奈良山友会 山行の記録

比良山系
ヤケ山・ヤケオ山・釈迦岳

2015年9月12日(土) 晴れ時々くもり



< メンバー >
L.yokko、SL.ウォンテッド、SL.サンキュー、RINRIN、チョモランマ、ゆう、
トレモロ、リギ、miichan、えみーる、buhiko、キレイ、みい

< コースタイム >
北小松駅9:00 - 登山口9:25 - 涼峠10:15 - ヤケ山10:50 - (昼食30分) - 
ヤケオ山12:45 - 釈迦岳13:35 - イン谷口バス停16:03


今年の夏は猛暑だったが残暑が無く、朝晩は涼しく過ごしやすい。
今朝も肌寒く、よく晴れそうな山日和。

予定通り13名全員が京都駅に集合。
定刻に北小松駅に到着し、恒例ジャンケンで気合負けした私は名誉の記録係を仰せつかる。

駅から登山口まではなかなか急な舗装路。
お天気良すぎて暑いなぁ早く山に入りたい。



登山口は楊梅の滝との分岐になっている。
今回は滝へは寄らず涼峠に向かう。
途中の滝見台で小休止。
楊梅の滝は3段から成る段瀑で滋賀県一の落差を誇り、やまももの滝とも読むらしい。



寒風峠への道を右に見てゆっくり登る。
登山道はけっこうガラガラしていたり掘割になっていたりと気を抜けない。
ホトトギスがたくさん咲いている。ようやく涼峠に到着。
名前の通り爽やかな風が涼しく心地よい。

 



再び寒風峠への分岐を右に見てヤケ山へ左のルートを進む。
大石道と呼ぶそうだ。ヤケ山705mに到着。



ここから一旦下って緩く登る。こんな道がずっと続けばいいのになぁ。
でもこんな調子じゃいつまで経っても山頂につかないなぁ~、などと思っていたら案の定途中から激登りが始まる。
春にはイワカガミが可愛く咲いているのだろう、艶々した葉があちこちに茂っている。
頑張って少しづつ高度を上げる。



朝が早かったため、「お腹すいた」「リーダーもうお昼にしよう」とあちらこちらで声があがる。
「12時になったら食事にします」とリーダー。12時を楽しみに更に高度を上げていく。
ヤケオ山まで我慢できない我々は、12時だとばかりに途中で昼食タイム。



あとひと登りでヤケオ山なのに、お腹が重くて苦しい。
でも展望が良くなってくると力が湧いてくる。
ヤケオ山970mのピークを踏んで、更に次の釈迦岳を目指す。
下界の黄金色に輝く稲田が美しい。左手に琵琶湖が見えている。ブナの緑も素晴らしい。
何箇所か琵琶湖側に崩落部分があるが、歩くには全く支障はない。
とても雰囲気が良く展望も素晴らしい。



 

いよいよ最後の釈迦岳1060mに到着。



記念撮影をしてイン谷口へ下る。
ワンゲル道は荒れているらしい。旧リフト跡を通り下山。
下山途中にナメ茸発見!わ~いっぱいある。あっちにもある。
嬌声とともにナメ茸を採りまくるメンバー。毒はないのか?本当に大丈夫なのか?

 

ワイワイといろんなお喋りをしながら賑やかに下る。
イン谷口でバスを待つ間、冷たいきれいな川で顔を洗って着替えも済ませ、比良駅へのバスに乗り楽しい一日を終えた。



標高はさほど高くはないけれど、登り応えがあり素敵なルートだった。
また季節を変えて是非訪れてみたい。


文:みい  写真:トレモロ、yokko、サンキュー