奈良山友会 山行記録

大峰山系
釈迦ケ岳
マイクロバス山行

2015年5月30日(土)



< メンバー >
 L.miichan、SL.サンキュー、SL.キレイ、てくてく、 ヨーチャン、ミサチャン、yokko、buhiko、タンタン、
PORORI、pu-san、サカちゃん、志国、トレモロ、ウオンテッド、え みーる、チョモランマ、からさわ、
シリウス、リギ、リッキー、虎鉄、 合計22名

< コース・コースタイム >
橿原神宮前駅中央口7:00 - 9:30旭ダム新登山口10:00 -
11:00古田の森11:10 - 11:30釈迦ケ岳11:40 - 12:20深仙の宿(昼食)13:00 -
13:35古田の森13:45 - 15:05登山口15:20 - 17:50橿原神宮前駅 


橿原神宮中央口からバスにゆられ、約2時間30分で旭ダム新登山口(1,300mh)に到着です。
各自準備体操の後、釈迦ケ岳目指して出発です。

 

登り始めは少し急な斜面ですが途中道に落ちているピンクのシャクナゲの花や白ヤシオの花を見つけました。
今ちょうど白ヤシオののシーズンです、
特に釈迦ケ岳への道の白ヤシオはすばらしいので有名です。



これから先の美しい花のトンネルを思いうかべ期待に胸をおどらせます。
まもなく見通しのよい尾根道となり、弥山などの遠くの山並みまではっきりみわたせます。

 



ブナの木立とスズタケそれにバイキン草?(もしかしてバイケイ草では)が道の両側に茂る中を、
ゆるやかな起伏を繰り返して古田の森に入ります。



初めの期待をうらぎる様に白ヤシオやシャクナゲの花は、ほとんど見当たりません。
今年は裏作なのだという声も聞かれます。
道中、太陽は雲一つない空の元、真夏の様に照りつけますが、吹く風はやはり冷たく心地よくかんじられます。
千丈平のあたりまで来ると、白ヤシオの古木がそこここに見られるのですが、花を一杯つけている木はとても少なくガッカリです。



少し急な登りの後、ブロンズの釈迦如来像が立つ、釈迦ケ岳に到着です。



風が冷たく早々に出発し、急な下り坂を深仙の宿へと急ぎます。ここで昼食です。



帰りは参籠所の北側で釈迦ケ岳の道とは別の踏跡を通り、千丈平に戻り、来た道を新登山口へと進みます。

  

以上



<出発時、恒例の浮き草原稿担当のジャンケン>


<「古田の森」手前の気持ちの良い尾根道>


<「深仙の宿」を望む>


<新登山口の駐車場とトイレ>



文:ミサチャン 、写真:トレモロ、ヨーチャン、サンキュー、シリウス、てくてく