奈良山友会 山行の記録

鈴鹿を繋ぐ
石榑峠~三池岳~八風峠~中峠
鈴鹿主稜線完踏

2016年12月15日(木) 天候:晴



< メンバー >
L.pike 、ウオンテッド、yokko、ゆう

< コース・コースタイム >
08:55石榑峠09:05 - 11:25三池岳(昼食)12:05 - 12:16八風峠 - 
12:33中峠 - 12:54八風峠 - 13:05三池岳 - 14:52石榑峠


ウオンテッドさんが鈴鹿山脈主稜線で唯一未踏なのが石榑峠~八風峠の間と伺った。
そうと知ったpike Lが山出しされたのが今日のルート。

私自身ひと月ばかり毎週鈴鹿の峰を踏んでいるが、季節の移り変わりはとても早いと感じる。
先週は秋を感じながら歩いた道が今日は真冬の様相。風も冷たい。





石榑峠からスタート。



ゲート脇のガードレールを跨ぎすぐから雪道を踏みしめる。
ルートは、テープやリボンの目印がしっかりある。
約200m毎に山頂までの案内プレートもある。

 

尾根を外さないように雪道を登る。
やせ尾根が多く花崗岩が風化したザレ地や崩壊地も一部あり、   
通過時は注意しながら軽アイゼンを着けて進む。





アップダウンを繰り返す道だが、青空に映える樹氷にうっとりしながらなので快調~
ルートは概ね明瞭、目指す方向がはっきり見えるので安心感がある。

 

鈴鹿の稜線歩きが好きだ。
この稜線が嫌いな人はいない!と思っている。
三重の海も名古屋の高いビルも南アルプスの峰も連なって、
天気がよければそれら全てが見渡せるのだ。
そこではまさしく北アルプスの縦走路を歩いたときの爽快感に似ていて心が躍るのだ。



春の三池岳周辺はシロヤシロが美しいと聞く。
是非とも季節を変えて訪れてみたい。
三池岳でランチタイムにした。





青空・樹氷・眺望・雪 のフルコース。 冷たい風も避けられた。
八風峠の鳥居をくぐり八風大明神にお参りをすませた。



♪パンパカパァ~ン♪ウオンテッドさん!鈴鹿主稜線踏破おめでとうございま~すヽ(^。^)ノ
この後も少し先の中峠までお付き合い願います。
中峠着。



ピストンで約6時間のルートを無事下山。
美しい風景を眼に焼き付けながら一歩一歩刻むように歩いた。



今年は春から何度も鈴鹿に登れた。
鈴鹿の山がますます好きになった。
(ヒルは好きにはなれないが・・・)



鈴鹿山脈。繋がった嬉しさ、私の糧&行場。
また来れるよう日々をがんばろう。 
山出し下さったリーダー、そしてご一緒下さった皆さまに心から感謝を申し上げます。


文:ゆう   写真:pike、yokko