奈良山友会 山行の記録

大和三山
畝傍山・天香具山・耳成山

2016年10月4日(火)



< メンバー >
L.東丸、SL.なべちゃん、ウォンテッド、buhiko、RINRIN、ゆう、かがし

< コース・コースタイム >
橿原神宮前駅中央出口10:00 − 畝傍山10:55 − 12:00本薬師寺跡(昼食)12:30 −
天香具山13:20 − 藤原宮の跡13:50 − 耳成山15:00 − 八木駅到着15:30
  

藤原宮跡を囲むように存在感のある山々で、
畝傍山(199.2m)、天香具山(152m)、耳成山(139.7m)を大和三山といいます。

畝傍山の山容はややいびつで、火がうねるという意味合いがある。
耳成山は円錐形の奇麗な山容で古くは、もっと高い山で奈良盆地が陥没したことで低くなったと言われている。
共に死火山だそうですが…。
天香具山は桜井市の多武峰から北西に伸びた尾根が浸食により
切り離された小丘陵として残ったものだと考えられている。

駅から橿原神宮を目指し、そして畝傍山登山口横にある東大谷日女命神社に向かうが、
曲がらず楽しくおしゃべりをしながら見過ごしそうになる。
しかし、ハイカーの多いこと何度もすれ違いに見舞われ挨拶怠らずであった。

 

山頂では、小休止にて記念撮影など行う。



畝火山口神社(おむねやまじんじゃ)へと下山する。
天気予報では台風襲来のピンポイント晴れマークでした。
心配をよそに程良い曇り具合のイイ感じ。



畝傍山を後に、暫く歩道を進むと祠横に井戸水のポンプ発見(^^)
呼び水を?をして、ポンプをキコ…キコ…するとどうでしょう〜溢れんばかりの水が〜。



気持ち良く本薬師寺跡へと進みます。
8月の下旬辺りから咲き始めていたホテイアオイですが、今年は9月が台風により
雨の多い月でしたので、見事に瑞々しいままのホテイアオイを見ることができました。

 

境内横にて大休止。 
躯樹(むくろじゅ)の実がコロコロ…転がっていたり、秋を感じながらお腹を満たす。



天香具山の天の岩戸神社を目指します。
町中のススキや秋桜を愛でながら、今日は初Lなので、
口は閉じ気味で目をキョロキョロ(^o^)ふぅ〜緊張して無口でした。



天岩戸神社手前の美味しいアイスに舌鼓…。
涼を感じ…夏を思い出す。 天香具山の山頂で小休止...天香具山神社へと下山する。



藤原宮跡へと向かう途中、畑と民家が混在する排水路に夏に来た時に見つけておいた梅花藻が、
まだ1つ2つと白い花を咲かせていた。



春は菜の花畑…夏は蓮の花が悠々敷く凛と咲いている…
秋桜が可憐に揺れている藤原宮跡へと到着した。



藤原宮大極殿跡を見てトイレ休憩。 耳成山へと向かう。
途中、醍醐池の端の4等三角点を確認する。
耳成池の端にホテイアオイが自生している。
葉上を水鳥が走る様は不思議に面白い光景でした。

耳成山へと登る…今回は回るように登りました。
何故ならば、下っている時よりも登りの方が見やすいポイント…
木々の間からチラリと畝傍山が見える場所があるの山頂にて記念撮影(^_-)-☆



三山共に蚊の祝福嬉しく思い(エ-`)下山し、近鉄八木駅へと向かう。

次回の山行では借り忘れず、最終確認を徹底する。
何事もなく無事終わり良かったと思います。
大切な1日お付き合いいただきありがとうございました。


<躯樹の実>


文:東丸   写真:なべちゃん・東丸