奈良山友会 山行の記録

ジャンダルム
西穂高岳~奥穂高岳縦走

2015年09月19日(土)~09月22日(火)



< メンバー >
L.くぅる、東丸、山の家、なべちゃん

< コース・コースタイム >
9/19(土)  21:30近鉄郡山駅 == あかんだな駐車場(車中泊)
9/20(日)  あかんだな駐車場 == 帝国ホテル前 - 西穂高登山口 - 西穂高山荘(小屋泊)
9/21(月)  4:00西穂高山荘 - 5:13独標5:36 - 6:50西穂高岳7:00 - 9:30間ノ岳 - 
9:27天狗の頭9:45 - 畳岩尾根ノ頭 - コブ尾根ノ頭 - 12:10ジャンダルム12:25 - 
14:10奥穂高岳14:25 - 15:05穂高岳山荘(小屋泊)


ー 9/19(土) -
シルバーウィークの北アルプス、想像はしていたが、あかんだな駐車場のゲート前は長蛇の列。
4時のゲートオープンまでと、入庫してからの僅かな時間仮眠する。


ー 9/20(日) -
あかんだな駐車場からバスに乗り換え帝国ホテル前下車。
西穂高岳登山口に。西穂高山荘までは樹林帯の中を行く。
展望は望めないが森の香りを満喫しながら、登り一辺倒の道を歩く。

お昼頃に西穂山荘に到着。部屋に荷物を置いて、ビールと西穂ラーメンでお疲れ様ランチ。
今日の行程は終了、長い酒盛りが始まる。
しかし明日のメインイベントが控えているので量は心持ち少なめ。
部屋に戻って少し昼寝、早目の夕食の後は美しい夕日の鑑賞、撮影タイム。明日もいい天気になりそうだ。

 

 


ー 9/21(月) -
3時起床。4時縦走スタート。丸山、独標と順調に進む。
ここで夜明けを迎える。この先からは本格的な登山になる。気を引き締めて進む。
登山道も少しずつ岩稜帯を帯びて来た。アドレナリン大放出だ。

 

 

楽しい…。西穂高岳到着。ここで大休止、それぞれ行動食を食べながら、槍ヶ岳、笠ヶ岳バックに撮影タイム。
そして、これから進む未知の世界、ジャンダルムへと続く険しい山容を見据える。

7:00に西穂高岳からの下降スタート。ここから奥穂高岳までは、ガレガレの岩山を何度も登ったり、下ったりを繰り返す。
登りは、割と難なく行ける感じだが(落石には細心の注意)下りは神経を使う場面がある。
殆ど垂直に近い降下をするような場所も少ないながらもあるので、鎖がついてるところは、それを使いながら、
足の置き場をしっかり目視して冷静に降りていく。

【 西穂高岳~間ノ岳 】: 
一部鎖場が結構な斜度の下降がある。
東丸さんはさすがスムーズに岩をつかんで降りていく。
私は鎖を片手にもう片手は岩をつかんで降りた。
 
 

 

【 間ノ岳~天狗ノ頭 】:
間天のコルへも、もちろん鎖場の下降が待っている。慎重に。
そして天狗の頭へは、有名なスラブ状の登り。
今日は岩が濡れていないので、大したこともなく登って行ける。

 

 

【 天狗ノ頭~畳岩尾根の頭~コブ尾根の頭~ジャンダルム 】: 
天狗の頭から天狗のコルへと歩を進める。
天狗のコルはこのルート唯一の岳沢へのエスケープルートがある。
このルートを使って登ってこられた方、ここから岳沢へいかれる方もいた。
西穂~奥穂はやはりロングルートなので半分山行をされる方もいるのだ。

畳岩尾根やコブ尾根の頭は道標がないのでわからなかったが、登っても登ってもピークがないやん
・・・とブーブーいってた場所が、そこだったようで・・・。
気が付かないままスルーしていた。そして眼前にあらわれた、ジャンとオクホへの分岐の表示!!
ザックをデポしてジャンへのルートを行く。

今までの道のりからすればジャンルートは安易。憧れのジャンダルムについに到達!!
ヤマレコで目にしたジャンの天使についにご対面~~!!最高です!!
ガレガレのルート、色気のない干からびたこの登山道の先に天使が待ってる・・。
なんか、人生を感じる~って??

 

 

 

【 ジャンダルム~ロバの耳~馬の背 】: 
ジャンから奥穂ルートへの分岐に戻ってロバの耳を目指す。
あいかわらず鎖場通過・・。ちょっと慣れてきたか??しかし・・難関がまっていた。

ロバの耳からの下りは鎖はなく、30センチ位の足の置き場が斜めって(下向きに)いて後向きの体制で、
三点支持で下りるのだが、その足場がツルッとしていて一番慎重になったところだ。
ここは鎖がほしいな~。さぁいよいよ最終核心、馬の背。

小休止して臨もうとくぅるLが思ってたその時、山の家さんの天気予報付高度計が反応したらしい。
「雨の予報になってきているので、岩が濡れていない間に馬の背をはやく通過してしまおう」と・・。

??雨が降るのかな??本当に??
馬の背はガレた両側がスパッと切れ落ちた所だが、個人的には面白いと思った場所だ(これが下りなら、怖かったかもしれない)。
途中で万歳でもしたくなるような感じになった。
ここを過ぎるともう奥穂高岳へはゴールへの花道を歩くようなもの。

そのゴールの手前でほっと一息、歩いてきた軌跡を、特徴あるジャンダルムの姿を皆で感慨深く眺める。
山の家さんの目には心なしか、光るものが・・・。
奥穂高岳から穂高岳山荘へは、クールダウン状態で。

 

 

 

穂高岳山荘到着。くぅるL、長時間の神経を使う(リーダーがゆえの)山行からか、少し高山病の症状が・・・。
本当にお疲れ様でした。

山荘の談話室の一角を陣取って西穂~奥穂縦走達成の祝杯をあげる。
今回の山行を実施するにあたって、Lは6回のトレーニングを計画、実行してくれた。
休日の貴重な自分の時間を私達の為に犠牲にしてくださった事、そして今日の山行を無事に終える事が出来た事に感謝し、お礼を述べた。

ホットカルピス、ビール、ワインで乾杯!!
山荘は満員状態。私たちの夕食は4回目、18:15~。
なかなかの御馳走で感激だ。
ぺろっと平らげた。私以外はみんな就寝。おやすみなさい。
一人ビールとマンガ、『岳』を読みながらジャンダルム登頂の余韻に浸る。

 

下山の日。4時起床。5時出発、山の家さんは個人的事情で一足先に山荘出発、電車で帰宅された。
今日も快晴、ザイデングラートを下って行く。
途中で御来光と朝焼けに染まる穂高を目に焼き付ける。

 

 

さよならアルプス。又来年。
紅葉の草花に見送られて山を後にする。

嘉文次小屋で岩魚定食をいただき、上高地へ到着。
バスに乗る為の長い行列に参加?さすがシルバーウィーク。
高速道路も大渋滞。疲れた身体にムチうつ様に長時間運転のくぅるL、本当に申し訳なく思います。

ずっと行きたかったジャンダルム縦走の夢を叶えていただきありがとうございます。
感謝の気持で一杯です。

【追記】 ージャントレ内容ー
・ 7/5 クライミングジム                                    
・ 8/9 蓬莱峡岩場                                          
・ 8/16 月出川ワサビ谷 遡行                        
・ 8/23 クライミングジム                                  
・ 8/30 クライミングジム                                  
・  9/6 台高 木原谷~赤ゾレ山・木梶山遡行  


文・写真:なべちゃん