奈良山友会 山行の記録

個人山行
西穂高岳~奥穂高岳
ジャンダルム

2014年10月9日(木)~12日(日)



< メンバー >
L.T君、点の記 2名

< コース・コースタイム >
   10/9(木) 伊賀上野発19:30 - 沢渡駐車場24:30 車中泊

10/10(金) 沢渡駐車場6:30 - 帝国ホテル前7:20 - 西穂山荘11:10 泊 

10/11(土) 西穂山荘4:45 - 独標6:00 - 西穂高岳7:25 - 間ノ岳8:10 - 天狗岳9:25 - 
ジャンダルム11:45 -奥穂高岳13:20 - 穂高岳山荘14:40 泊

10/12(日) 穂高岳山荘6:15 - 涸沢小屋8:00 - 横尾11:20 - 徳沢園12:30 -   
上高地バスターミナル14:35 - 入浴・食事 - 23:00奈良着


10/9(木)
  春先にT君と、夏に決行する予定で計画してはいたものの、仕事の関係で伸び伸びになってしまい、
遂には涸沢の紅葉の最盛期も過ぎたこの時期となってしまった。 

一週間前の初雪の情報が気になりながら、台風19号に追われるように出発した。
私の力量では、このコースに少しでも雪が付くと厳しく、降雨によるスリップも気になるところで、まさに今シーズンのラストチャンスだ。
仕事終わりにそのまま着替えて、一路沢渡駐車場を目指す。
 
車中にて少しでも現地で峰が白ければ諦めようとの話し合いのもと就寝。


10/10(金) 
沢渡から上高地には乗り合いタクシーにて到着(バスよりお安い)。



田代橋から穂高連峰を望むと、どこも白い雪は無く天気も秋晴れで、なんとなくこの先の山行に期待が膨らむ。

帝国ホテルの横を通り過ぎる感じでひたすら西穂山荘に向かって樹林帯を登る。
ほどなく西穂山荘に到着。 

さすがにT君も7年ぶりの山行の為、少々お疲れ気味に加え、ストック持参という現実に私は困惑した・・・
10年前にテントを担いで冬山に2人で出かけた時とのギャップが信じられない。 
やはり普段登ってないと、脚力って落ちるものなのかなぁ~とあらためて感じた。

西穂山荘到着後、お決まりのように即行おでんで一杯♪
明日も良い天気かなぁ~?・・・台風も気になる




10/11(土) 
西穂山荘を暗いうちに出発。 
期待と不安が入り混じりながら独標で御来光を拝む。



 ピラミッドピークを越え西穂高岳に到着。 
西穂高岳山頂までは大勢の登山者に会った。 
ここから先を望むと、先のピークに先行者2名が見えるだけで、山容も明らかに別物!
ここであらためて気合いを入れなおす。 



T君が私に、『将来いつか北鎌尾根に行こうという考えはありますか? 
もしそうならこのコースの数少ない鎖とマークが全く無いのを想像してもらえば感じが掴めますよ』 
という事で今回は鎖を触らずに踏破してみようと決心・・・
でも実際は奥穂までに私は2回鎖を触ってしまいました・・・
T君は一度も鎖に触れもせず踏破、さすが!! ($・・)

先週、今回の計画を立てている時点で、このコース3回目のT君が、
『僕が7年ぶりの登山なので、奥穂高岳まで到達できるか自信がありません。 
よってビバークの可能性も考えてツエルト・シュラフ・銀マット・ガスコンロを持参しましょう。 
それと、1週間前稜線に初雪がありましたので、念の為ピッケルとアイゼンも持って行きましょう』という事になり、
45?のザックが膨れ上がった・・・  もう殆ど冬の装備だ!・・・
初めてストックを買い、もしもの事を想定するT君の慎重さに改めて敬服する・・・と言いながら、
T君!なぁ~!ヘルメットを忘れてきたのはどういうこと?



暗いうちからの行動と連続する緊張とで、登っては休憩下っては休憩の繰り返しで、いっこうに距離が稼げない。 
頑張って間ノ岳と逆層スラブを通過し天狗岳にやっと到着するも、ふり向けば西穂高岳がすぐそこに見える・・・
これだけ頑張ってたったこれだけか!!疲れ倍増。



そこから天狗のコルへ慎重に下り、避難小屋跡付近でお互い疲れていた為か、
水分補給の後、気付けば互いに昼寝タイムに突入・・・気持良すぎ♪

この時点で西穂高岳を超えてから使い始めた新品の革軍手の指先がすでにボロボロ。 
鎖に頼らずクラックに手を突っ込んできた結果か。
でも素手に敵うホールドはもしかしたら無いのかもしれない。



天狗のコルからは、コブ尾根の頭へひたすら登り、そして下れば目の前にジャンダルムが現れる。 
信州側に切れ落ちている箇所も、つま先でしっかり確保して慎重にトラバースして回り込む。



ジャンダルムを過ぎれば、残すはロバの耳と馬ノ背だけだ。
奥穂高岳の山頂も近くなりもう少し。 
しかしロバの耳を超えると、最後の最後に嫌になる程の下りが見え、その先に当然ながら嫌になる程の上りが・・・
精神的に辛い!!
そしていよいよ馬ノ背を超えれば奥穂高岳山頂だ。 
馬ノ背も風さえ無ければ問題無く通過できる。



遂に奥穂高岳!!ヤッター♪♪最高の充実感にひたり、またまた頂上直下で2人は昼寝をむさぼる。
とにかく疲れた!!



後は小屋に下り浴びるほどのアルコール摂取タイム♪♪


10/12(日)
当初の計画では槍ヶ岳までの縦走予定でしたが、台風には勝てず翌日はザイテングラードを一気に下り一路奈良へ・・・
台風が来なくても槍への体力と気力は無かったのかも($・・)

最後にT君有難うございました。
次回は北鎌尾根を御一緒下さい。
それまでに身体を鍛えてパワーアップしておきますので♪


文・写真 : 点の記