奈良山友会 山行の記録

北海道 道南の山旅 3峰
大千軒岳・(渡島)駒ヶ岳・狩場山

2015年6月29日(月)〜7月2日(木)

 

< メンバー >
L.サンキュー、SL.ウオンテッド、リギ、yokko、キレイ、miichan

< コース・コースタイム >
6/29(月)  関西空港8:30 〜〜 <ピーチ> 〜〜 
10:25新千歳空港(昼食)11:40 − 17:30民宿よこはま荘(泊)

6/30(火)  民宿よこはま荘7:15 − 8:45大千軒岳駐車場8:55 − 10:16大千軒岳10:23 − 
11:14大千軒岳駐車場11:20 − 15:30大沼公園YH(泊)

7/1(水)  大沼公園YH 8:10 − 8:50駒ヶ岳6合目駐車場 − 9:45(渡島)駒ヶ岳 −
10:30駒ヶ岳6合目駐車場 − 11:30大沼公園(昼食)12:15 − 15:15島牧YH(泊)

7/2(木)  島牧YH  5:30 − 6:15狩場山新道登山口 − 9:15狩場山7〜8合目付近(撤退) −
10:50新道登山口 − 11:45島牧YH(昼食)12:00 − 
16:30新千歳空港18:45(出発遅れ) 〜〜 <ピーチ> 〜〜 21:00関西空港22:10



ー 6/29(月) 移動日 −
LCC ピーチを利用しての北海道 道南地方3峰の山旅である。



関空から新千歳空港に飛び、レンタカーを借りて4日間移動の足とする。
初日は移動日となる。
新千歳空港からは、函館近くまでは道央自動車を利用できる。
その後は、海岸沿いの一般道で松前まで移動する。

夕食は、ウニ、アワビ、マグロのカマ焼き等々海の幸満載である。
参加者全員、大満足!!
いつもの如くビールが進む。 生ビールが美味しい!!



 


ー 6/30(火) 大千軒岳 −
7:15出発で『松前町上川ルート』を通り新道コース登山口に向う。
道道607号、迂回路、林道を経由して約1時間30分かけて登山口に着く。

登山口駐車場には、単独行の先行者が既に駐車していて、登山口の様子を確認していた。

 

登り始めは急登であるが、それを過ぎると比較的緩やかな登山道が続く。
まずは、ブナの樹林帯を通過して行く。

 

ギンラン、エビネランを登山道横に見て、緩やかな登山道に至り、山頂が見えてくる。

 



山頂直下は少し傾斜がきつくなり、横からの風が強くなる。

山頂では風が強かったため、記念の集合写真を撮って早々に下山にかかる。



下山中に、ウツボグサ、イブキトラノオを写真に納める。

 

途中、1回の休憩を取り、下山口に到着。

 

登山中、雨の止む事はなく、遠くで雷鳴もあったので心配したが、予定通りの時間で下山出来た。
この天候で奥二股からのロング コースを入る事になっていれば、辛い山行となったことであろう。
新道コースに至る道路が使用可能になっていたのが幸いであった。

下山後は、同じ道を引き返し海岸沿いの国道228号線に戻り、大沼公園に向う。
大沼公園YHには早く到着できたので、十分濡れた装備の整理をする時間がとれた。


ー 7/1(水) (渡島)駒ヶ岳 −
残念ながら本日も曇天である。
山頂にはガスがかかっている。

大沼公園YHからは、駒ヶ岳裾野のゆるやかな道路を登って6合目駐車場に着く。
ここから赤井川コースが始まり、馬ノ背に至る。

 

登山道も緩やかな広い砂礫の道が馬ノ背まで、ほぼ真っ直ぐに延びている。
途中、一合目ごとに区切られた標識を通過していく。

 

途中、登山道横にアカモノ、ハクサンチドリを見る。

 

九合目を過ぎても、登山道の様子は変わらない。
簡単に馬ノ背まで着いてしまった。

 

馬ノ背の標識回りは入山禁止のロープが張り巡らされている。
記念の集合写真を撮る。



後続の地元登山グループの人にタルマエソウ(イワブクロ)の名前を教わる。
馬ノ背の張り巡らされたロープの近くに咲いていた。



眺望が全くないため、馬ノ背のロープ周りを一周して下山する。
真っ直ぐな登山道なので、下山も早い。
六合目駐車場手前から、少しガスが切れてきて下の方が見えてきた。

 

今日は行程に余裕があるので、大沼公園の観光をする。

大沼公園内で洒落たレストランを見つけた。
食事に満足して、近くを散策する。

 

 

島牧YHに到着して、明日の山行の情報を教えて貰う。
到着後1時間くらいで、今日狩場山に向ったご夫妻が帰ってこられたので、この方たちにも状況を確認する。


ー 7/2(木) 狩場山 −
地元の観光ガイド、各種情報によるとルートは、初心者コースであり、上り2時間30分、下り1時間40分となっている。
しかし、昨日島牧YHで会ったご夫妻は、雪渓で撤退してきたとの事であった。

昨日同様、山頂方向はガスがかかって頂上は見えない。
登山道に向う林道は舗装もされており、しっかり整備されている。

登山口手前には、広い駐車場がある。
ここで登山準備をしている時に、大粒の雨が降り出して来て先行を心配したが、登山口に向った時には、小雨となった。

 

登山道は雪で押し倒された木々が覆い被さっていたり、木の根が露出していたりして歩きにくかった。
一合目ごとに標識があり、行程の目安となる。

 

登山道では、シラネアオイと、雨で花弁が透けているサンカヨウが見られた。

 

6合目の標識を通過して、最初の雪渓が出てくる。
ここでアイゼンを装着する。
一つ目と二つ目の雪渓は大きな問題もなく通過できた。



 

無事通過できたので一安心したが、次に大きな雪渓に遭遇する。
踏み跡が明確でないので、進む方向をナビで確かめるが、どうしても微かに残っている踏み跡を辿ってしまう。
GPSログを後から確かめると、左に寄り過ぎていた。

 

アイゼンの装着と、どうしても雪渓を慎重に歩くので、時間を浪費してしまった。
今日は最終日で飛行機の予約時間もあるため、ここで撤退を決意する。

小雨も降っており、日も射さないので雪渓は緩まない。
軽アイゼンでは歯も立たないので、しかたなかったかと思う。
位置的には6合目を過ぎているので、7〜8合目付近での撤退かと思う。
雪渓の上の方はガスで見えなかった。
前方が確認できなかったのも不安を煽った一因でもある。

下りは同じ登山道を下る。

島牧YHまで戻り、庭のテーブルで昼食を取らせて頂いた。
この付近では、午前中晴天であったそうで、山の天候との違いを実感する。



途中、苫小牧温泉『ほのか』で入浴して、新千歳空港に向う。

今回の山旅では、すべての宿の食事に大満足であった!!
食事、温泉、観光、展望すべてが山旅の楽しみである。


文・写真:サンキュー