奈良山友会 山行の記録

御坂山地
三ツ峠山
―絶景、富士山の好展望台―



2013年12月21日(土)・22日(日)

<メンバー>
L.スノーマン くぅる、シリウス、ウオンテッド

<コース・コースタイム>
7:50 河口湖駐車場 − (タクシー)− 8:05 スタート − 9:15三ツ峠登山道入口 − 11:05三ツ峠山荘 − 11:30三ツ峠山(開運山)−
12:00 三ツ峠山荘 − 12:25 木無山 − 14:45 カチカチ山 ロープウェイ − 15:00河口湖駐車場


三ツ峠山は、御坂山地に属する山で、富士山の北北東に位置し、富士山の好展望で有名な山である。
御巣鷹山、木無山、最高峰の開運山(1,785.2m)の3峰からなる。
通常、三ツ峠山とされているのが、三角点のある開運山である。

今回は、河口湖畔で前夜テント泊をし、翌朝、R137の旧道御坂みちの三ツ峠登山口から開運山に登り、
霜山、天上山を経て河口湖畔に戻る周回コースである。

実は、今月中ごろに三ツ峠山、御正体山、大山の三山を夜行バスを利用した個人山行を計画していた。
折りよく、スノーマンさんが、今回の計画を会スケジュールにアップされたので、自分のを取りやめ早速参加申し込みをしたのである。

21日、集合場所の近鉄郡山駅前を定刻の13時半に出発した。
東名阪亀山ICに入るや否や、10q渋滞に巻き込まれ、テント場に着いたのは、予定を1時間以上も過ぎた21時を回っていた。

早速テント設営(テント泊組2人)し、車(車中泊組2人)は防寒対策の準備がなされた。
天井、床はもちろん窓という窓には、窓枠に合わせたスノーマンさんお手製の断熱材が貼られ、寒さが苦手な自分には有難かった。

準備が終わると、下戸のスノーマンさんはシュラフに潜り込んでしまったので、テント組の酒盛りに加わった。
山の話、山の道具の話で盛り上がり、気が付くと23時を回っていたので、車に戻って寝に就いた。
頭上を見上げると、オリオン座を始め満天の星空で、明日の好天を約束してくれていた。



翌朝、予定通り7時半にテント場を出発。湖畔道路を走る左車窓に、突然富士山の雪をまとった雄姿が見えて、一様に大きな歓声を上げた。
かちかち山ロープウエイ駐車場に車を置き、予約したタクシーに乗り込み、三ツ峠山登山口に向かった。
運転手が路面凍結を理由に、先への運転を断ったので仕方なく、R137の分岐より御坂みちを延々1時間ばかり歩くことになった。

車が次から次に我々を追い抜いて行く。早くも上から降りてくる者もいる。
恨めしげに道を避けるが、ウオーミングアップだと気を取り直して登山口を目指した。

途中2ヶ所でショートカットした。
最初はくぅるさんが登ったので、悪いと思い2回目はぼくが先頭に立った。
今度は急で距離も長かったのを、年甲斐もなく強引に登ったので、しんどくて上の道路に出たときはホッとした。
三ツ峠登山口(バス停)で御坂トンネルへの道と別れ、右へ。

約15分で駐車場、トイレのある清八林道分岐に着く。
ここからは本格的な登山道が始まる。といっても、山上の三ツ峠山荘や四季楽園への荷揚げのため広い道である。

左手に金ヶ窪沢を見下ろし、右手は樹間越しに御坂山地の山が望まれた。
山頂付近の積雪は3、40cmとのことであったが、この辺りの登山道は良く踏まれていて、その半分くらいである。

途中、犬を連れた若い女性が行く手にいて、道を譲る気配もないので、仕方なくこちらが避けた。
なんだか、犬に道を譲ったように思えて、忌々しかった。

御巣鷹山のテレビ塔がま近に見えて、三ツ峠山荘前の展望所に到着した。
眼前一杯の富士山があった。丸で松竹映画のような富士山が。無風快晴の富士山が。



集合写真を撮ってもらい、銘々満足のいくまで写真を撮った後、ここから20分ほどの開運山に向かった。

山頂は多くの登山者で賑っていた。ここでも富士山が主役で、ぼくもシリウスさんも、今年あの頂上を極めたと思うと実に感慨深かった。
そしていつまで見ていても見飽きなかった。その背後に南アルプスが雪に輝いて連なっていた。



御巣鷹山は割愛し、三ツ峠山荘前の展望所に戻って昼食を摂った。
食後、天上山を目指して下山を開始した。木無山までは前方に富士山を眺められたのだが、
その後は、カラマツや雑木に妨げられて、予想に反して時折樹間からその姿を伺うだけだった。



何組かの人が下から登ってきた。大半はコースの短い御坂みちコースをピストンしているようだが、
天上山コースは3時間以上の長丁場のため、下山に使われることが多いのだろう。

前述のようにさほど見通しもよくなく(といっても、木の葉が落ちたこの時期は登山道も明るく、時折わずかに展望が得られる)、
下り一方なので、いい加減飽きるころ林道に出た。これでロープウエイの富士見台駅も近いと思ったが、最後の登りが待っていた。



ここからしばらく下りが続き、天上山は知らない内に巻き、山には不似合いなカップルが何組かチラホラするころ、山上駅に着いた。

狭い展望台は、アジア系と思われる観光客でごった返していた。
行きしに乗ったタクシーの運転手の話によれば、富士山の世界遺産登録後は日本人の観光客は変わらないものの、アジアからの観光客が大幅に増えたそうである。
駅舎やネーミング、籠そのものもチープなかちかち山ロープウエイ(昭和58年、大阪車輌製とあった)に乗って、車を停めていた駐車場に着いたのは、3時前であった。



下山後の汗を流すべく、近辺で一番安いという、日帰り入浴の余り流行ってなさそうな割烹旅館で入浴した。
5,6人も入れば一杯の風呂場であったが、他に客もおらず、我々だけで少し熱めの湯にゆったりと浸かった。
浴後、来た道と同じルートで、近鉄郡山駅に予定通り10時ピッタリに着いて、快晴に恵まれた楽しいテント山行を終えた。


文:ウオンテッド 写真:スノーマン、シリウス