奈良山友会 山行の記録

厳冬期の八ヶ岳
赤岳
行者小屋〜文三郎尾根〜地蔵尾根周回

2015年2月27日(金) 〜 2月28日(土)



<メンバー>
L.pike、なべちゃん、点の記、ウオンテッド

<コース・コースタイム>
【2月27日】 奈良6:00 − 10:50美濃戸口11:10 − 12:08赤岳山荘12:18 − 15:10行者小屋テン場

【2月28日】 行者小屋テン場07:34 − 09:15赤岳09:47 − 09:50赤岳頂上山荘09:52 − 10:10赤岳天望荘10:28 − 
10:34地蔵の頭10:42 − 11:22行者小屋12:43 − 14:19赤岳山荘 − 14:58美濃戸口


計画しては荒天等で中止(延期)していた、厳冬期の赤岳。
山行日の28日(土)は晴れだが、前後の金曜・日曜は崩れて強風の予報。
充分な注意も必要だ。

名古屋の渋滞を避けるため少しでも早く奈良を出る。
名阪、名古屋高速、中央道、混雑はなく順調に美濃戸口の八ヶ岳山荘に10:50到着した。
駐車場は一日500円。
一日分の駐車券でコーヒー一杯がサービスになっていた(コーヒーは帰りに頂いた)。
ここから美濃戸までは四駆でなくては心配なので、歩くことにした。


八ヶ岳山荘前の駐車場、準備中。


美濃戸口を出発、いい天気。


美濃戸山荘前の分岐。 南沢から行者小屋に向かって歩いて行く。

 
 結構、積もっている。


おぉ〜!見えてきた(^^)/

 
今日は、ちょっと曇っている。 でも、明日は晴れの予報。


だんだんと赤岳が、近づいてくる(^^♪


広い河原歩きを三度超えると、もうすぐ行者小屋。

  
行者小屋に到着。小屋越しの綺麗な青空。
かなり埋もれている。ユンボで除雪作業の真っ最中。


さっそく4人で整地〜テントを張って、ほっと一息。テント内で暖まって、お茶を飲む。
でも、お茶だけでは寂しいので日本酒、ビールも...、
夕食前に軽くやります▽(^.^)


金曜日なのでテン場は空いている。


夕食は、キムチ鍋。美味しかったぁ〜21時頃就寝。
夜は雪が降っていた。明日の天気が心配。
でも、朝方には満天の星空が煌めいていた(^_^)/

食担のなべちゃん、いつも美味しいメニューをありがとう。


5時に起床。
熱々の担々麺と鍋に入れた餅をお腹いっぱい食べて、ゆっくり7時半に出発予定。
慌てる必要はない。行程は長くないので。


テン場から南に進み、最初は樹林帯の文三郎尾根を登っていく。


良い景色のところでちょっと休憩。
北アルプス、乗鞍岳、御嶽山がよく見えた。


槍、穂高。大キレットがよく解る。


阿弥陀と中岳。最高の天気〜


これから登るルートをよく見ておく。
急登なので、ゆっくり楽しみながら、気をつけて登ろう。


いい感じ!主稜を登っている人の声もよく聞こえた。


稜線分岐直下。ここを登りきると風が強くなる。


阿弥陀岳


10月に登った権現の向こうは、南アルプス、北岳、甲斐駒、仙丈。


ピーク直下。アイゼンがよく効いている。


青空と雪、コントラストが良いな。


もうすぐピーク。


メンバーも快調〜。


この上がピーク。

ピーク直下の岩を巻くと、単独の人が危うくルートからそれて違う方向に降りようとしていた。
背中越しに、ピークはこっちですよねと聞くと、そうです。
その向こうから…との答え。
僕らが登ってきた方向が解ると思ったので、そっちじゃないよとは言わなかったが、
いいタイミングで登ってきて声をかけたと思った。

  
富士山が、よく見えた。

 
ピークに到着!〜いい景色〜みんなも到着。


記念撮影〜
暖かく風もないので、ピークでゆっくりできた。


横岳、硫黄岳、天狗岳〜蓼科山の向こうには後立山連峰。
槍、穂高連峰、乗鞍、御嶽、中央アルプス、南アルプス、富士山。
360度の景色を堪能した。

もっとここに居たいけど、そろそろ降りよう。
途中の赤岳展望荘で少し行動食を食べて休憩した。
風力発電の風車はカチンコチンに凍っていた。


下りは、サクサク。 振り返って、赤岳。


お地蔵さま、寒そう。「降りも安全に…」とお願いした。


横岳の手間、地蔵尾根を下りる。


横岳〜硫黄岳


西天狗、蓼科山


地蔵尾根は、稜線直下に5〜6m程度の短いナイフリッジがある。
最初の下りはアイゼンもよく効く堅い雪だったが、
降りていくほど柔らかい雪でズルズルっとなる感じだった。
短く区間だったが、片足分ちょっとくらいの幅の斜面の通過もあった。

ピークで話した人は、朝早く登りに使ったのでラッセルが必要だったとのこと。


行者小屋に降りてきた。

  
登った稜線を眺める。
さっきまで、あそこに居たんだなぁと思うと…ちょっと寂しい…。


今日は土曜日なので、テントが増えていた。

暖かいので、テントの前にシートを敷いてお茶の時間に。
ゆっくり寛いだ時間をとって、名残惜しいけれど、そろそろ出発。


さようなら、赤岳(/_;)/~~~~~~


帰り道は、土曜日ということで多くの人が登ってきているので、
トレースもしっかりできていて歩きやすかった。


今回一番滑りやすく危険だった美濃戸から美濃戸口までの道路。
アイゼンかスノースパイクがお勧め。2回、転びました。

八ヶ岳山荘で、温かいお風呂(500円)に入って、帰途についた。


文・写真:pike 写真:なべちゃん、点の記