奈良山友会 山行の記録

会行事山行
桃山御陵前〜伏見稲荷〜京阪七条
京都一周トレイル東山@

2016年12月17日(土) 天候:晴れ



< メンバー >
L.サンキュー、SL.ウオンテッド、buhiko、Teo、yokko、虎鉄、まちゃる、
リギ、チョモランマ、リンリン、グスタフ、てくてく

< コースタイム >
8:15近鉄桃山御陵前駅8:25  − 9:00伏見桃山城  − 9:35大岩山展望所  − 
11:00弘法の滝  ー 11:15伏見稲荷大社 11:25 − 11:55四つ辻(昼食)12:30 − 
13:35国道1号線合流点 − 14:05京都七条駅


今回の京都トレイルは、近鉄桃山御陵前駅から始まる。
スタートしたばかりなのに、今日はのんびりと歩いて行けるコースと聞くや、もう反省会の話に盛り上がる。

 

店が並ぶ駅前から、静かな道に入る。
桓武天皇陵を経て、伏見桃山城公園に到着。
摸擬復元された天守を見ながら公園の中を歩く。

 

家を出るときには、少し肌寒かったのが、天気が良くぽかぽか陽気になってきたので、衣服調整をする。
ポイント標識は丁寧に置かれてはいるが、見落としそうな所もある。
L.サンキューさんが、スムーズにF8・9・10・・・と順調に辿っていく。
みんなで、おしゃべりしながら、ゆったりとしたペースで歩いていく。

 

F17からは大岩南参道、竹林の緩やかな登りを歩く。
やはり山の道は歩きやすい。

9時35分、見晴らしの良い大岩山展望所に到着。伏見桃山城が見える。
「あれは、京セラの本社、京都タワー、愛宕山・・・。」と京都に詳しいチョモランマさんの説明が続く。

 

展望所からの下りは、乾いた落ち葉の道だ。
まもなく、山道が終わり、町並みの中を歩く。仁明天皇陵やお寺の前を通る。
やがて、里山の雰囲気がする静かな竹林が続く道になる。
ここの竹林は手入れが行き届いていて、嵯峨野を思い出させる。



F34からは、奉納された小さな鳥居やきつねの石像が並んでいる石の階段を下る。
弘法の滝に到着。滝行に使われただろう小さな滝がある。

少し歩くと、今までの静かな空気が一変し、観光客のにぎやかな声がする。千本鳥居だ。
海外からの人も多く、あちこちで写真を撮っている。

 

伏見稲荷大社の本殿に到着。思いのほか、人が多い。
初詣の準備がもう始まっている。



石の階段を上り、11時45分。四つ辻に到着。
ここから京都の町を眺めると、山に囲まれた盆地の町という言葉がぴったりだ。
大岩展望所では、「あれが愛宕山。」と教えられたメンバーも、ここではすぐに愛宕山を見つけることができた。
見晴らしの良い絶好の昼食場所だ。



稲荷大社の境内を抜けると、人影がまばらになり、また静かな地道が続く。
天皇陵、神社、泉涌寺と京都らしい名所、旧跡が続く。



今熊野観音寺の朱塗りの橋が見える。
集合写真のことをすっかり忘れていたことに気づき、橋をバックに写真を撮る。
キレイさんの山行で、伏見稲荷からこの道を通ってきたことが話題になる。
「あのホットワイン、美味しかった。」とみんなで話していると、
同じ空き地で温かいコーヒーやアルコールを飲んでいる団体に出会い、大笑い。

木々の中に、サクラカンサスの赤い実が映える。
春には枝垂桜がきれいだろう橋を渡る。



住宅街には、細かい案内があちこちにある。ポイント標識に従い進む。
同じようにトレイルを歩く人たちに出会う。
住宅街を抜けると、大きな「京女鳥部の森」の看板がある。
落ち葉が敷き詰められ晩秋の森のようだ。トレランの10人グループに出会う。



森を抜けて道路沿いに下ると、国道1号線の合流点。
一路、京阪七条駅へ。

 

みんなでお待ちかねの反省会をしました。
今回は、ぽかぽか陽気の中を、のんびりとメンバーとおしゃべりを楽しみながらの山行でした。

 
 文:てくてく  写真:サンキュー・てくてく