奈良山友会 山行の記録

春山自主山行
爺ケ岳
冷池小屋泊

2016年4月29日(金)〜5月1日(日)



< メンバー >
L.山の家、buhiko、なべちゃん、シリウス、ウオンテッド、
SL.点の記、チョモランマ、どろんこ、ゆう、ひろりん

< コース・コースタイム >
 4/30(土)  扇沢登山口6:00 − 7:07柏原新道冬道分岐 − 10:30ジャンクション・ピーク −
12:30爺ケ岳南峰 − 14:03冷乗越 − 14:20冷池小屋(泊)  所要時間(8:20)

 5/1(日)  冷池小屋11:00 − 11:20乗越 − 12:50爺ケ岳 − 15:17ジャンクション・ピーク − 
17:56柏原新道冬道分岐 ー 18:40扇沢登山口      所要時間(7:40)


ー 4/29(金) −
 当初の計画では、サンデー毎日組と現役組の勤務時間の関係で、早発ち班(A班)6名と遅発ち班(B班)4名で編成。
28日(木)に出発し、テント泊1+小屋泊1(もしくは連泊)の予定で、鹿島槍ケ岳を登るものであった。

 しかし、直近の天気予報や冷池小屋への問い合わせで、出発を1日ずらすことになった。
そのため、鹿島槍ヶ岳は計画変更し、メンバー編成も一部入れ替え、爺ヶ岳をピストンすることなった。
(最終的には、現地で、冷池小屋泊りとなった)

1日目は、全員が9時に高の原に集合し、高速道を乗り継いで、登山口の扇沢大橋袂の駐車場へは、16時過ぎに着いた。
早速、6人用テント2張りを駐車場脇の空き地に設営する。



 夕食は、おでん鍋。
食後は、A班のテントに移動し、各自持ち寄りの酒肴で宴会。



明日の山行の話で盛り上がる。
20時過ぎには就寝した。


ー 4/30(土) −
 朝4時起床。  食後は、荷物を整理し、素早くテント撤収にかかる。

快晴の空。 扇沢の対岸の山の稜線は、朝日が雪に映えて綺麗だ。
下弦の月が懸かっている。
夜中、小用に立つと星が出ていて、寒さは感じなかった。 それが逆に気懸りだった。



 6時に出発する。
リーダーは、冷池小屋に改めて、宿泊の連絡をする。
扇沢大橋を渡り、柏原新道入口の登山案内所で、改めて登山届を提出する。



係員の説明では、現地は、積雪約10センチ程度。
午前中は晴だが、午後からは曇り。
明日(5/1)は、天気は崩れるかも知れないが、気温は高目とのこと。

 B班は、トップ・シリウス、ラスト・山の家、A班はトップ・チョモランマ、ラスト・点の記の編成。
しばらくは、柏原新道を行く。



ウグイスやヤマゲラの鳴き声が聞こえる。
足元にはショウジョウバカマが薄紫色の花を咲かせている。
 
モミジ坂を過ぎ、約1時間で八ツ見ベンチ。
扇沢を隔ててスバリ岳や赤沢岳などの峰々が望まれる。

 

小憩後少しで、冬道の分岐に着いた。
黄色い看板があり、ここを右折すれば、南尾根へのルートである。



しばらくして、消え残りの雪が現れた。
今冬は雪が少ないため、ササや雑木のブッシュを掻き分け、潜りながら、ほぼ尾根どおしに登って行く。
赤テープが目印で、迷うことはない。



 やっと、ジャンクション・ピーク直下の雪の急斜面に着いた。
ここで、他の登山者同様、アイゼンを装着する。
雛壇状の地形だが、かなりの急斜面だ。
しかも長いので、帰りは慎重に下らないと、滑落の危険性大である。



 爺ケ岳が視界に入り、 針ノ木岳から岩小屋沢岳への稜線が段々と競り上がって来た。



種池小屋も真近かに見える。
そして、剱岳や立山も遠く望まれるようになってきた。
振り返れば、蓮華岳越しに槍の穂も見える。



しかし、早朝はあんなに晴れていた空に、雲が広がってきた。
 崩れ易いガラ場をひたすら上を目指して登る。
ようよう南峰に着いた。 ここで、安全を期し、全員アンザイレンをする。

 

