奈良山友会 山行の記録

大峰山系
 天川 川合から狼平、八剣谷、日裏山

2016年11月17日(木)



< メンバー >
L.pike、ウオンテッド

< コース・コースタイム >
近鉄郡山駅6:00 - 07:32川合登山口 - 09:05林道出合09:07 - 0 9:59栃尾辻10:03 - 
10:18天女の舞10:40 - カナビキ尾根分岐11:16 - ナベの耳11:39 - 高崎横手11:40 - 
11:54狼平避難小屋12:11 - 13:54日裏山14:07 - 高崎横手14:31 - ナベの耳14:56 -
カナビキ尾根分岐14:58 - 15:21天女の舞15:22 - 15:31栃尾辻15:32 -
16:16林道出合16:18 - 17:39川合登山口


川合からのルートは、十数年ぶりになる。思い出しながらの山行になった。
坪ノ内林道を利用して登ったのも、ずいぶん前。

天川村役場、グラウンドの隣の角に案内がある。



民家、グラウンド脇の駐車場が並ぶ通りを抜ける。
段を上がり、細い通路が取り付きになる。

 

急登をしばらくこなすと、鉄塔の尾根に乗る。
稲村、大日がよく見えている。



植林の尾根を進む。



尾根道は立入禁止になっていた。



栃尾辻手前の林道に出る。



林道の傍に多くのススキが風に靡いていた。



林道は崩壊していたり、大きな岩が転がっていたりで、車は通れない。



落葉した樹々が青空に映えていた。



林道から再び尾根に乗る。



しばらくで栃尾辻の避難小屋。
ここに床があればいいのにと話した。



避難小屋を後に、尾根を登る。



落葉の自然林は明るい陽がとどく。



カナビキ尾根分岐に到着。



金引橋方向に多くのマーカーがついている。



再び尾根歩き。



高崎横手を狼平へ 20分の下り。



いつ来ても、気持ちいい。



このまま弥山に上がるより、八剣谷を詰めることにする。
沢に降りて、遡行。



苔のついた石が滑りやすい。



帰りのコースタイムを考えて、折り返し時刻を13:30とする。
残念ながら、タイムアップとなり、明星ヶ岳~高崎横手への道につき上がる枝沢を詰めた。



100mの高度差で稜線に出て、下山を始めた。
所々に、霜柱があった。



立枯れの日裏山で写真を撮りあった。



青空、針葉樹の緑、立枯れの白のコントラスト。



高崎横手の案内表示。



落葉した樹々の明るい山も好きだ。



案内表示は多い。



夕陽を浴びて....

 

林道と合流。



林道との分岐。



今回は、紅葉より、



洛陽を浴びて黄葉がとても綺麗だった。



予想どおり? 下山にはヘッデンが必要だった。

 


文・写真:pike