奈良山友会 山行の記録

剣岳の展望と高山植物の縦走路
大日三山
奥大日岳・中大日岳・大日岳

2014年8月29日(金)(21:00バスで出発)〜31日(日)



< メンバー >
 L.チョモランマ、SL.buhiko、SL.yokko,  ころり、てくてく、どろんこ、
 山遊亭軟弱、シリウス、Teo、サンキュー、okugake、センチコガネ、えみーる
 点の記、おくちゃん、サカちゃん、山寺  17名

< コース・コースタイム >
 30日(土)  室堂ターミナル7:50発 − ミクリガ池 − 雷鳥平 − 8:35新室堂乗越 − 9:10室堂乗越 − 
11:05奥大日岳(昼食)11:30 − 12:55七福園 − 13:30中大日岳 − 13:50大日小屋14:00 − 
14:15大日岳 − 14:45大日小屋(泊)

 31日(日)  大日小屋6:00発 − 8:10大日平山荘8:55 − 9:55牛の首 − 10:15猿が馬場 − 
11:15登山道入り口  − 11:40称名滝 − 12:10バス駐車場


30日(土) 
 山行2日とも数日前まで現地晴れマークがついていたが、直前に全面雨マークに変る。
今年の夏は天候異変が激しい。
雨中山行を覚悟して、雨具全装備で出かける。

室堂ターミナルへ向かうバス道でも、雲が垂れ込めガスが全面にかかっている。
ところがである。
バスがターミナルに着く直前、奇跡的と思われるほど、雲、ガスが取れて青空が広がっている。
ほとんど晴れ。



室堂前では、雄大な立山の山々が迫ってくる。
17名、ルンルン気分で出発。

 

雄山を背景にして、あくまで青い「みくりが池」の朝の陽ざしが眩しい。



「地獄谷」を経由して「雷鳥平」まで下り、浄土沢にかかる橋を渡り「新室堂乗越」へ。



T字路を左へ「奥大日岳」に向かう。
「地獄谷」と「室堂平」を左に眺望する青空の稜線歩き。
ただ遠くの山の頂付近は、雲がかかっている。

「室堂乗越」を越えると雲間からいよいよ「剣岳」が見えてくる。
名にし負う迫力ある山容だが、7割方雲がかかっており全容は望めない。
これからいたるところで「剣岳」を目にするが、2日間ともその全容を見ることは、残念ながらできなかった。
唯一、心残りであった。



急な上り下りを繰り返し、小さな池塘を越えて稜線を登ると「奥大日岳」(2605.9m)頂上。



太陽が出て全体的な展望は素晴らしかったが、遠くの峰々には雲がかかっている。
あまり広くない岩場に腰を下ろし、昼食。
30分弱して出発。



ここから高感度のある滑りやすい岩場の長いハシゴを伴っての急下降、急登が続き、ハイマツと大きな岩の点在する「七福園」に着く。 
広大な日本庭園のようなちょっと珍しい風情のある景観であった。

 

ここから「中大日岳」を越えると30分程で「大日小屋」に到着。

 

 

明日の天気予報が良くないので、すぐに先到着組と後到着組とに別れて、往復30分の「大日岳」に登る。
時折うっすらと晴れるガスで、展望はきかない。
頂上に「大日如来」を収める小さな祠が建っていて、熱心に礼拝する一団がいた。



 
 
大日山小屋は混んでいたが、17名が泊まれる個室が用意されラッキーであった。



小屋の前でビールで小宴会。
雲が切れて陽が照りだし、周りの峰もくっきり見え心地よいひと時。
盛り上がる。



特に宿からもらった宿泊領収書のあて名が、チョモランマ リーダーの漢字が「増毛様」となっているのがわかり(部外者の方々には ? )、
山友会歴史に残るジョークと大賑わい。
本人は多少照れてはいたが軽く受け流し、さすが「大人(タイジン)」と印象的であった。

夕食後、宿の従業員のオーストラリア原住民の民族管楽器とギターの演奏があり、心静かに(?)8:30に就寝。

 




31日(日)
夜半に激しく降っていた雨は明け方に止むが、霧が一杯。
AM6:00に出発。



本日目的地の「称名滝」まで標高差1452mの下りである。
すぐに段差の大きい石ころの急傾斜。
次第に晴れてきて、青空が見えてくる。

 

水場に出て、渡渉を何度か繰り返し木道のかかる「大日平」に出る。
池塘が点在する広大な湿原の木道をたどると「大日平山荘」に着く。



小休憩後出発。
木道が切れると牛の首尾根の急降下。

 

大変滑りやすい。
ハシゴやロープがいくつも用意されている。

急傾斜の岩が続く「猿が馬場」を過ぎて下り続け、車道の「大日岳登山口」に到着。
ヤレヤレの気分。



急傾斜に思わず滑って転んだ人も結構いたようである。
車道にリュックをおいて、日本一の落差350mの「称名滝」を見学後、最終目的地「称名滝探勝バス発着場」に到着。



結局2日とも雨に会わなかった。
「剣岳」の全容姿は見られなかったが、変化に富んだ印象に残る縦走山行であった。
私は急傾斜で左膝に違和感を覚え、最後バテてご迷惑をおかけしました。リーダーはじめ皆さま有難うございました。

 

 文:山寺  写真:シリウス・サカちゃん・yokko・サンキュー