認が不十分だったことやテープに頼ることが反省点ですが、
皆の基礎は十分できているので、ここでも反復練習をすれば、課題は克服できると思いました。


【 虎鉄 】
  大平山は榛原駅から徒歩でアプローチできる程の場所にありますが、
これまでその存在は知りませんでした。
登山道は特に整備されているわけではありませんので、ところどころ林業の作業道などを歩きますが、
結構な急登があり、また、山頂からの展望もすばらしく、このコースを教えて頂いたことに感謝します。



 さて肝心の読図講習会ですが、班の中でトップを交代しながら進みましたが、
人数が6人ということで他人任せになることが多く、目印となるテープもある程度有りました。

 しかし今回の山行でのもっとも大きな収穫は、道迷いした時に元の場所に戻るのは基本ですが、
見晴らしの良い尾根を目指すということも選択肢として考慮すること。

今回のリーダーの判断はすばらしかったです。あの急登を登り返すとなると・・・


【 buhiko 】
 大平山西尾根の取り付点が、一般道とは違い、
川の形や神社の位置を見ながら地図読みをしたが、私にはわからずじまいでした。


<林道からの取り付き点>



 尾根に出てからは、コンパスを合わせて進み、嶽山、高井岳、大平山と、あまり迷うことなく行けました。
 昼食後、コンパスを合わせて進み、分岐で右手に行くところ、コンパスの進路方向に従って、
ドツボにハマりましたが、リーダーの的確な判断で、無事登山道に出られてホッとしました。

リーダーによれば、下見はしていないそうで、地図読みできる人は、山の配置、沢との距離など、
理解できているので凄いと思いました。

 まず、資料の地図出しを確実にし、その地図で、事前予習が大事だと痛感しました。


【 ゆう 】
 今シーズン最強の寒波到来日に「どんだけ寒いんやろ?」と、恐々の参加でしたが、
想像したよりは穏やかなお天気のもと、歩くことができました。

 榛原駅から山道の取付までは迷走しましたが、その後は猪突猛進。
チームワークでミッションをクリアしました。
本物のイノシシ(それも4頭)も見られたし。



 ポイントごとにコンパスを合わせ、進む方向を皆で確認し、
等高線の間隔を確認しつつ、読みと現況が一致するとひそかに嬉しく・・・
 しかしながら、急登、急降下続きで「里山、恐るべし!」でした。



読図は、1,2度やったくらいではできるようにはなりませんが、
意識的に地形を眺める習慣は、身に着けていかねばと。

個人的反省点は、「おしゃべりに夢中になると、ポイントを見逃す」
くぅるL、読図山行の機会をいただき、ありがとうございました。


【 まあちゃん 】
 読図の時、いつも思うのですが、地図上で自分の位置がわかりにくいです。
いつもこの辺だろうと、コンパスを合わせてしまいます。

 きょうは、テープがきっちりとついていたので、先頭になった時、テープを確認しながら歩いてました。
また、道に迷った時は、戻ることが鉄則だということがよくわかりました。

 きょうは、激登りをしましたが、必死で登ったため、案外しんどくなく、面白いコースでした。




【 サンキュー 】
 今回の反省点は、
1. 事前にコースを確認していなかったため、仏隆寺から大平山に登るコースと思い込み、
大平山西尾根の地図を持参していなかった。(準備不足-1)

2. 以前、奈良百遊山の一つとして、高峰山〜大平山のコースを歩いているので、まさか
高峰山付近でコースアウトするとは!(現在地確認の難しさと重要性)
経験があっても、古い記憶は頼りにならないし、逆コースでは、印象が全く異なる。



その時の最後の頼みの綱となるGPS地図を事前にダウンロードしていなかったため(準備不足-2)、
正確な現在地確認ができなかった。

 事前準備の重要性と、現地では、地形図を見ての現在地確認の難しさ、重要性を実感した。


文:B班参加者全員   写真:まあちゃん、サンキュー