奈良山友会 山行の記録

双門の滝コース
弥山川遡行
熊渡〜双門の滝〜狼平〜金引橋分岐〜熊渡

2014年7月18日(金)



< メンバー >
L.pike、SL.サンキュー、yokko、buhiko、なべちゃん、okugake

< コース・コースタイム >
大淀道の駅5:00 − 5:45熊渡6:00 − 6:30分岐 − 7:00釜滝 − 8:20吊り橋8:35 − 10:00テラス(双門の滝)10:20 − 
12:04河原小屋跡 − 12:20(昼食)12:50 − 14:40狼平15:00 − 16:10金引橋分岐 − 17:45熊渡


前日泊ではなく、当日早朝、大淀道の駅に予定時刻に集合しました。
寝不足気味の人が多いようですが元気に熊渡に出発しました。
熊渡では、先着の車は珍しく一台もなく貸しきり状態です。
時間がかかることが予想されるので、支度を早々に済ませて、6時に出発しました。



カナビキコースとの分岐を双門コースに向けて歩きます。



すぐに白河八丁になり、約30分程度歩いて 釜滝に到着です。



川のブルーが綺麗です。
滝に向かって左側から、登っていきます。
しばらくすると、無事故を祈るプレートがあります。



全員安全を願って先を進みます。

綺麗な弥山川の渡渉を繰り返し、吊橋(一の滝,二の滝)を目指します。



岩を登って頑張っています。
全員無事にクリアです。
まだまだ序の口ですが皆元気です。

 
  
吊橋(一の滝二の滝)に到着です。

 
  
いよいよ本格的な 鉄梯子の連続です。
皆さん、結構余裕で登って行きます。
写真では高度感がイマイチ分かりにくいですが、結構怖いと思うのですが・・・



 
  
途中で、景色をパチリ、大峰の山並みが綺麗です。



ハシゴやロープの連続で、「双門の滝」はまだかな〜とうんざりしたところでテラスにでました。
非常に感動的な滝や崖です。




少し休憩をして、コースの後半、狼平に向けて出発です。
ここも鉄ハシゴとロープ、渡渉が多くあり、寝不足もどこかに吹き飛んでいます。
暑くて水をどんどん飲んでも汗ですぐに水不足になります。
この時期、水は多めに持っていく必要があります。

 


  
河原小屋跡を少し過ぎた弥山川で昼食タイムにしました。
元気になったところで狼平にむけて出発〜〜
赤テープを探しながら、弥山川を左に右に遡行します。

 

だいぶ疲れたところでいよいよ最後のアトラクション「鬼梯子」「空中回廊」に来ました。
鬼梯子では、梯子の下が少し揺れるので支えています。



 
   
すぐに、「空中回廊」になります。こちらは皆さん余裕で渡っています。

  
  
崖に、鎖が張ってあり、それを掴んでいれば大丈夫そうです。

ここを過ぎて15分ほど弥山川を遡行すると、狼平に到着です。 

 

2時45分頃到着です。
しばらく休息してカナビキコースで熊渡に出発しました。
ここからは、普通の(?)登山道ですので気が楽です。
でも時間がかかります。
実際休憩も入れて3時間かかりました。

途中「ナベの耳」の場所確定をしました。
スマホの無料ソフト「YamaNavi」を初めて試してみました。
現在地がピッタリでした。
節電に注意すれば現在地確定に使えそうです。



途中の雰囲気の良い場所をパチリ。
名前が無いので「天女の舞」も近くにあるので、勝手に「天狗の舞」と命名しようと、冗談言いながら楽しく歩いていました。



金引橋分岐には、立派な看板があり助かります。



金引橋までは、単調な下りです。
金引橋からも、出発した熊渡まで林道を約30分歩いて、全員無事に到着しました。



時間がかかるので「朝早くの出発」と十分な「水分補給」が必要なコースです。
「シュリンゲ」でお助けロープが必要な場所もありました。
「ハーネス」や「簡易ハーネス」を用意しておく必要があります。

岩場が多いので、少し転んでも打ちどころが悪いと大変なことになるので「ヘルメット」もあれば良いと思いました。
実際に川を横切るときに転んで水に浸かるのは別にいいのですが、岩で頭を打つと不測の事態が起こる可能性もあります。
雨天時や水量の多い時は中止のほうが良いと思いました。

コースの経験ありが3人、初めての人が3人この程度のバランスが必要です。
コースも結構間違いやすいところもありました。
私(okugake)は、同じコースを今年3回目なのですが、やはり迷いました。
山は難しいですね。
しかし、大きな道間違いもなく全員無事に到着し、時間を見るとほぼ朝6時出発し、夕方6時到着という12時間の山行でした。

全員2L以上の水を飲みながら、体重が2kg以上は減っているというハードなダイエット山行でした。
帰りは、「天ノ川温泉」で疲れをいやし、ノンアルコールで乾杯して解散しました。
リーダーのpikeさん、サブリーダーのサンキューさん、いろいろありがとうございました。


文:okugake  写真:okugake・サンキュー