奈良山友会 山行の記録

穂高テント泊縦走
北穂高岳〜奥穂高岳〜前穂高岳

2014年7月31日(木)〜8月3日(日)



< メンバー >
なべちゃん

< コース・コースタイム >
8/1(金)  5:20上高地5:45 − 6:40明神館6:45 − 7:30徳澤7:45 − 8:45横尾 − 
9:55本谷橋10:05 − 12:00涸沢ヒュッテテン泊

8/2(土)  3:30起床涸沢ヒュッテ4:45 − 7:45北穂涸沢分岐7:50 − 8:05北穂・北穂小屋8:15 − 
8:25北穂涸沢分岐 − 9:35最低コル9:40 − 10:35涸沢岳 − 10:45穂高岳山荘テン泊

8/3(日)  3:30起床穂高岳山荘4:35 − 5:35奥穂高岳 − 7:05紀美子平 − 7:40前穂高岳 − 8:10紀美子平 − 
10:00岳沢小屋10:10 − 11:05 風穴11:10 − 11:50河童橋 − アルペンホテル入浴 − 上高地BT(昼食) − 
高速バス14:20 == 21:30大阪梅田


7/31(木) 
阪急高速バス新大阪ターミナル 23:09発上高地行。



バスはほぼ満席。
初めての高速バスでの上高地。
すぐに軽く一杯やって、就寝。


8/1(金)
< コース・コースタイム >
  5:20上高地5:45 − 6:40明神館6:45 − 7:30徳澤7:45 − 8:45横尾 − 
9:55本谷橋10:05 − 12:00涸沢ヒュッテテン泊

5時過ぎ、上高地着。



登山届提出、朝食、身支度をすませ、出発。
徳澤辺りまでは、ハイキングコースなのだが、重いザックがじわじわと肩に食い込む。
我慢して歩く。



本谷橋をすぎたら大きな石がゴロゴロの登り。
座りやすい岩をみつけて、ザックを少し浮かせて休憩。
それを繰り返しながら、進んでいく。

 

涼しげな沢と大きな雪渓が現れた。



もう少しでテン場だ。
でもここからが、きつ〜い。
皆しんどそう。
生ビールを頭に描いて重い足取りで・・涸沢ヒュッテ到着!!



すぐにいい感じのテン場に設営。
『生ビール800円』 テラスでかんぱ〜い!!最高です。



ここまでの道中を前後して来た2人組のテン泊男性にお誘いを受けて、テン場でプチ宴会。
山の話で楽しいひと時。

夕刻一人でヒュッテ周辺をカメラを持って散策。
たくさん写真をとった。

晩御飯はオイルサーディンとフランスパンにワイン。
私のテント周りには高校の山岳部のテントが数張。
みんなかわいくて、山を楽しんでるのが伝わってくる。
20時頃には眠りについた。


8/2(土)
< コース・コースタイム >
  3:30起床涸沢ヒュッテ4:45 − 7:45北穂涸沢分岐7:50 − 8:05北穂・北穂小屋8:15 − 
8:25北穂涸沢分岐 − 9:35最低コル9:40 − 10:35涸沢岳 − 10:45穂高岳山荘テン泊

3:30起床。
満天の星空。
お昼までに穂高岳山荘テン場に着けるよう早出する。
草花の生い茂るなだらかな登りから岩クズとハイマツのガレた道に。
いくつかの鎖場を通過する。

 

今日も重い足取りで少し登っては立ち休憩を繰り返しながら北穂涸沢分岐に。
ザックをデポして、北穂高岳に向かう。
北穂高小屋からの絶景をしばらく楽しんで分岐に戻る。





涸沢岳への道は急峻で、とてもきつい。
(この山行で一番きつかった)

 

鎖が横に縦につけられ、ハシゴも連続する岩場をようやく終えると、涸沢岳山頂が目の前にあった。
『やっとついたぁ』  もうヘロヘロだ。

 

そこからすぐに穂高岳山荘で、テント設営。



受付を済ませ、缶ビールを買って、前の広いテラスで、乾杯!!
がんばったがんばった!!

 

午後からは約束したかの様にガス、にわか雨が。



マイテントで昼ごはんのラーメンを食べながら、明日の事を考える。
夜までたっぷり時間がある。

この2日共天気のパターンは同じで午後は崩れて、夕方〜夜にかけて風が吹き始め、ガスが流れて満天の星空(流れ星もみた)。
そして美しい夜明け。

そんな天気の移り変わりとともに刻々と変化していく山々をずっと眺めていられる自分はなんて幸せなのだろう。


8/3(日)
< コース・コースタイム >
  3:30起床穂高岳山荘4:35 − 5:35奥穂高岳 − 7:05紀美子平 − 7:40前穂高岳 − 8:10紀美子平 − 
10:00岳沢小屋10:10 − 11:05 風穴11:10 − 11:50河童橋 − アルペンホテル入浴 − 上高地BT(昼食) − 
高速バス14:20 == 21:30大阪梅田

上高地までの長い道のりが始まる。
日の出少し前から奥穂高岳に登り始める。
朝一番の急登は眠気が吹っ飛ぶ。



途中でご来光を迎える。
素晴らし景色だ。

 

奥穂山頂は狭くて人でごった返してるのでさっさと写真を撮って通過。



ジャンダルムへと向かう若者たちが、『やっべぇ〜』を連発しながら半分楽しんでいるように馬の背を歩いて行く。



前穂への道は長い。

 

鎖場で何度も渋滞して、ようやく紀美子平に着く。
ザックをデポして、前穂高岳山頂へ。

やはり足が疲れてるせいか、一気に行けない。
休み休みしながら頂上到着。



あいにくのガスでくっきりとは見えないので、そそくさと降りた。
重太郎新道は激下りで(登りにつかいたくない)慎重に下った。



右足の親指の爪が痛い。
岳沢への樹林帯、上高地への森の中、もうすっかり山の下になってしまった。
上高地アルペンホテルの日帰り入浴で汗を流し、このBTの食堂でとんかつ定食を食べて高速バスで帰途についた。


文・写真 : なべちゃん