奈良山友会 山行の記録

雪山を楽しむ
箱館山
~ 雪洞訓練 ~

2015年1月17日(土)



<メンバー>
L.山の家、SL.山遊亭軟弱、なべちゃん、yokko、てくてく、サン キュー、
くぅる、buhiko、点の記、ひろりん、pike、 ゆう

<コース・コースタイム>
京都駅8:15 - 9:05近江今津駅9:15 - 
9:25箱館山スキー場駐車場9:50 - (林道) - 12:20箱館山山頂 - 
1230雪洞訓練ポイント(昼食)13:40 - (林道) - 14:50箱館山スキー場駐車場15:07 - 
近江今津駅16:10 - 16:57京都駅


雪洞訓練はどんな一日になるのだろう。
現地のお天気はどうかな?
期待に胸ふくらませ京都駅から湖西線に乗車。
車窓からは雄大な琵琶湖が見えてちょっとした旅行気分。

近江今津駅からスキー場行きのバスは満員で乗車出来ず、タクシー3台に分乗して向かうことになった。
スキー場バス停の待合室で装備を整え、粉雪舞う中をいざ!出発!

 

雪道をアイゼンは付けずに進む。
膝まで埋まりながらラッセルを皆で交代しながら進んでいく。
自身はほんの少ししか進めなかった。
先頭の大変さを始めて知った。

 

隣接のスキー場からは軽快な音楽が聞こえてきた。別世界~
2時間30分かけて1等三角点に到着。

 



下見に来られた時は、いい天気で山頂からは伊吹山まで見えたそうだ。
今日は残念ながら眺望は望めないけど、ここに立てた事はとても嬉しい。



山頂を踏んだ後、少し下って雪洞作り。
3チームに分かれて、竪穴式・横穴式の作り方を教わる。
スコップで雪を積み重ねるとレンガの壁のようになるんだ。
そして薄いけれどツェルトの風を防ぐ効果は絶大。

 

 

寒い中手際よく作業を進めるメンバーさん達とは正反対に、私は立ったまま何ひとつ出来なかった。
情けなや~
昼食後、皆そろって元気に下山。



降雪の中を歩くこと、ピッケルの使い方、ラッセルがとても大変なこと、
雪の中へ「ズボッ」と足がはまると抜け出すのにすごく力がいること(でも何だか笑ってしまう)、
ツェルトの重要性、いろんな事を知った一日になった。
来て良かった。

皆で一緒だったから、楽しい気持ちでやり遂げられるんだな。
苦しいことも、楽しいことも、そして山が好きってことも・・みんなで共有できるっていいな。


文:ゆう   写真:くぅる・pike・サンキュー