奈良山友会 山行の記録

金剛・生駒山地
二上山~屯鶴峰~明神山
低山の尾根歩き

2016年12月11日(日曜)



<山行コースタイム>
近鉄大阪線二上駅8:30 - 二上山上の池登山口9:30 - 銀峰広場9:45 - 
二上山馬の背10:25 - 11:50屯鶴峰(食事)12:30発 - 13:10屯鶴峰出口 - 
13:40明神山登山口 - 14:00関谷地蔵尊14:00 - 15:10明神山頂上15:30 - 
16:00明神4丁目バス停 - バスでJR王寺駅 

< メンバー >
 L.buhiko、SL.Teo、RINRIN、くぅる、東丸、ウオンテッド、yokko、ヨーチャン、ミサチャン、
虎鉄、miichan、サンキュー、まちゃる、リギ、リッキー、みい、トレモロ、グスタフ、ゆう  合計19名


今日は風もなく晴天で山行日和です。
二上山駅前からしばらく古い町並みの間を通り、上の池登山口へ。

各自準備体操を終え一斉に登山口に入り、木陰の山道を銀峰へと進みます。



銀峰山頂はあいにく木々が生い茂っていて展望はあまりよくありませんが、
木々の間から青空をかいま見ることが出来、本日の山行のさい先の良さが計り知れます。



しばらく歩いた先の展望広場ではまわりの景色を見ることが出来、この山も意外と高いなあーと感じます。

 

馬の背からダイトレへと下り、アップダウンを繰り返し途中振り返ると雄山が紅葉に輝いています。



さらに先へ進み、穴虫峠に到着です。
国道を少し歩いて、屯鶴峰入口から屯鶴峰に。
ここで日本のカッパドキアを眺めながら昼食です。

 



昼食後、少々難度の高い山肌歩きと藪漕ぎ、そしてぬかるみを乗り越え屯鶴峰出口へ。

一般道をしばらく歩き、西名阪自動車道の下をくぐりぬけた所が明神山取りつきです。
ここから山道に入り、登り下りを繰り返し関谷地蔵尊へ。



再び登り下りを十二分に繰り返し、
時折木々の間から晴れ渡った周りの山々や町の景色を眺めながらやっと明神山山頂に到着です。



長い距離を歩いた結果、頂上展望台からはアベノハルカス、明石海峡大橋まではっきりと見ることが出来ます。
そして展望台の望遠鏡からは高見山の雪景色も見ることができ、バンザイです。





あとはひたすら山を下り、明神四丁目からバスで王寺駅まで帰ります。
おつかれさま!

文:ミサチャン   写真:ヨーチャン、トレモロ、くぅる