奈良山友会 山行の記録

初冬の音羽3山縦走
音羽山・経ヶ塚山・熊ヶ岳

2015年12月5日(土)



< メンバー >
L.ササユリ、SL.JA、miichan、カガシ、ヨーチャン、ミサチャン、
ウォンテッド、えみーる、サラン、リギ、チョモランマ、おくちゃん

< コース・コースタイム >
桜井市下居10:15 - 音羽観音寺11:00 - 音羽山11:50 - 経ヶ塚山12:10(昼食) -
熊ヶ岳13:00 - 大峠13:30 - 不動滝バス停14:30
 

 集合時間(9:30)が遅かったので、全員余裕を持って(下居で合流予定のチョモランマさんを除いて)、
定刻のバス(9:45発談山神社行)で出発する事ができた。
 下居では既にチョモランマさんが来ており全員簡単に自己紹介してすぐ出発。

 

 かわいい尼さんの標識に導かれるように、全員足取りも軽く小一時間で観音寺に到着。
観音寺では名古屋の団体に出合い、普段静かな尼寺も大賑わいで紅葉も未だ綺麗に残っていた。
尼さんのお話を聞き、県指定の天然記念物の銀杏が葉についた<お葉つきイチョウ>を見た後、展望台への直登コース(新道)を登る。





 尼さん達が苦労して切り開かれた展望台からは、二上山から先週納山会をしたばかりの葛城・金剛の山並みがくっきりと見え、
その奥には大阪のビル群もうっすらと見る事ができた。



 この頃から山は西風が吹き出し、冬を思わせる空模様になり全員頂上へと急ぐ。
頂上へは新道の急坂を直登して20分程で到着するが、昼食予定の経ケ塚山へ向けすぐに出発。





 約30分間の昼食後本日の最高峰熊ヶ岳(904m)へ出発。
展望のきかない音羽3山だが、経ヶ塚山下山路からは、寒波で雪化粧したばかりの台高の山々を時折垣間見ることができた。



 寒さで急いで下山し予定より早くゴール(不動の滝バス停)した為、談山神社バス停まで10分ほど登り、
この時期定番のエビ餅でバス待ち調整をして解散。



 これぐらいの寒さは冬山では普通だが、暖冬の為か体が未だ寒さに慣れず、服装調整に忙しい山行で、
登山距離もベテランには少し物足りなかったかも知れないが、
久し振りの会山行を楽しむ事ができ、帰りの反省会もお好み焼きと焼きそばで楽しく歓談できた。


文:JA     写真:おくちゃん・えみーる・ササユリ・JA