奈良山友会 山行の記録

赤子谷左俣〜奥池

2013年10月27日(日)
概ね晴れ



<メンバー>
L.トレモロ、タンタン、クー、飛び魚、リギ、山遊亭軟弱、pu-san
 
<コース・コースタイム>
JR生瀬駅9:00→千都橋9:10→赤子谷入口9:20→佐俣へ→赤子滝9:35(小憩)→ゴルジュを経て→分岐右へ9:50→
第2番目ケルン(紫の紐)10:10→水場10:20→25番鉄塔10:35→岩倉山10:45→反射板を経て→行者山11:10 (展望の良い所で昼食)11:45→
行者山東観峰11:50→行者山分岐に戻る12:15→譲葉台住宅地を経て→樫ヶ峰入口12:35→28番鉄塔12:50→樫ヶ峰(展望なし)13:10→
馬の背コース→小笠峠入口13:50→暫く車道→大藪谷入口14:20→奥池15:05→奥池バス停15:15
 

(感想)前半は谷遡行、後半はアップダウンの繰り返しとロングランハイク。
 
赤子谷コースはスリルと変化に富んでいた。滝も多く危険な通過点も多々あった。
ゴルジュは洞窟の通路のような感じで、結構迫力感あり。

 

 

 

急登な谷を詰め少しで、岩倉山につく。
2体の石仏が祀られていた。

 

ここから約20分で行者山についた。
展望の良い所で陽光を浴びながら各自昼食。甲山や競馬場等が見える。

 
 
後半の行者山〜奥池は中々の距離とアップダウンで結構疲れた。
しかしながら樫ヶ峰から小笠峠は、馬の背コースと呼ばれ、須磨アルプスと同様の景観があり、癒される箇所である。
 
最後の大藪谷入口から奥池は、充分疲れているのにまた登りで奥池について、やっと終わったという安ど感で満たされた。


 
(今回のコースは、リーダーの下見のお陰で迷うことなく行けました。感謝します。)

  
コウヤボウキ                             ヤクシソウ
 

文:pu-san 写真:クー・トレモロ