奈良山友会 山行の記録

若狭 【福井県】
今古川~雲谷山
沢遡行

2015年07月12日(日) 前夜発



L.くぅる、東丸、なべちゃん、会員外2名

コースタイム
7/11(土) 近鉄郡山駅21:00 - 北陸道経由敦賀IC - 00:30道の駅三方五湖
7/12(日) 道の駅三方五湖5:40 - 6:00下山口に車をデポ後駐車地 - 7:00入渓地点 - 9:40裏見の滝 - 
13:00雲谷山 - 15:40駐車地 - 20:30奈良


福井県には、15年ぶりにきた。当時は観光旅行。山行では初めて。しかも今回は沢登。
夏は、沢をジャブジャブ水しぶきをあげて山頂を目指すのが、実に気持ちがいい。

 

今回はくぅるLの山友ご夫妻と5人での山行。みなさん40代で唯一私がアラフィフ・・
前日夜に奈良を出発。福井県某所で前泊。ウシガエルの大合唱を子守唄に、就寝??

 

5時起床。某所に移動。車1台を下山口にデポ。7時頃山行スタート。
私以外は沢登経験がたくさんのベテラン揃い。よろしくお願いします。
入渓地点までは堰堤を巻く。地図とGPSをチェックしながら進む。やはり読図とGPSでの確認はバリエーションルートでは必須。
入渓地点の少し前で沢登の装備を整える。ハーネス、カラビナ、細引き、スリング、補助ロープ、ATC ,沢靴・・。気が引き締まる。
私は沢の経験が少ないので、わからなかったが、今回の遡行は滝がこれでもかと連続するルートらしく、滝登り三昧で、非常に面白かった。
出来る限り滝を登る事を意識して、難しい滝は高巻き・・。
沢の岩は、見た目簡単に登れそうでも、意外と滑って、しかも水で足元がみえないので、手探り足探りで慎重にとっかかりをみつけないといけない。

 

そして、滝を高巻する際には急斜面をいくので、より注意深く手がかりを確保して慎重に進まないといけない。 
くぅるLの山友ご夫妻は手慣れたもので、難なく進んでいく。
そしてこのルートの名物、裏見の滝。 滝の裏に回り込んで進む。
私は頭上に降り注ぐ滝のシャワーに大苦戦・・。必死のパッチで、クリアした。大満足~~。

 



 

その後も面白い滝にワクワクしたり(クジラの潮吹きみたい)しながら、たくさんの滝を登って~~。堪能!!

 

そして、林道への最短ルート凄い藪漕ぎ!!急登!!
面白いです。木や草を掴みながら登る。 標高787mの雲谷山到着。

 

山頂からは、三方五胡の風光明媚な景色が味わえた。遊覧船も運航しているらしい。
ここで大休止。濡れたザックを乾かしながら、沢装備解除。 低
山なので虫が一杯たかってくる。私は背中や足に10か所ほど刺された。顔はネットをかぶってたので、防げた。

 

ひたすら、暑い中を下山すること約2時間。途中、お約束の蛇に遭遇し、無事、三方石観音の寺に到着。
きららの湯で汗を流し、奈良へ車を走らせた。


文:なべちゃん   写真:くぅる