奈良山友会 山行の記録

熊野古道
小辺路(3)
三浦峠越 (三浦〜西中)

2014年5月31日(土)



< メンバー >
L.ころり、SL.ヨーチャン、ミサチャン、チョモランマ、点の記、奥様、えみーる、miichan、
JA、RINRIN、サカちゃん、ゆう、志国、マークン、軟弱、キレイ、もっちゃん、お友達2名、斑鳩の鹿、ふーよん

< コース・コースタイム >
橿原神宮駅7:00 − 9:00三浦口バス停着 − バス停付近出発9:15 −
9:50吉村家屋敷跡 − 10:40三十丁の水 − 11:30三浦峠(昼休憩)12:10 −
12:25古矢倉跡 − 12:40出店跡 − 13:45矢倉観音堂 − 14:25西中バス停 −(バスで移動)ー 
15:30三軒茶屋  − 16:05熊野本宮大社16:50 − 19:30橿原神宮駅(解散)


橿原神宮駅でマイクロバスに乗車、2時間ほどで三浦口バス停付近に到着。
少しバスに酔ったよう・・・ 気を取り直して出発。



船渡橋を渡って、民家や棚田の間を抜けると、石畳の坂道から山道になる。
まっすぐな杉の植林の中に、大きな杉の古木が現れる。
炎が燃え立っているようで、迫力がすごい。
吉村家の防風林らしい。





つづら折りの上り坂をゆっくりと進む。
道のわきに、小さなかわいい花が咲いている。
「ぎんりょう」「きんらん」「ふたりしずか」ひっそりと、でもどこか芯の強さが感じられる。

 



三十丁の水で口を湿らせ少し休憩。
三浦峠を目指す。

途中、植林が伐採されたところで眺望が開ける。
前回登った伯母子岳が見える。



三浦峠で昼食、記念撮影。
ここからは、ゆっくりとした下りになる。
ナやクヌギ、カエデが尾根のうえに緑のトンネルを作っている。

今日は、かなり暑くなるという天気予報だったが、強い日差しが木漏れ日になって、かえって美しい。
出店跡を少し過ぎると、今西集落が見える。
集落?という感じで、民家が点在している。

矢倉観音堂の前で少し休憩。
舗装林道から沢道にはいりまた舗装道路へ。
西中バス停着。



マイクロバスで移動。
舗装道路は、本当に暑い。
バスに乗ってほっとする。
途中トイレ休憩をはさみ、三軒茶屋まで行く。

本当に茶屋があり横の関所をくぐり、熊野本宮大社を目指して歩き始める。
「三軒茶屋からは、ずっと下りばかり」と聞いていたが、しばらく登りが続く。
バスで涼んでしまった体は、もう休憩モード・・・ゆるい道なのに体が拒否する。
40分弱で大社の裏手から境内に到着。

 

無事参拝を済ませ、帰路に。
いつもよりマイルドな感じの宴会バスは、順調に進み予定時刻より早く橿原神宮駅に到着。

リーダー、サブリーダー、皆様ありがとうございました。
楽しい山行でした。

小辺路も残すところあと一回となりました。
また、良い山行になりますように。


熊野本宮大社から500mほど離れた大斎原(おおゆのはら)にある高さ33.9m幅42mの日本一の大鳥居


文:ふーよん  写真:サカちゃん、miichan、チョモランマ、点の記