奈良山友会 山行の記録

佐渡島への山旅
医王山・米山・金北山・弥彦山
山と海と花を満喫

2016年5月12日(木)~5月16日(月)

 
  <米山>                               <金北山山頂>

< メンバー >
L.サンキュー、ウオンテッド、yokko、どろんこ、てくてく

< コース・コースタイム >
5/12(木)  近鉄高の原駅7:00 - 11:30夕霧峠(昼食)11:48 - 12:10蛇尾山(医王山) - 
12:46奥医王山 - 13:20夕霧峠 - 15:45 YH天香寺(泊)

5/13(金
  YH天香寺6:50 - 9:00米山登山道大平駐車場 - 11:09米山(昼食)11:52 - 
13:18大平駐車場 - 16:40東横イン新潟古町(泊)

5/14(土)  東横イン新潟古町5:10 - 5:25佐渡汽船新潟港6:00 - 8:30両津港 - 
8:50アオネバ登山口9:00 - 10:07アオネバ十字路 - 10:46マトネ - 
11:46真砂の峰(昼食)12:06 - 13:50金北山14:00 - 15:03白雲台 - 15:34両津港16:05 - 
18:35新潟港 - 19:20東横イン新潟古町(泊)

5/15(日)  東横イン新潟古町8:00 - 9:20弥彦山山頂公園 - 9:55弥彦山11:00 -
14:30新潟港(新日本海フェリー)16:30 -

5/16(月)  5:30敦賀港 - 7:50近鉄高の原駅(解散)



新潟まで直行で行くと高速道路の運転時間が長くなるため、途中、金沢の医王山、
柏崎の米山に立ち寄って、新潟港から最終目的地佐渡島へ渡る計画とした。

帰りは、新潟港から新日本海フェリーで敦賀港まで戻る(週一便)。




ー 5/12(木) 医王山 -
近鉄高の原で集合して、京奈和・名神高速・北陸自動車道を乗り継いで一路金沢に向かう。

夕霧峠の展望台でまずは昼食を摂ってからスタートする。

国土地理院の地形図で医王山となっているピークを踏んで下山するつもりであったが、地元の登山者に聞くと、
ダオ山、蛇尾山、白兀(シラハゲ)山の三峰の山域を医王山と称しており(医王山と称するピークはない)、
最高峰が奥医王山との事である。

確かに登山口の標識には、蛇尾山、白兀(シラハゲ)山となっているだけで医王山はない。

地形図を見ながら進むと、該当するピークには蛇尾山の山名板がかかっていた。



一度夕霧峠に戻って、反対側にある奥医王山に向かう。

途中少しのアップダウンがあるが、浄土坂と称する288段の階段が延々と続いている。
最後にはねぎらいのの言葉も。

 

頂上には、一等三角点が存在感を示している。
鉄製の展望台もある(集合写真の後)。



医王山は、金沢と富山の境にあるので、両側に大きく展望が開けており、
林道途中からの展望を含めて北アルプスの峰々が見渡せる絶好の位置にあった。




YH天香寺は別棟の2階が提供されており、簡単な炊事設備も付いている。
食事は提供されないので、近くのスーパーで買い出しをして、ゆっくり部屋で過ごす。


ー 4/13(金) 米山 -
当初の予定では、米山には林道終点まで詰めてから、簡単に登るつもりであったが、
ピストンの往復で約1時間とあまりにも呆気ないので、大平駐車場から登る事にした。

 

集落跡を通過して、林道を2回横切って登山道の取り付きとなる。
ここからは本格的な登山道となり、多くの花々と出会うことになる。



 
<ニリンソウ>                          <チゴユリ>

 
<オオイワカガミ>                      <シラネアオイ>

途中眼下には日本海が見えるようになってきて、大きく開けた二ノ字に到着すると目の前に米山の頂上が見える。
711米峰のピークに到着し、一度下って鞍部に出てから、再び登り返しとなるが、ガンバレ岩が出て来ると頂上が近い。

 

頂上が近づくと豪雪地帯を髣髴とさせるように雑木林の枝が山側から海側に傾いでいる。



頂上には、薬師堂と大きく立派な避難小屋があり、 テーブルのある避難小屋内で昼食を摂る。

 

下山は往路を戻る。 目の前に日本海が広がっている。



天気も最高、独立峰なので展望も360度、多くの花々に出会うことが出来、大平登山口から登ったのは大正解だった。
程々の登山時間で、明日の金北山に向けての良い足慣らしともなった。

