奈良山友会 山行の記録

雪を楽しむ
堂満岳
バス山行

2015年2月22日(日)



< メンバー >
L.ウオンテッド、シリウス、なべちゃん、yokko、ゆう、SL.サンキュー、buhiko、志国、
サカちゃん、ひろりん、SL.軟弱、リギ、okugake、点の記

< コース・コースタイム >
近鉄高の原駅7:15 − イン谷口8:45 − 9:50青ガレ − 10:30金糞峠 − 11:55堂満岳 − 
12:35下山ルート上(昼食)12:55 − 13:35引き返し地点 − 14:47堂満岳 − 15:25金糞峠 − 
15:58青ガレ − 16:50イン谷口 − 17:10日帰りの湯ひらとぴあ(入浴)18:00 − 19:30近鉄高の原駅


今回の登山は、登り口標高が約300mで山頂が約1000mの雪山登山でした。
天気予報も16時頃までは降水確率も低く快調な滑り出しでした。

 

序盤の青ガレからの沢を見ながらの急登に少し緊張しながら登りました。

 

 

金糞峠を経由して、稜線も思ったより風もなく堂満岳に登頂できました。



下りのルートを選定し、少し下ったところで昼食をしたのですが、このルートが予定とは違うものでした。

 

かなりの傾斜をひたすら下っていき、堂満ルンゼの崖の一歩手前まで行くことになってしまいました。
地図とGPSを駆使して現在地を確認し、このまま進行するのは危険ということで、
来たルートを引き返す決断をしました。
勇気ある撤退でした。

 
                                              < 戻りの堂満岳 >                                                                              < 戻りの金糞峠 >                                                

堂満岳を2回も登頂するという貴重な体験もでき、イン谷口には予定より少々遅れて16:50に到着しました。



その後は、温泉で温まり、バスの中での反省会を終えて無事に解散しました。

一時はどうなるのか不安になったメンバーもいたと思いますが、
雪山登山における判断力は本当に重要だと思いました。


文:志国   写真:サンキュー、yokko、なべちゃん、シリウス