奈良山友会 山行の記録

快晴そして絶景
蓼科山

2015年3月25日(木)〜3月26日(金)



<メンバー>
L.pike、SL.なべちゃん、ゆう、Rockン

<コース・コースタイム>
すずらん峠園地駐車場07:50 − 07:52女ノ神茶屋登山口07:53 − 09:14標高2110m標識09:15 − 
10:50蓼科山11:05 − 11:08方位盤11:45 − 11:48蓼科神社奥宮11:49 − 11:50蓼科山 − 
12:32標高2110m標識 − 13:08女ノ神茶屋登山口 − 13:13すずらん峠園地駐車場13:15


蓼科山に登れば、絶対にいい景色が見える。
天狗や赤岳から、単独峰の蓼科山を見ていると登ってみたい気持ちでいっぱいになっていた。

女乃神茶屋前の登山口からコースタイムは、登りで3時間、下りで2時間。
物足りない気もするが、行きたい気持ちに変わりはない。

25日(木)20:00に奈良を出発。
仮眠して女乃神登山口には、7:30に到着。
駐車場には平日なのに10台以上の車がとまり、蓼科山の人気の高さが窺えた。

 

準備を整えて、7:50にスタートした。
駐車場にある案内板の横から入っていく。途中でバス停からの道と合流。
緩やかな傾斜の樹林帯を進んでいく。
事前に地形図を見て、急登が続くのは解っていた。



Rockンは予習をしてきたようで、急登が3回あって、3回目がこれでもかって言うくらい続くと言っていた。
事前に地形について調べるのはとても良いこと。
今後の山行もしっかり調べて準備してくるといいよ。
なべちゃんは、コースタイムから物足りないと感じたのか、テン泊用のザックで歩荷している。
頑張るなぁ〜(*^^*)
ゆうちゃんは、ダブルストックにピッケルも準備している。
いい心がけです(^o^)b

今日はいいお天気!雲一つない快晴。
天気予報はどの時間帯もお日様マークだけになっていた。
サングラスと日焼け止めが活躍するよ〜!

緩斜面から急登に切り替わる直前でアイゼン装着。
このお天気では、帰りには雪が緩むから下山まではずすことは無いだろう。

天気予報では放射冷却で寒いとのことだったが、日差しが急登と相俟って思いの外に
暑くなってきたので、みんな早々にジャケットを脱いだ。



雪はよく締まって、アイゼンの刺さり具合が気持ちいい。
但し、一人分のトレースを少しはずせば、深い踏み抜きの跡がたくさんあった。
これだけ深いと抜け出すのに苦労するかも。
それはみんな解っていて、幸いに誰も踏み抜くことは無かった。



急坂を登りながらも、時々振り返れば、素晴らしい景色が目に飛び込んでくる…
木曽駒、空木の中央アルプス。
北岳、間ノ岳、仙丈、甲斐駒の南アルプス。
噴煙を上げている御嶽。乗鞍岳。
好天の絶景に心を踊らせながら高度を上げていく。

 
<中央アルプス方面>                             <御嶽山>

みんなで喜んで登っていく。
そうだよね〜こんなにいい景色だからね。
振り返れば、癒される風景に足を止めたり途中、2、3度の休憩を挟んだりで、
コースタイムのちょうど3時間でピークに着いた。



今日は本当に風も無く最高のお天気。
三角点で記念写真を撮って、360度に広がる名だたる山々の撮影タイム。
ピークは広い!本当に好展望の山。素晴らしい!

 

山名盤が設置してある展望台に移動した。
槍・穂高連峰から白馬、唐松、五竜、鹿島槍、爺。
立山、劔、妙高、高妻山、戸隠。
浅間山、四阿山、黒斑山。
未だ行ってない、日光、尾瀬の山々。
男体山、白根山、燧ケ岳、至仏山。
そして八ヶ岳。北横、天狗、硫黄、横岳、赤岳、阿弥陀岳、権現岳、編笠山、西岳。
さらに南アルプス〜仙丈と甲斐駒、塩見、間ノ岳、北岳。
南アルプスは未踏が多いなぁ(^_^; ちょっと遠いからなぁ〜などと言い訳してみる。

 
<赤岳・阿弥陀岳>                           <浅間山方面>

 
<乗鞍岳>                                  <妙高山方面>

 
<立山・剣岳方面>                          <槍ヶ岳・穂高連峰方面>

 
<御嶽山>                                <中央アルプス>

 
<南アルプス>                              <八ヶ岳方面>

素晴らしすぎる…!目が眩んできた、アカン、ここで眩んだらアカン!
しっかり焼き付けておこう!

最高の無風の展望台でゆっくりお昼を食べて、写真を撮りまくった。
ありがとう、蓼科山!



みんなが名残惜しい気持ちを口に出していた。
帰りたくないよね。
でも、そろそろ降りよう。
山頂の祠にお礼を言ってから下山。



慌てることも無く、写真を撮ったりしてゆっくり歩いたつもりでも、1時間20分で下山した。

 

尖石温泉「縄文の湯」(入浴料400円)で汗を流し、
手作りアイスクリームの店「ぺパン」でみんなそれぞれ2種類のアイスを食べた。
程よい甘さが美味しかった。



諏訪の造り酒屋「麗人」の酒蔵に寄り、地酒をお土産にした。

メンバーは帰宅後、それぞれ山の写真を見ながら、お土産の「麗人」 を傾け? 
楽しい思い出に浸っていたようだ。

【ゆう】
ー 沢山の美しい山々に感動し、沢山お喋りし、沢山笑った楽しい2日間でした。

【なべちゃん】
― 早速、デジカメの画像をPCにとりこんで写真を見ながら、「麗人」呑みながらにやけてます(^^)
最高の山行がまた一つ増えて嬉しい限りです。

【Rockン】
― 山頂からの素晴らしい眺め感動でした? ?うるうるでした? ほんまに良かったわ〜 *\(^o^)/*
最高の天気? ?感謝です。
なべちゃん、写真ありがとうございます《私もニヤけました》





文・写真:pike 写真:なべちゃん