奈良山友会 山行の記録

会行事山行
木曽駒ヶ岳
中央アルプス小屋泊

 2015年8月28日(金)~29日(土)



< メンバー >
L.チョモランマ、SL.点の記、SL.ウオンテッド、teo、シリウス、buhiko、てくてく、Rockン、悠山、
サカちゃん、飛び魚、ひろりん、ゆう、どろんこ、トレモロ、山寺、リギ、yokko、えみーる、miichan

< コース・コースタイム >
 8/28(金  高の原16:10  = 中央自動車道駒ケ根IC = 20:30駒ケ根YH(泊)

 8/29(土)  駒ケ根YH6:00  = しらび平 = 千畳敷7:00 - 7:45乗越浄土 - 9:00木曽駒ケ岳9:10 - 中岳 - 
10:30千畳敷10:50 = しらび平 = 菅の台バスセンター・こまくさの湯(入浴・昼食)15:00 = 駒ケ根IC = 高の原


 集合時間が約1時間繰り上がり、16時10分に高の原駅前を出発した。
バスは、定員20人のハイデッカーの観光バスで、トランクルームにザックを収納し終われば、車内はゆとりの快適スペースだ。



 駒ケ根YHには、20時30分に到着。
チェックインを済ませ、4部屋に分かれて、大急ぎで入浴。
その後、部屋でしばし談笑。

 翌朝、4時30分に起床。
夜半、しきりに雨音がしていたが、今も降り止みそうにない。
6時にはしらび平行のバスが来るので、その前に、リーダーより縦走の中止が全員に告げられた。
そして、山行計画変更の経緯の説明、今後の対応をどうするかの問い掛けがあった。
最終的には、ロープウエイで千畳敷まで上がり、木曽駒ヶ岳を往復することに決定した。



 中央アルプス観光のバスは、15人以上の団体に、駒ケ根駅~しらび平間の路線バスを菅の台周辺の指定する場所に差し向けてくれる。
それを利用して、始発のロープウエイに乗車しようというのである。



 しらび平の標高は1,662m、千畳敷は標高2,612m、 標高差はなんと約1,000m。
これを一気に約8分で登ってしまう。
始発にもかかわらず、車内は満員で、山頂駅でも大勢の登山客、観光客で溢れかえっていた。



 7時、降りしきる雨をついて、2班の点の記SLを先頭に、3班、1班の順で出発した。
八丁坂の手前までは、等高線に沿ったほぼ平坦な道で、トウヤクリンドウ、クルマユリ、イワベンケイ、
トリカブト、コマクサ(うかつにも見落とした)、キタヨツバシオガマ、などがあちこちで咲いている。

 

 

 

 八丁坂は、岩がゴロゴロして、所々蛇籠が土止めとして使われている。
千畳敷カールを取り囲む擂鉢状の急斜面は、この雨にもかかわらず、登る人、下る人で列が途切れることが少ない。

 

 45分後、乗越浄土に着いた。
小憩後、宝剣山荘、天狗荘を右手に見て、先に進む。
中岳は山頂を敬遠して、左手の巻道を選ぶ。
雨に濡れて、油断すれば滑落しかねない個所もあった。

 

雨は小止みなく降り、止みそうにない。
駒ヶ岳山頂小屋の前を過ぎると、頂上まで約20分の距離である。
山頂には9時に着いた。



 

伊那と木曽の2つの社殿があり、1等三角点の標石があった。
雨で展望が利かず、集合写真を撮って10分後に下山を開始した。
帰りは、中岳の山頂を踏み、10時半には千畳敷に帰着した。

 往きとは逆に、ロープウエイ、バスと乗り継ぎ、菅の台バスセンターに着いた頃には完全に雨も上がり、薄日も差してきた。
駐車場に待機していたバスに乗り込み、隣接のこまくさの湯で入浴と昼食を済ませ、3時過ぎに奈良へと向かうバスに乗り込んだ。

 今回の山行は、リーダーの資質を問うものであるともいえる。
宿泊先の山小屋に連絡を入れ、雨風のある稜線を20人もの団体で6時間歩くということから、縦走を断念するという判断。
それに伴う、山小屋の宿泊、下山後のタクシーや昼食のキャンセル。
山行計画変更に伴う代替案の問い掛けと意見集約。

これらをてきぱきとこなしたリーダーのチョモランマさんに感謝します。
雨で空木岳への縦走は叶わなかったが、木曽駒ヶ岳の山頂を30数年ぶりに踏むことができ、十分満足している。


文:ウオンテッド  写真:サカちゃん、トレモロ、リギ