奈良山友会 山行の記録

信仰の道
高野山町石道

2015年5月16日(土)



< メンバー >
L.ころり、SL.ヨーチャン、ミサチャン、チョモランマ、miichan、ウオンテッド、
えみーる、トレモロ、タンタン、buhiko、山遊亭軟弱、リギ、キレイ

< コース・コースタイム >
九度山駅9:30 − 真田庵 − 10:10慈尊院 − 10:40展望台 − 11:30雨引山分岐 −
12:10六本杉峠(昼食)12:50 − 13:05展望台 − 13:10二ツ鳥居 − 13:25神田応其池 − 
14:20笠木峠 − 15:05矢立茶屋15:20 − 16:00紀伊細川駅


5月16日、夜中から明け方にかけてすごい雨足。
朝起きて雨音はしないがやはり雨。
止んでくれないかと思ったが、集合場所の九度山でもやっぱり雨だった。

午後には止んでくれることを祈りつつ、皆傘をさして、九度山駅を粛々と出発。
しばらく道路沿いのアスファルト道を歩くと横道を少し入ったところに真田庵がある。
真田幸村の屋敷跡に建てられたお寺だそうだが、ちらっと立ち寄り元の道に。

9時50分少し歩いた道の駅「柿の郷くどやま」でトイレ&身支度休憩、そしてジャンケン、
で簡単に負けた私はまた年度早々にレポートを書くことに‥。



10時10分慈尊院到着。



高野山町石道(ちょういしみち)とは、弘法大師が高野山を開山して以来、
信仰の道とされてきた聖地高野山への表参道である。
その道しるべとして建てられたのが町石で、高さ3メートルを超す五輪塔形の石柱が、
根本大塔を起点として慈尊院まで180基建てられている。



以上は高野山観光協会のウォーキングガイドからの引用だが、
今回は高野山町石道登山口である慈尊院百八十町から始まり、矢立の六十町までのコースを歩くことになる。
慈尊院は、その昔女人禁制だった高野に対し、女人高野とも呼ばれ、多くの女性参詣客に親しまれてきた寺である。

山行の無事を祈って参拝していく。



ここから登山道を歩く。
一町は約109mなので、大きな町石は道脇に割合に度々出てくるが、全部揃っているのかな(?)
雨ではあるが、町石が出てくる度に番号を読んだり、読めなかったり、おしゃべりをしながらの山行である。

登り坂を登ったところで10時40分展望台に到着。
展望台に上がる坂に小さくて可愛い柿の花がいっぱい落ちていた。
そういえば途中にも柿の畑が、柿の産地だったよね。
眼下に広がるのは九度山から高野口町、そしてゆったり流れる紀ノ川。



休憩。ウォンテッドさんの背中に乗ってきた、ころりL差し入れのみかんが美味しい。

出発、ピンクのつつじがところどころで咲いている。杉林に入って、登る。
11時30分百五十四町石があった。比較的新しい石なのか数字が読みやすい。
ここが雨引山分岐。



雨は霧雨になってきたが、木の枝から落ちる水滴を避けるため、百四十九町あたり、
お地蔵様があったのか、低い石の上に小銭がいっぱい乗っている石の端にザックを置いて、
帽子を出そうとしたら、賽銭を出そうとしていると勘違いされた。
賽銭は賽銭箱に入れるよ、私は。

杉林の道は霧に包まれて幻想的だ。しばらくこんな道が続く。



静かな景色の中をおしゃべりしながら歩いていく。
後方で少し離れているので会話の内容まではわからないが、今日は上品そうだ。(何を根拠に)

12時10分六本杉峠到着。少し広くなった休憩ポイント、ここで昼食。
みんな賢いね、経験者は、こんな雨で濡れる日は、折りたたみのイスを持ってきている。
私は濡れた丸太に娘の保育園のときのビニールシート。
buhiちゃんは急遽イスを買ったらしい。百均?



12時50分出発。
ここから分かれて丹生都比売神社に行く道がある。
あとから来たシニアグループはそちらに向かったが、私達は先を急ぐので本道を行く。



13時5分展望台到着、少し休憩。
13時10分すぐ横の二ツ鳥居。本当に二つの鳥居が横に並んで立っている。
謂れは、‥わからない。



13時25分神田応其池。
いきなりゴルフ場が出てきたのでびっくりしたが、ゴルフ場の横を通っていく感じ。
13番ホール、パー4、池越えで打つ場所らしい。
みいちゃんは、このくらいは軽く越えられるらしい。
池の中、玉一杯やろなぁ。

  

少し開けた田畑のある里を抜けて、又杉林に入っていく。
白い花が咲いているが名前はわからない。雨上がりで緑したたる感じ。

 



14時20分笠木峠。
そこからは下り坂、シニアグループを一つ追い抜いてどんどん下りる。
結果、予定より1時間弱早い15時5分矢立の矢立茶屋到着。



ここまでが町石道で、ここから紀伊細川駅までアスファルト道を下る。

紀伊細川駅16時到着。
残す六十番矢立から一番、檀上伽藍の根本大塔までは、10月のみさちゃんの山行で繋ぐということなので、皆さんお楽しみに!
今回行けなかった人も半分でも楽しめる筈。



今回の高野山町石道、前半は雨とぬかる道で歩く度にグチョグチョと鳴って、
靴とスパッツが泥だらけになりましたが、雨も止んで、歴史と祈りの道、楽しく歩けました。

乗換の橋本駅前の居酒屋での反省会も楽しかったです。



L.ころりさん、SL.よーちゃん、会計.みさちゃん、お疲れ様、ありがとうございました。


<ユキノシタ>

文:えみーる  写真:ころり、トレモロ、えみーる