奈良山友会 山行の記録

依頼山行
額井岳

2014年10月4日(土)



< メンバー >
L.悠山、ウオンテッド、志国、Teo、buhiko  5名

< コース・コースタイム >
    近鉄榛原駅バス9:11 − 9:20天満台東2丁目 − 9:50十八神社10:00 − 10:25分岐点10:30 − 
10:40額井岳11:00 − 11:40峠11:45 − 11:55戒場山12:30 − 12:50戒場寺13:00 − 13:35山部赤人の墓13:40 − 
天満台東3丁目バス13:59 − 14:04長峰公民館 − 14:20みはる温泉


 10月初めは秋の始まりで、山友会のメンバーも沢山の山行予定をこなすのに忙しく、
当初の参加者は3名のみであったが、前日にドタ参加者があり、5名で実施。
当日の天気は晴れ、前日は雨曇り、翌日は超大型台風18号が来る前のラッキーな一日となった。

近鉄榛原駅からは天満台東3丁目行のバスに乗車、天満台東2丁目で下車。
住宅地を少し戻り、トリムコースの看板を右折し、団地のはずれで額井公民館に向かって右の町道へ入る。 

目標の額井岳を正面に見て、その麓にある赤い鳥居のある十八(いそは)神社が見える。
十八神社までは広い道だが急な登りの続く道、背後は榛原の町が眼下に望める。 

涼しいはずの気温なんだが、じっとりと背中には汗が出てきた。
 十八神社の前には軽自動車、トラックと沢山の人がいる。
何事かと聞くと今日は神社周囲の草刈りの日との事であった。



 鳥居の前を左にとり、山道へ入る東海自然歩道を少し行って林道に出る。
左折しさらに30m程度で案内板のある広い道を右へ。
さらに分岐で左の細道を選んだ。
山腹を登り峠に着く。
標識にはまっすぐは都祁方面とさしていた。
そこを右へ登り額井岳812mに到着。
山頂には水神を祀る小さな祠がある。

 

 額井岳山頂からは大峰、吉野等の山々望まれるらしいが木が茂り見晴らしは良くない。
20分程度休憩をとり、戒場山を目指す。

下山路は雨でなくて良かったが、かなりの急坂である。 
細道をたどり無線反射板を右手にとり、下りきったところで峠につく。
これから戒場山山頂までは雑木林の静かな山道である。


 
 戒場山山頂から南下して20分ほどで戒長寺の裏から境内に入った。
石段を下ると、下には立派なトイレがあった。
そこを右折し再び東海自然歩道に出る。
歩道を30分、山部赤人の墓へ。
墓から山道を下り、間もなく出発地の天満台団地に入る。

 

 山道に入ってからは、土曜日にかかわらず、誰にも会わずでした。

既に刈り取られた田圃。
小川沿いなので、赤とんぼ、バッタ、カマキリ、大きな蜘蛛と戯れる秋の里山でした。

 




文:悠山  写真:teo、悠山