奈良山友会 山行の記録

夏山小屋泊
木曾御嶽山
3067m

2014年7月26日(土)~27日(日)



< メンバー >
L.yokko、SL.山の家、SL.点の記、SL.キレイ、okugake、シリウス、ふーよん、えみーる、リギ、サンキュー、
Teo、buhiko、ウオンテッド、サカちゃん、ゆう、ha-min、おくちゃん、チョモランマ、miichan、みい、RINRIN (21名 3グループ)

< コース・コースタイム(各グループにより大きく異なる) >
1日目(7/26) : 濁河沢温泉口(1800m)13:50 - 湯の花峠 - 15:25のぞき岩 - 18:15五の池小屋
    2日目(7/27) : 五の池小屋6:45 - 7:15摩利支天乗越え - サイの河原避難小屋 - 二の池本館 - 
9:10剣が峰 - 9:45王滝頂上 - 12:00田の原駐車場


1日目(7/26)
当日早朝に天理駅に集合し皆で元気良く出発。
車中は其々の山への思いを談笑しながら登山口に到着。

前夜発で走る車中と違って道路は混んでいて時間が掛りました。
バスに揺られてチョット疲れました。
「もうこれで小屋に入って一杯やったら充分やで」って冗談も出るくらいでした。
でも私的には明るい内に走る車中は気分が良い!。

13:00時過ぎに登山口に到着しやっとこれから登ります。



今年初めての「夏山アルプス3000」にウキウキしています。
温泉口より階段状の良く踏まれた登山道を一歩一歩高みに向かって登り始めました。



時間的に多くの下山者と行きかう。
中には好天を幸いに反対側より登り頂上を踏んで一気に本日中に下山している兵登山者(10時間以上の歩行)も居ました。

天気は快晴です。
無風!!
這松の心地好い香りがたまらない。



我々も3時間ほど登って振り返ると登山口が遥か眼下に成っており爽快だ!
本日の宿に成る五の池小屋が視界に入ってきた。
穏やかな天気に心に余裕が出てきて森林限界から更にゆっくりと登っていく。



初夏のアルプスは残雪と這松と岩稜の三色が鮮やかに入り混じって美しい限りだ。
仰げば真っ青な空!



4時間ほどで小屋に付いて受付も終わり、荷物を本日の寝床に置いて、「さー一杯」と小屋前に集合。

 



でも寒くて(小屋内ではストーブを炊いていた)早々に引き揚げた。
寝床で賑やかに再開。

楽しみの夕食に成り「さすが小屋泊まり」と感謝して美味しくたいらげた(普段はテント泊が多いので)。

 

この当たりから天気が怪しくなってきたようだ。


2日目(7/27)
翌日は早朝の日の出も見られず、朝から風強く、小雨交じりの中を出発。



今朝は頂上を踏んで駐車場に下山する予定。
バスが待っています。

頂上付近で雨強く、雨具を下も履く様になる。
少しは緩む雨の中、剣が峰等を経由して頂上の裏側へ。
社で記念撮影をして早々に下山に入る。



駐車場からの登り登山客は雨の中でもとても多い。
軽装な登山者が多いのがこの山の特徴だ。
信仰登山と駐車場が近い事が理由かも。

いよいよ下に駐車場が見えてくると森林限界に入り木立が大きくなって来て雨風は少しでもかわせる様になる。
でも雨は次第に強く成って来て一番嫌な登山に成ってきた。
「やっぱり山は天気次第やなー」って改めて思い知らされる。
何やかんやで駐車場に到着。

全体に長く伸びたメンバーの列の最後尾を待つ為に雨中に立ってくれていたリーダー等の皆さん有難うございました。

後は温泉に直行し、帰りの車中は恒例の宴会です。
二日間の山中の話で盛り上がり、明日からの山の話で盛り上がり、天理で解散でした。
有難うございました。

 


文:山の家  写真:シリウス・サンキュー・サカちゃん・yokko・点の記