奈良山友会 山行の記録


和佐又山
―雪遊び大好きの巻―

2014年1月19日(日)



<メンバー>
L.スノーマン okugake、ウオンテッド、シリウス、wakabama-kun、buhiko、なべちゃん、ころり

<コース・コースタイム>
和佐又登山口バス停(登山開始) 9:40 − 10:10 沢道コース − 12:20 和佐又キャンプ場広場(昼食) 12:45 −  
(スキー場から和佐又山に直登する) − 和佐又山頂上(往路を引き返す) − 14:10 スキー場 −
14:25 和佐又ヒュッテ(休憩) − 14:40 林道を下る − 15:30 和佐又山登山口バス停


 昨日からの寒波で雪遊びが期待できそうです。



今日は朝から気合いを入れて家をでましたが、恒例のじゃんけん大会でシリウスさんに負けてしまい、
今期も免れはできませんでした。
まぁ、しゃ〜ない、よくここまで勝ち抜いたと感心して原稿を描いています。
 まず、トンネルを抜け登山口のバス停でアクシデントがあり、みなさん降りてスノーマンさんの車を押すことになりました。
次はシリウスさんの車を安定した場所まで押し一端落ち着きました。
雪が多いのでここから登山開始になりました。

   

尾根道は雪が多くトレースがないだろうということで、沢道コースを詰めることにしました。
沢に下りてもトレースない。
リーダーが林道を登ろうかと思案していたら、なべちゃんが沢の上に道を見つけてくれました。

 

はっきりとトレースがないが、なんとなく道らしい雰囲気があり所々にテープや「和佐又ヒュッテ」と道標があり、ほっとしました。
道を探しながら進みます。



歩いて行くうちに段々熱くなり、一枚二枚と脱ぎます。
家だったらきっと寒い寒いとこたつの中でしょうね。
おやつを食べみかんを食べいいなぁ〜とちらちら脳裏に浮かんでくるのは私だけ?
雪も深くなりワカンを着けることになりました。



シリウスさんが窪みにはまり、蟻地獄状態(写真がないのが残念!)になるのを笑ってしまいました(ごめん)。
さらさら雪と急登でワカン隊がなかなか進めません。



ついにワカンなし隊に追い越され、さっさと進んでいきました。
ワカン隊がぐずぐずしている内に、ウオンテッド・シリウス・okugake・なべちゃん達が道を詰めてくれ無事、和佐又キャンプ場広場に着けました。
キャンプ場東屋で昼食です。風がでてきて寒い!

 

buhikoさんのラーメンを持つ手がブルブル震えて笑っていたら、鼻がズルズルでて大変でした。
ガスを出しラーメンを作っていたスノーマン・シリウスさんが羨ましかったです。
背中で風を受け、早く昼食をすませ和佐又山頂上を目指します。
スキー場から直登しました。



ここでもトレースがなく雪が深いのでワカンを着けることになりましたが、やはりここでもワカンなし隊の勝ちです。



意外と簡単に頂上に到着です。



頂上は、眺望はあまりありません。
うっすらと山が見えてきました。
弥仙方面かしら?
風がきつく木の陰に隠れながらワカン隊を待ちます。

     

早々と集合写真を撮ると同じ道をピストンです。
下りはアイゼンを着けゆっくり安全に下ります。
下りは早い!どんどん走るようにくだります。
広場まで下山する青空が広がり大普賢岳が見えました。



今日はさらさら雪の為か強風の為か、霧氷が見られなかったのが残念です。
ヒュッテ前のブランコに嬉しそうにウオンテッドさんが揺れています。
案外、かわいい所もあるんです。



みんなで雪を投げますが、さらさら雪の為、雪玉ができず当たらなかったのが残念!
ヒュッテの管理人さんに、バス停から林道を歩き沢道を登り、和佐又山に登ってきたと言うと、道がありましたか?
よく頂上まで登れましたねと言われました。
頂上狙いは私たちだけだったようです(これも満足!満足!)。
ヒュッテでゆっくり休憩をして林道を1時間近くかかってバス停駐車場に戻ってきました。



天気もよくなり、大台山系がバーンと目の前に広がりました。



トレースがなく心配されたリーダー、道を切り開いでくれたみなさんありがとうございました。
久しぶりに雪遊びを満喫しました。



いい山行ができたことに感謝です。
車を出して頂いたスノーマン・シリウスさんありがとうございました。
中荘温泉でゆったりまったり、冷え切った体はほっかほっか!
楽しい雪遊びの一日でした。


文:ころり 写真:ころり、シリウス