奈良山友会 山行の記録

熊野古道 
小辺路(2)
伯母子峠越(大股~五百瀬バス停)

2014年5月10日(土)



< メンバー >
 L.ミサチャン、SL.ころり、SL.PORORI、SL.ヨーチャン、okugake、リギ、点の記夫妻、山寺、
 チョモランマ、yokko、ha-min、ウオンテッド、JA、RINRIN、なべちゃん、おくちゃん、
 チョコちゃん、てくてく,えみーる、miichan、サカちゃん、ゆう、もっちゃん  計24名

< コース・コースタイム >
 大股バス停10:35 - 10:15萱小屋後10:25 - 11:05桧峠11:15 - 11:40伯母子岳分岐 -
 11:55伯母子岳山頂12:30 - 12:45伯母子峠 - 13:25上西家跡13:35 - 水ヶ元茶屋跡 -
 14:55侍平屋敷跡15:15 - 15:45五百瀬バス停 - 19:30橿原神宮駅


 熊野古道 小辺路シリーズ第2回目である。
天気は五月晴れ。
橿原神宮前駅中央口にAM7:00に集合。
総勢24名の大パーテイで、大紀観光バスで出発。

ほぼ予定通りAM10:00過ぎに大股バス停に到着。
 3パーテイに分かれてスタート。



人口樹林のいきなりの急坂が桧峠まで続き、なだらかな街道歩きと思っていたのでややびっくり。
途中「萱小屋跡」(新しい山小屋が建てられている。)で小休憩。
天気が良く新緑が美しい。



「桧峠」から「伯母子岳分岐」まで、よく整備された山道を行く。



分岐から15分ほど急登すると「伯母子岳頂上」。



360度のパノラマが広がり、大峰山脈、護摩壇山が見渡せる。





ここで昼食後集合記念写真撮影。



15分ほどで「伯母子峠」におりる。
小さな山小屋がある。
ここから本日の終点の「五百瀬バス亭」まで下り主体の平坦な道が3時間程続く。



休憩をとった「上西家跡」は、広場になっておりベンチもありゆっくりした気分となる。
昭和の初めごろまで旅籠があったそうで、石垣と杉の古木が残っている。



ここから「侍平屋敷跡」までひたすら樹林の中を歩く。
木の根っこを踏み越え、やや大峰道の修行の道に似ている。



この「侍平屋敷跡」の前後の道は、昔の石畳道が残り古道の雰囲気が味わえた。
ここで大休憩をとり、30分で目標の「五百瀬バス停」に到着。
一日よく歩いたの実感。

 バスの出発を待つのももどかしく一斉に缶ビール開缶。
ワイン、日本酒、焼酎と揃い、賑やかなうちに「橿原神宮前駅」前に到着。
天気にも恵まれ、小辺路を満喫した一日となった。
リーダーを始め皆さん有難うございました。


文:山寺  写真:サカちゃん、yokko、ha-min、山寺