奈良山友会 山行の記録

納山会二日目
葛城山〜金剛山
伏見峠より北宇智へ

 2015年11月29日(日)



<  メンバー >
 L.buhiko、RINRIN、どろんこ、さかちゃん、シリウス、まあちゃん、ウオンテッド (有志7名)

< コース・コースタイム >
葛城高原ロッジ8:05 − 9:08水越峠 − 9:12登山口(ガンドガコバ林道〜ダイヤモンドトレール) − 
10:55金剛山頂(葛木神社)11:10 ー 11:15転法輪寺前広場(昼食)11:45 − 12:00湧出岳(一等三角点)12:05 − 
13:33天ヶ滝新道登山口 − 14:20JR北宇智駅


 8時過ぎ、葛城高原ロッジの玄関前で、集合写真を撮った後、御所から電車で帰るみんなに見送られて、
本コース最新経験者サカちゃんを先頭に、先ずは金剛山を目指して出発した。



すぐ先で、昨日の道を自宅まで歩いて帰るサンキューさんは右へ、我々は左へと別れた。
 上の方から「頑張って!」の声援が。
見上げると、仲間が窓から手を振って励ましてくれている。
こちらもそれに応えて手を振った。



 登山道は、しばらくの間、ツツジの群落の中の緩やかな道を行く。
やがて劇下りの階段道になる。
ほとほと飽きたころ、やっと水越峠に着いた。



見える限り10数台の車が停車していた。
国道309号線を横切り、ガンドガコバ林道を進む。
長い登りになるも、サカちゃんは快調だ。

 

金剛の水で休憩し、カヤンボから左に階段道を登る。



しばらくして尾根に乗る。
 時折、木の間越しに奈良盆地や葛城山が眺められる。
郵便道分岐を過ぎ、ダイトレ合流点に着いた。
戻る形になるが、葛木神社に参拝し、少し早いが社務所前の広場で昼食を摂ることにした。



多くの人がいたが、幸いにも売店近くのベンチが空いていたので、そこに席を占めた。
上着を着こんでも寒い。
それぞれの行動食を共有して、初山行の話で盛り上がった。



 約半時間後、山行を再開、ダイトレ合流点まで戻り、一等三角点のある湧出岳に登った。
金剛山には何度も登っているが、ここは初めて。
セルフタイマーで集合写真を撮る。





 千早園地を過ぎ、伏見峠から北宇智を目指して下りにかかる。
すぐに伏見道を左に見送り、右に石寺跡道を行く。
この道は初めてなのでうれしい。

 

この道中、まあちゃんとぼくがすぐ近くに住んでいたことが会話の中でわかった。
小学校も中学校も同じ学校である(当然ながら年代が違うので、ずっと後輩である)。

 途中、JR北宇智駅の時刻と駅までの所要時間(90分)を書いた看板があった。
それによれば、なんとか北宇智駅発の上り電車14:35に乗れそうなので、先を急ごう。
 単独行の人が追い抜いて行ったが、登山口はすぐ近くだった。

 

小和町のひなびた集落を過ぎ、東南方向、大和青垣のはるか先に、雪をまとった高峰が望まれた。何山たろうか。
山麓線を横切り、道なりに進むと御霊神社の先で、久留野道に合わさる。
藤岡家住宅「うちのの館」の前で、発車時間まで25分。心持急ぎ足になる。



京奈和道の高架をくぐると、踏切が見え、発車10分前に駅に着いた。




 JR1本で帰るbuhiちゃん、まあちゃんとは、吉野口駅で別れ、残り5人は、折よく近鉄線ホームで待ち合わせの
あべの橋行急行に乗り換え、橿原神宮前駅で、これまた連絡の良い京都行急行に間に合った。

奈良北組4人は、西大寺駅エキナカの「くるる」でプチ反省会をした。
最初はここだけと決めていたが、男性3人は飲み足らず、隣の「豊祝」にはしご酒。
開店早々というのに店内は満員である。
運よくカウンター席が空いていて、さっそく無上盃セットを注文する。
ここはキャッシュデリバリーシステムなので気が楽である。
さらにあらばしり、にごりを追加注文し、茄子と南瓜の炊き合わせを頼む。
店員さんがキビキビしていて気持ちが良い。
2人もそれぞれお好みのものを注文している。
 約1時間後、いい気分で店を出て、それぞれの家に向かってコンコースで別れた。

文:ウオンテッド  写真:サカちゃん・シリウス・どろんこ