頂上からは、夏道を行く。
冷乗越を隔てて、冷池小屋が見えたが、この巻道が随分長く感じられた。



 冷池小屋には、14時過ぎに到着した。

早速、手続きをして、割り当ての部屋に落ち着く。
山友会占有でゆったりと過ごせる。
去年、後立山縦走時と同じ部屋の由。



 17時の夕食まで時間があるので、談話室でミニ宴会。
山開き記念の缶ビールでまずは乾杯。



登山開始前の荷物の仕分けで、うかつにも日本酒、ワインを車に置いてきたのが悔やまれる。



リーダーから、明日の予定について説明があった。
7時に下山を開始するが、天候を見定め、状況によっては時間をずらせることもあり得るとのこと。
消灯は、20時15分なので、早目に寝に就く。


ー 5/1(日) ー
 5時に朝食を済ませ、予定通り7時に出発する。
気温は高目だが、天候はよろしくない。



 冷乗越まで行くが、風が強いので小屋に引き返す。
テレビの天気予報や小屋の情報を踏まえ、作戦の見直しを検討する。
冷池小屋の説明によれば、大町事務所からは、稜線の雲が取れ、次第に山容が見えるようになってきているとのこと。
しかし、北ア北部は、天候の回復が遅れる見込み。

また、多くの登山者が下山したので、トレースはしっかり付いているだろうが、正しいルートを見極めて降りるようにとの助言も。
 その結果、11時に出発するが、天候次第では連泊もあり得るということになった。



 出発までの約2時間、小屋のストーブを囲み、コーヒーやぜんざいを注文して、まったりとした時間を過ごした。

 定刻どおりスタートする。
B班は、トップ・山の家、ラスト・ウオンテッドに編成替え。



 冷乗越からは、昨日とは逆に登りになる。
白一色の景色の中、右手より吹き付けて来る風に煽られつつ、足元だけを見ながら黙々と歩く。
再び、爺ケ岳山頂に立つが、早々に下山を開始する。

 頂上を過ぎれば、少しは風が弱まるかと思われたが、益々吹き募る。
雪礫が顔を打って痛い。
時々、耐風姿勢を取り、風の弱まる瞬間を捉えては下山を繰り返す。



体が持ち上げられて何度もよろける。
皆を見ると、必死で耐えている。
 2時間余り、やっと、やっとの思いで、ジャンクション・ピークに着いた。



風も弱まり、周囲の展望が利くようになって、越し方を振り返る余裕が出てきた。
爺ケ岳が昨日と違う見え方で眺められた。



集合写真を撮っていなかったので、後続の単同行の男性にシャッターを押してもらう。



 左に張り出した雪庇を常に意識しつつ、雪の急斜面を細心の注意を払いながら下る。
この先でアイゼンを脱ぎ、ブッシュ交じりの長い樹林帯を下る。
もう飽き飽きしたころ、柏原新道夏道に合流した。



後は小1時間でゴールだ。
八ツ見ベンチで、リーダーが、緊急連絡先と冷池小屋に下山報告をする。
 耐風姿勢で時間を取られた分、予想より時間がかかり、下山口に着いたのは18時半過ぎ。



暗くなる前に着替えや荷物の整理を済ませて、奈良県南部組、北部組に分かれて車に乗り込む。
予定時間をオーバーしているので、大町温泉薬師の湯は通過し、梓川SAで夕食を済ませ、A班、B班はここで別れた。

 途中渋滞もなく、高の原には、思いのほか早く、夜中の24時過ぎに着いた。
ここで皆と別れて家路に着いた。

 GW期間中の本格的な春山は、久しぶりであった。 
春山は、晴れていれば3,000m近い高山でも天国だが、天候が悪化すると、季節は冬山に戻る。

 今回は、日本海に低気圧があり、その影響で、中部山岳地帯が荒天になった模様だ。
山行中や帰宅後の報道で、山岳遭難事故が続出していることを知った。

事前(4月16日、24日)に行われた講習会での装備点検、
アイゼンワークでの耐風姿勢訓練やアンザイレン訓練が少しは役だったことだろう。

 掲示板の投稿にあるように、共通体験をした者同士、仲間の絆が深まったのは事実である。
この貴重な体験を反省点も含め、参加者の今後の糧にしてもらえればと願っている。
 

 文:ウオンテッド  写真:どろんこ・シリウス・なべちゃん