奈良山友会 山行の記録

南アルプス
入笠山
赤石山脈最北端

2016年1月10日(日)~1月11日(月) 天候:晴



< メンバー >
L.どろんこ、SL.シリウス、SL.サカちゃん、ウオンテッド、Rockン、buhiko、
yokko、虎鉄、チョモランマ、てくてく、ヨーチャン、ミサチャン、おくちゃん、サンキュー、
リギ、えみーる、悠山、まあちゃん  計18名

< コース・コースタイム >
1/10(日)  近鉄大和西大寺駅集合7:00 ー(名神・中央自動車道経由)ー 12:40入笠山沢入登山口駐車場12:50 -
14:00入笠湿原 - 14:48八ヶ岳ビューポイント - 15:26入笠山山頂 - 16:00マナスル山荘(泊)

1/11(月)  マナスル山荘6:20 - 6:45入笠山山頂(ご来光) - 9:07入笠山展望台(マナスル山荘裏) ー 
9:53八ヶ岳ビューポイント - 10:20入笠湿原 - 11:08沢入登山口駐車場 - 
11:30水神の湯(入浴・昼食)12:50 -(中央・名神高速道経由)- 18:00大和西大寺駅(解散)


ー 1/10(月) -
バスを降りて恒例の山行記録者を決めるジャンケン。
バスの中からなぜか当たるような気がしていたらなんと大当たり。
今年は幸先のいい年になりそうです。
暖冬の為、ピッケルをもって来られた会長もバスの中に置いての出発です。

 

雪山初の私は期待に胸ふくませながら沢入登山口よりスタート。 
気温が高い為、歩いて5分ほどで衣服調整。
途中下山者に「山頂に雪はありますか?」と質問したところ「ない!」と残念な答え。
がっかりしながら山頂を目指します。



先輩達は例年に比べかなり雪が少ないので残念そうですが、雪山初の私には丁度よい雪道です。
入笠湿原に到着、みんなで記念撮影。

 


一面真っ白な湿原で元気に遊ぶ子供達の姿が見えます。



少し歩くとマナスル山荘が見えてきましたがみんなまだまだ元気なので重いザックを持ってそのまま、
八ヶ岳ビューポイント経由で山頂を目指します。



しばらく歩くと前方に堂々とそびえ立つ富士山がきれいに見えてきました。
富士山も例年より雪が少ないように見えます。
風が冷たくなってきたのでまたまた衣服調整。



八ヶ岳ビューポイントに到着、少し雲がでてきましたがかろうじて山頂までくっきりと見えます。

 

山頂下の首切登山口からやっと雪山らしくなってきましたがアイゼンなしで歩けます。



30分ほどで山頂へ到着。
360度パノラマの景色、しかし風がきつい為早々に記念撮影して下山。

 

下山道は凍っていて滑る方が続出ですが、みんな慎重に滑ることなく怪我なく下山。
しかし、マナスル山荘直前で会長が2回も転び持っていたペットボトルは会長を残し転げ落ちていきます。
怪我もなく全員が定刻どおり山荘に到着。

 

4つの部屋に分かれ、16:00スタートの飲み放題にマイカップとおつまみを持参して素早く集合です。
さすが山友会 速い!
まずは生ビールで乾杯,各自持参のマイカップについての話題で楽しい宴会の始まりです。

 

秘伝のワインやバーボン、ゆず酒、辛口の日本酒、黒糖梅酒などいろんな種類がどんどん空になっていきます。
18:00夕食タイム、美味しい夕食も完食です。

 

その後宴会は延々と続きます。
大きな声で他の宿泊者の方達ごめんなさい。




ー 1/10(月) -
6:20あるものすべて着込んでご来光を見る為、アイゼン・ヘッドランプをつけて山頂目指して出発。
山頂は風が強くとても寒いですがご来光、赤く染まった富士山きれいに見えました。

 

朝食後、入笠山が見えるビューポイントに山荘の方に案内してもらいました。



その後、山荘の方たちに見送られながら昨日行った八ヶ岳ビューポイントに立ち寄りました。
八ヶ岳は山頂に少し雲がかかっていました。

 

その後温泉に立ち寄り昼食後、後部座席がサロンにセットされたバスで帰途につきました。

マナスル山荘の方達はとてもアットホームで田舎に帰ってきているような暖かな気持ちになりました。
雪は少なかったけれども、2日間天候にも恵まれ楽しい新年会になりました。
来年は再度雪山にチャレンジしたいと思います。
皆さまお疲れ様でした。

          
文:まあちゃん   写真:シリウス・サンキュー・まあちゃん