奈良山友会 山行の記録

三重県の展望の山
大洞山

2013年12月7日(土)



<メンバー>
L.山寺 SL.ウオンテッド
タンタン、サンキュー、yokko、ころり、リギ、えみーる、okugake、buhiko、キレイ、wakabama-kun、ha-min、RINRIN、

<コース・コースタイム>
駐車場 9:05 −20分 − 真福院 − 20分 − 大洞山登山口 − 50分 − 雌岳 − 15分 − 雄岳 − 30分
 − 四ノ峰 − 60分 −  桔梗平 − 20分 − 登山口 − 15分 − 真福院 − 20分 − 13:45 駐車場


この山は、桜で有名な「三多気」より入る「真福院」ルートから登るのが一番効率的だが、バスの便がない。
幸いウオンテッドさんやサンキューさんのご協力により14人の参加を得て、貸切バスの利用が可能となった。

心配された天気も、時折薄日も射すまずまずの空模様。

「三多気」で、バスを駐車して出発。
しっかりした桜並木が続き、周りの山村も何となく風情がある。



670年に創建されたという「真福院」に参拝。

 


ここからほどなくすると登山口で、山道に入る。のっけから続く杉の林の急登。



あえぎながら小1時間で「雌岳」山頂に着く。
360度、室生、台高、鈴鹿の山なみの展望がスバラシイ。でも「寒い!」。



風も強くそこそこに次の「雄岳」へ向かう。

フワフワ落葉を踏みしめながら気持ちの良い尾根道。


尼ヶ岳


「雄岳」山頂も10分ほど滞在して、下山道へ向かう。



倉骨峠の手前を右へ折れて急坂を下ると、ほどなく平坦な青苔に覆われた石畳の東海道自然歩道に出る。



青苔が美しい風情のある道である。道沿いの樹林の間から見える山々も何故か青く、全体に清潔な印象を受ける。

小1時間で「桔梗平」に到着。東屋でようやく昼食をとる。

30分ぐらい休憩して、「登山口」、「真福院」と朝の道に合流して駐車場に着く。



まだ2時前。途中のみつえ温泉「姫石の湯」で冷えた体を暖めて、のんびりとバスで帰路につく。

頂上は大変寒かったが、気持ちの良い初冬の山行であった。

最後、「大和八木駅」前の「魚と銘酒」の居酒屋での有志打上げ会も大いに盛り上がった。

ご参加の皆さま、有難うございました。


文・写真:山寺 写真:サンキュー、yokko、ha-min