奈良山友会 山行の記録

教育山行
ロープワーク
王寺駅周辺・菩提キャンプ場

2014年6月28日(土)



< メンバー >
L.スノーマン、SL.buhiko、
三遊亭軟弱(講師)、山の家(講師)、点の記(講師)、
悠山、チョモランマ、Teo、ウオンテッド、サカちゃん、飛び魚、okugake、志国、からさわ、ゆう、スノーマンの友人


 当初、笠置駅周辺でロープワークの練習を行う予定であったが、降水確率30%を超えていたため、王寺駅周辺で実施することになった。
 ロープワークの練習は次回の前鬼川の沢山行参加予定者と基礎講習グループに分かれて練習を行った。

 朝の集合場所を王寺駅改札前9時に集合としたが、急な変更のため全員が間違わずに集まれるかドキドキであった。 
しかし、無事に全員が改札前で顔をあわせることができた。
 天気は曇りではあったが王寺駅近くの河原の「出会橋」の下で講習が始まった。

    

 基礎講習の参加者6名の講師は、山の家さんと三遊亭軟弱さんの2人が担当。
事前に参加者に送られてきた「ロープの結び方」のテキストをもとに、
「8の字結び」、「ダブルフィッシャーマン」、「簡易ハーネス」や「ブルージック結び」などを教わった。

 

 沢山行参加者予定者の7名は、点の記さんを講師により実践的な「エイト環」の使用や懸垂下降などの講習を行った。

 

 橋の下で、各々のチームで基本的な練習が終わってから自主練習を行った。
 真剣に練習すると、時間が経つのは早いもので12時前になっていた。
次の実地訓練の準備をしてから昼食タイムとなった。
皮肉なことにこの時点では、日がさして暑いくらいの天気であった。
 昼食後、練習ではあるが危険なことをするので注意しながら実地練習を行うよう指示があり、気を引き締めてはじまった。

 

 

 2チームとも基本的なことを学んだとして、より実践的な環境で練習するため、
山の家さんの提案で、バスに乗って王寺町菩提キャンプ場に移動することにした。
 キャンプ場では、自然の中で、先ほど学んだことをリアルに体感できる場所であった。

 

 キャンプ場で繰り返し練習することで、少し自信が付いたような気がします。
 少しとはいえ、ロープの結び方を学んだことは大変有意義で役に立つことであると感じた。
 また、次の機会が楽しみである。

 時間が充実した講習であったため、気が付けば4時前になり、あいにく小雨も降り始めたため、ロープワークの講習を終了することになった。
 だれも、けがをすることもなく無事に、楽しい充実した時間を過ごした思いである。
 気持ちのいい講習会のあとは大いに反省会を行った。

文:teo  写真:teo、サカちゃん