奈良山友会 山行の記録

大峰山系
バリゴヤの頭・稲村ヶ岳
前夜テント泊

2016年6月30日(木)〜7月1日(金)



< メンバー >
L.pike、サンキュー、どろんこ、ウオンテッド

< コース・コースタイム >
6/30(木)  母公堂登山口12:00 − 13:18法力峠 − 14:56山上辻(テント泊)
7/01(金)  山上辻(稲村小屋)6:35 − 7:28稲村ヶ岳 − 10:48バリゴヤの頭(昼食)11:20 −
14:25稲村ヶ岳 − 15:00山上辻(テント撤収)15:30 − 17:38母公堂


 バリゴヤの頭は、大峰山系山上辻から南に派生する尾根の南端にある。標高は、1580m。
その特異な山名と、ギザギザした鋸状の独特な山容で、随分前から登ってみたい山の一つであった。

今回の山行は、梅雨の晴れ間を狙い、稲村小屋前のテントサイトに幕営、
翌日、バリゴヤノ頭をピストンする計画である。


ー 6/30(木) −
 初日、約束の10時、橿原神宮前駅東口の改札前には、既にメンバーが揃っていた。
天川村洞川に向かう。

 当初、週間天気予報は両日とも曇りであったが、直近の予報では、きょう30日午前中の降水確率70%、
15時ころまで雨、午後40%、曇りである。
天候と、下山後の対応を考え、レンゲ辻経由の計画を法力峠経由に変更する。

 母公堂の駐車場で、2日分の駐車料金を払い、少し早めの昼食を摂る。
温顔のご主人?のコーヒーをいただく。食後、荷物を整え、12時00分、出発開始。

 

まずは、法力峠に向かう。
時折薄日も差してくる中、登山道の両側は、山アジサイの花が途切れることなく続き、しっとりとして美しい。

 

法力峠で休憩を入れる。



 峠からは白倉山の右裾を巻いて行くのだが、途中から雨が降り出した。
樹林帯の中で、暫くはそのまま歩いたが、傘を差した。
普段なら木々の間から望まれる大日岳もきょうは、ガスッていて、見えない。



やっと、15時前に山上辻に着いた。稲村小屋の軒下で雨宿りする。

 

談笑の内、雨も上がったので、テントの設営をする。
雨の平日とあって、ここのテントサイトは我々の独占場だろう。

 

銘々持ち寄りのビール、ウイスキー、そして、日本酒がテーブルに並ぶ。
中でも大人気は、どろんこちゃん差し入れの日本酒「大黒」。
長野県大町の地酒で、原酒19度。 まったりとして旨い。
メンバーはフカみたいな人ばかりで、宴会が終わるころには殆ど空になっていた。



夕食は焼き肉。お酒と色んな話でこちらも完食。
延々数時間の宴会も21時にはお開きとなり、就寝する。

 

夜中、目覚めて、テントを出る。満天の星。明日は大丈夫だ。
明け方、ホトトギスの鳴き声を聞く。


 ー 7/01(金) −
 4時半に起床し、出発の準備をする。
テントは、バリゴヤ下山後撤収するので、不要な荷物は置いておく。



朝食は、鳥なんばんそばと雑炊、副菜は、ナスとシシトウの炒め煮。
昨晩あれだけの飲酒にもかかわらず、全員完食する。


 
ゆっくりして、6時40分にテン場を後にする。
快晴で、朝日に木々の葉は映えてキラキラ輝いている。



まだ、遠くの山々はガスがかかっているが、次第に薄れてきて、姿を現してきた。
大日岳の裾をからみ、稲村ケ岳直下に着いた。
 トラロープをまたぎ、犬取り尾の尾根に入るも、間違いに気付きすぐに引き返す。



本コース唯一の経験者は、どろんこちゃんのみで、それも13年前という。
後の3人は、皆、このロープの先がバリゴヤへの入口と思い込んでいた。

少し稲村ケ岳へと登り、すぐ左にか細い踏み跡を辿って行く。
シャクナゲ地獄と呼ぶにふさわしい密生地帯を掻き分けながら下る。
天理大学WV部の黄色い看板が、行く手が間違いないことを示していた。

 

 山上の辻とバリゴヤは、水平距離、5万分の1地図で指2本分、
つまり約2kmであるが、その間に大小数個のピークがある。
地形が急峻で、足場が悪く、また、所々ルートを探って行くことから、思いの他時間を要する。

太いロープが懸けられたところが2か所あるが、あとは、木の根、木の枝、
岩角を十分確かめながら、手元足元を確保しつつ、慎重に下って行く。

 

 

それでも、遠く奈良盆地も望まれる個所があった。
ピークや尾根筋はシャクナゲが群生し、地図にもその記載がある。花時はどんなに見事だろうか。

 1559mピークまでは大下りで、帰途、ここを登るかと思うとうんざりする。
このピークを過ぎると、ドンブリ辻で約半道。次第にバリゴヤノ頭が近づいて見える。



綺麗な三角形の山容だが、すぐ後ろのピークに重なっている分損をしている。
 まだかまだかと思いつつ、最後の長い斜面を必死の思いで登る。
きのう、きょう、トップは、リーダーのpikeさんだったが、途中からぼくが代わる。

 やっと、11時40分にバリゴヤノ頭に着く。1週間ぶりの山頂である。
サンキューさんを除く3人は、1週前の6月24日(金)、日帰りで、モジキ谷登山口から登った。



 恒例の集合写真を撮り、昼食にする。食後、来た道を引き返す。

 

稲村ケ岳近くの前方で人声がして、見知った顔が見えた。
山岳会を主宰されているN氏だった。
以前、山行に何度か参加したことがある。聞けば、バリゴヤの途中まで行くという。

 当初、行くつもりがなかった稲村ケ岳の展望台に登る。



ここでも集合写真を撮り、テントサイトに帰り着く。テントを撤収し、ザックを整えて下山開始。

 

時折、ウグイスやツツドリの鳴く声が聞こえる。



 母公堂には、17時30分に着く。丁度、2時間の行程。



下市温泉・秋津荘で汗を流し、帰途に就く。

 足並みが揃っていたものの、予想外の時間がかかった。
経験者の聞き取りはしていたが、甘くみていた。
しばらく間、同じルートは二度といやという思いだが、時間が経てばまた歩きたくなるコースではある。
 

文:ウオンテッド   写真:pike・サンキュー・どろんこ




青ライン:一日目、 赤ライン:二日目