奈良山友会 山行の記録

例会山行
金剛山
丸滝谷コース

2016年9月10日(土)



< メンバー >
L.リギ、ウォンテッド、buhiko、yokko

< コース・コースタイム >
石筆橋8:20 - 中尾の背・登山口9:05 - 一枚岩10:05 -
「丸滝谷・中尾の背」分岐・尾根道10:45 - 六道の辻10:55 -大日岳11:10 - 
11:15山頂(昼食)12:05 - 大日岳12:15 - 太尾塞跡12:35 - 
太尾尾根への駐車場・石筆橋 分岐13:10 - 石筆橋13:35


 当初の山行予定は「比良・八淵の滝」だった。
8日(木)は台風崩れの熱帯低気圧が近畿地方に豪雨をもたらした。
「八淵の滝」は水量多く、流れが早いため危険と判断され「金剛山・丸滝谷」に変更になった。

 例会山行にもかかわらず参加希望者は僅か3名、リーダーを含め4人の山行となった。
 
 水越トンネルを奈良から大阪側へ抜け、「青崩」近くにある「石筆橋」がスタート地点。
 

 
 石ブテ谷林道・右岸を進む。
大堰堤を過ぎると踏み後は沢へと下っていく。
 
 最後尾を歩いてたリーダーが「コースを間違えていない?ネット検索では鉄の橋があった。」と言う。
2週間前にプライベート山行にて、このコースを歩いている。
友人の後ろをついて歩いた。

 「鉄の橋」の記憶は無いが、間違えたかな・・・と不安になる。
しかし、途中の木の幹に黄色いテープが巻かれ丸滝への方角が示されていた。
 慎重かつ責任感の強いリーダーは「確認してくる」と戻り、その地点で暫く待つ。
 
 沢の分岐「中尾の背」登山口を見て、右方向の沢・丸滝谷へと入っていく。
 
 
 
 スタートして約1時間、休憩タイム、そして梯子やロープを利用して滝の上へ出る。



 ここ数日の雨で水量が多い。 沢を数回、渡り返す。
 
 
 
 沢をつめて登っていく。
 
 

 一枚岩が見えた。
見上げるとロープが数本絡まり頑丈に垂れ下がっている。



 ロープの安全を確認後、一人づつ一枚岩を登っていく。



 一枚岩の上で最後に登って来るリーダーを皆で待った。



 登りきると小さな沢へ・・・水はほとんど流れていない。
もうすぐ尾根へ出るはずだ。


 
 尾根へ出た。やれやれ・・・ほっと一息。
 丸滝谷歩きは面白かった。また来たいわ~!!



 尾根道を登り「六道の辻」へ・・・ 太尾尾根やダイトレ方面から歩いてくる人と挨拶を交わす。
 
 

 大日岳はススキが育ち、すっかり秋の風景に様変わりしていた。



 山頂へ到着。ランチにしましょう~!! 
時計台のある広場へ行き、お喋りしながら空腹を満たす。

 11時50分 金剛山HPのライブカメラがもうすぐ始まる。カメラの前に並びましょう~!! 
それぞれ好きなポーズをとり12時ジャスト。
 上手く写っているのかしら・・・ 並んだ人々は即、解散。



 青空の下の集合写真。 土曜日なので周りはとても賑やかです。
 
 
 
 12時過ぎに下山開始。「大日岳」「六道の辻」を経て「太尾塞跡」より
太尾尾根へと入っていく。
 8名の女性グループに道を譲られ、どんどん下っていく。



 太尾尾根の分岐地点、右へ行けば太尾道・駐車場、左へ行けば石筆橋。



13時40分 橋を渡り停車中の車へ・・・   楽しい金剛山でした。




文:yokko   写真:リギ・yokko