奈良山友会 山行の記録

伯耆大山

2013年10月26日(土)・27日(日)



<メンバー> 
L.山の家 わかばまーくん、サカちゃん

<コース・コースタイム>
26日:平端14:00−大山夏山登山口前駐車場18:00〈テント泊〉
27日:登山口6:40−大山山頂9:20−大山寺登山口12:20

〈10月26日〉
中央アルプス越百岳〜南駒ヶ岳の山行予定が、
のろのろ台風接近のために前日まで天候が読めず、回復傾向の大山に急遽変更になった。

出発の26日も雨模様。
翌日の天候回復を信じて、大山下の駐車場にテントを張る。
ポパイ鍋を肴に乾杯し、就寝となった。

〈10月27日〉
06:40 大山夏山登山口



天候は曇。紅葉は始まっていたが、いきなりの石の階段。ひたすら階段を登るのみ。

08:00 五合目、松江方面の開けた景色と紅葉は絶景です。
しかし、直登の階段がひたすらつづくのみで変化なし。

  

09:00 八合目、天候は回復。徐々に気温が下がり登りには最高の天気。
眼下の高度感は最適。しかし、直登の階段がひたすらつづくのみで変化なし。

 

09:20 山頂到着。
弥山はすでに紅葉で景観は抜群。



切り立った山肌は絶景です。しかし、滑りやすい木道で転倒の危険が大です。

10:10 石室。明治来よりの避難小屋の後です。
このころの大山登山は今より難易度はかなりたかかったと予想できます。



12:20 大山寺登山口到着。



下山時は列をなして狭い山道を次々と登山客が上ってきます。
中には「なぜか登山者にふさわしくない人が、何でもアリか」の人もいます。
まさしく障害物競走の下山でした。

しかし、全山紅葉で景色は絶景です。

大山は登るより見上げるのがいい山です。

みなさん、お疲れさまでした。


文・写真:ワカバマークン 写真:サカちゃん