奈良山友会 山行の記録

 紅葉の里山めぐり 
鳥見山・外鎌山・巻向山・初瀬山

2014年11月16日(日) 晴れ



< メンバー >
L.ha-min、キレイ、サンキュー、ウォンテッド、悠山、buhiko、みい

< コース・コースタイム >
桜井駅南口9:00 − 9:20等彌神社(とみじんじゃ) − 9:50鳥見山(とみやま) − 10:20忍阪交差点 −
11:05外鎌山(とかまやま) − 11:30朝倉台住宅 − 11:55巻向山登山口(朝倉小学校横) −
12:40奥不動寺 − 12:50白山(昼食)13:20 − 13:40ダンノダイラ − 14:05巻向山 −
14:50初瀬山分岐 − 15:00初瀬山 − 15:40長谷寺 − 16:15長谷寺駅


今日は好天、いい山日和になりそう。
桜井駅には談山神社行きのハイカーが大勢。
恒例ジャンケンで栄えある栄誉に輝いた私は、慌ててメモの用意。
9時ジャストに桜井駅を元気に出発。



等彌神社は談山神社に向かうバスルート沿いにあり、間口が狭く車で通っても気が付かず通り過ぎてしまいそう。
ところがこの神社、奥行きが広く、なかなかの風格。
オシャレな寄せ植え・キレイな紅葉・池に映るさかさ紅葉を楽しめた。

 

神社の奥から登山道に入る。
あちらこちらにベンチが設置され道標も多く、歩きやすくてお散歩に持ってこいのいい感じ。
標高245mの鳥見山に到着。
とみやまと読むらしい。
そういえば神社の名前も、とみ神社。

 

本日は長距離&日が短いので我々は休憩もそこそこにひたすら次の山頂を目指す。
次なるお山は朝倉台住宅の中にある外鎌山。

鳥見山を東に下る。
桜井市忍阪ののどかな集落を経て、
舒明天皇陵・鏡女王墓・大伴皇女墓と次々に歴史を偲ばせる古墳を眺めながらの贅沢なハイキング。
いつの時代のお墓?舒明天皇って?うーん、よくわからんけど大昔。
古〜い人、などと適当な事を言いあいながら歩く。



舒明天皇陵は日本初の八角墳・鏡女王はもと中大兄皇子の妃で、のちに藤原鎌足の正室になられた、らしい。 すごい!
大伴皇女は推古天皇の妹だそうで、歴史好きの方はこの辺りの散策お勧めです。
外鎌山は300m足らずの山だけど、なかなか登りごたえがある。

山頂は展望がよく、大和三山・二上山・葛城山・大和の盆地が一望できる。
先ほど登った鳥見山もよく見える。
お天気いいし最高な景色を楽しみながらしばし休憩。





朝倉台住宅に下山し、お昼から用があるというウォンテッドさんとは残念ながらここでお別れ。
お見送りいただき先を急ぐ。



住宅街を抜けて交通量の多い国道を命がけで横切り、桜井市黒崎の集落、朝倉小学校横から北へ巻向山を目指す。
buhikoさんはha-minリーダーとお喋りしながら楽々と急登をこなしている。
いつも元気で健脚なキレイさんは、いつになくまじめに読図に没頭していたためか疲れてヘロヘロになってきた。

私は先輩諸氏の迷惑にならぬようひたすら頑張る。
悠山さんもサンキューさんもさすが!、余裕でラストを歩いてらっしゃる。

奥不動寺から白山に到着し、やっとお昼にありつける。
屯鶴峯のミニ版のような砂礫の白い山。
真っ青な空、暖かい日差しの下での食事はとてもおいしい。
ここで差し入れデザートまでいただいて、満腹・満足。
山に登ると太ってしまう。



食事で元気が戻った我々は、先ほどパスしそうになったダンノダイラへも予定通り向かうことに。



その昔、出雲族が暮らしていたという、磐座があるパワースポット。
全員で大岩をナデナデしてパワーをもらう。
このメンバー、まだこれ以上パワーが欲しいというのか!私は心の中だけで思うのであった。

 

さあ、あと一頑張で巻向山。体感傾斜60度。
急登すぎる。
足つりそう(あとで攣る)。
コンクリート舗装の林道に出て更に登る。

巻向山(567m)、展望はなし、三角点あり。
本日初めて6名ほどのパーティーと出会う。
マイナールートを選りすぐった山行のためか、そういえばここまで誰とも遭わなかった。

 

尚もチャレンジは続く。
本日最後の山、初瀬山(548m)。
ここも展望はない。
ここで男性2人と出会う。
物好きな方はいらっしゃるものだ!



先ほどから何やら足の違和感があった私は、ここに来てこむらがえる!
でも強ーい味方の芍薬甘草湯は即効、必携です。

長いルートもあとは下山のみ。
足が攣った私を気遣って2番手に交代、ゆっくりと下っていただきました。
やさしいメンバー(^o^)。
おかげさまで最後まで歩けました。

近くにこんないい山がたくさん。
低山とはいえ充実感あったな〜。
長谷寺の紅葉も美しく、最後にこれでもかと駅への急登というオマケまで付いて。

 

お天気に恵まれ、歴史に親しみ(?)、4座を制覇し、お喋りして笑って、楽しい一日をありがとうございました。


文:みい  写真:ha-min・サンキュー・みい