奈良山友会 山行の記録

会行事
アイゼンワーク@地獄谷
六甲芦屋ロックガーデン

2016年10月29日(土)


       
< メンバー >
L.軟弱、SL.点の記、虎鉄、シリウス、チョモランマ、ウオンテッド、
くぅる、東丸、からさわ、ひろりん  以上10名

< コース・コースタイム >
阪急芦屋川駅集合10:00 - 10:30高座の滝 - 地獄谷下部の堰堤上(アイゼン装着) ー
地獄谷遡行 - 11:50見晴台(仮称)昼食12:25 - 13:10ピラーロック  ー
(アイゼン歩行の練習)14:10終了 - アイゼン外して下山開始 - 15:00高座の滝茶屋着
解散後反省会


阪急芦屋川駅集合したのは総勢10名、少し寂しい気がしましたが動きやすい人数です。



歩くこと30分で高座の滝茶屋を通過(帰りはここで反省会)。
地獄谷に入りすぐの堰堤広場でアイゼンを装着し、谷の遡行を開始しました。

早速の小さい滝の連続です。
通常であれば濡れて滑りそうなスタンスですが、アイゼンが効いてガッチリでした。
谷全体が風化しかけた花崗岩であり、ざらざらしているのでアイゼンの爪が効きやすく快適です。
        
 

しかし、谷とその周りはルートらしく見えるところが多くあり、
目標の道がわかりづらく思案する場面が多くありましたが、
なんとか目的地であるピラーロックにたどり着くことができました。

    
<ピラーロック到着> 


   <ここを登ったり下ったり>  

この風化したピラーロックの砂山で、アイゼン歩行トレーニングの開始です。
  
・急斜面のトラバース歩行 ・・・ 谷側アイゼンの置き方に注意です
  ・急斜面の登下降歩行 ・・・ からだの重心の位置に注意です

これらに注意しながらの反復練習を実施しました。

  
<練習風景>

その後は恒例の反省会を高座の滝茶屋で開始しました。

 
    
楽しい反省会です。

この日は快晴でしたが、近畿地方木枯らし1号が吹いた日でもありました。
しかしながらあまり寒さを感じることもなく、いい練習日和だったと思います。
これからも練習を積み重ね、積雪期や残雪期の山を楽しめるようになりたいと思います。

リーダー、サブリーダー、講師そして参加の皆さんお疲れ様でした。


文:からさわ  写真:シリウス