ホテルには余裕をもって到着し、夕食はホテルお勧めの居酒屋で夕食を摂り、明日の早朝出発に備えた。


ー 4/14(土) 金北山 -
いよいよ今回山行の目的である佐渡島金北山である。
フェリーの出港が6:00と早いので、ホテルを5:10に出発する。



途中、船内で少し横になって仮眠し、2時間30分の船旅で佐渡島両津港に到着する。
予約しておいたタクシーでアオネバ登山口に向かい、ここから縦走で金北山を経て白雲台に下る。




アオネバ登山口からのコースは、アオネバ十字路まで沢沿いに何回も渡渉しながら高度を上げていく。

 

登り始めてすぐに、シラネアオイ、オオイワカガミを含めて色んな花々が出てくる。
これからの縦走路に大いに期待を膨らませる。

 

アオネバ十字路でドンデン山荘からのコースと出会い、縦走路に入る。
先は長いので、小休憩をとるだけで、先へと進む。



すがすがしい新緑の中の登山道を抜けていくと マトネに出る。
ここから登山道は直角に折れ、 まだまだ遥かかなたではあるが、頂上には小屋が見えている。

 

ここから登山道は、金北山の頂上に向かってアップダウンを繰り返しながら、尾根筋をほぼ真っすぐに進んでいく。
暫く進むと、左側に両津港と日本海が展望できるようになる。

 

カタクリの群生地がいたる処にある。

 

真砂の峠三角点で、両津港方面の展望を見ながら、昼食休憩をとる。





登山道では、タムシバの白が真っ青な青空に映え、山桜が可憐な色合いを残している。

 

役の行者のポイントを過ぎると、登山道に残雪が現れた。
出発前に少し雪渓が残っているかと心配したが、雪が残っていたのはこの辺だけであった。

残雪期のルートと、夏道が所々で分かれていたが、すべて夏道を通過した。
鏡池、あやめ池を通過し、頂上下の急登で最後のシラネアオイの大きなかたまりを見て、金北山に到着。

 

頂上では、両津港から真野湾に抜ける国仲平野が眼下に見え、佐渡島のくびれ部が実感できる。
更に、ゴールの白雲台の緑色の建物も見えている。



頂上から、予約したタクシー会社に金北山到着を連絡して、白雲台への迎えを依頼する。

少し下ると、 事前に通過申請を提出してある防衛省管理道路となり、単調な道路を通過して行く。
最後に白雲台手前でゲートを通過して、白雲台駐車場に到着する。

 

帰りの迎えのタクシー内では話がはずむ。
約6時間で縦走してきたので、お世辞とは思うが、タクシーの運転手さんはしきりに関心していた。
このコースタイムは初めて聞くと・・・・


非常に早いペースで歩いたが、充分展望も楽しめたし、多くの花々を満喫できた。
天候に恵まれ、時期もピッタリで、噂通りの花の登山道を堪能することが出来た。

新潟港到着は18:35と遅かったので、手早く入浴を済ませて、食事に出た。


ー 4/15(日) 弥彦山 -
最終日となり、フェリーの乗船時間が決まっているので、軽く日本三彦山の一つである弥彦山を散策する。
弥彦山スカイラインを山頂直下まで車で上がる。

クライミングカーで展望食堂まで上がり、遊歩道のような道を弥彦山山頂までブラブラ歩く。

  


途中、放送局各社の電波塔が登山道左側に林立している。

石の鳥居が出てきて、弥彦山奥宮の頂上山域に入り、山頂エリアを一周してから下山する。

 

下りは反対側のスカイラインを下って、新潟港に一般道を余裕をもって向かう。
フェリー乗り場の近くで、今晩の夕食と明日の朝食の買い出しを済ませる。

フェリー乗り場には予定時間より、一時間早く着いた。
乗船後、まずは入浴を済ませ、ラウンジで夕食を摂りながらゆったりとした時間を過ごす。



 

 

ー 4/16(月) -
朝は4:30くらいから船内放送で入港案内が始まる。
洗面、朝食を済ませて、下船の準備をする。

北陸自動車道、名神高速道路を経由して、7:50頃に近鉄高の原で解散となった。


今回の山行は、天候に恵まれて、絶好の花の時期を思う存分満喫することが出来た。
その他の時間も、楽しく過ごすことが出来、グループでの山旅を堪能した。
又、このような機会があることを楽しみにしている。


文・写真:サンキュー




<金北山 歩行距離:15.1Km>