奈良山友会 山行の記録

教育&読図山行
多紀アルプス(三嶽〜小金ヶ嶽)
読図山行(白髪岳)

『搬出訓練』、『テーピング講習』


2013年9月21日(土)・22日(日)

<メンバー>
L.サンキュー
点の記、miichan、ころり、飛び魚(8月入会)、
クー、yokko、えみーる、チョモランマ、トレモロ、wakabama-kun、リギ、
buhiko、山遊亭軟弱、ウオンテッド、悠山 


2013年9月21日(土)
多紀アルプス(三嶽〜小金ヶ嶽)

<コース・コースタイム>
登山口 9:40−三嶽 11:15 −11:50 おおたわ 12:24−小金ヶ嶽 13:24−下山口 15:00


バスにて、登山口着。低山だが「アルプス」と名のつく多紀アルプスの山行。

最高峰一等三角点の793m三嶽を目指す。登山口の、獣の進入防止網を開けて入る。村の中の畑も網だらけ、苦労されているようだ。

低山と思っていたが一気登りで結構汗をかく。細かいアップダウンを繰り返し頂上へ。

岩場に鎖の設置がなん箇所もありやっぱりアルプスかな?




展望は抜群、ただしなじみ無い山域のため山やな〜と思うだけ。明日の読図山行の舞台も見えているはず。

一気下りで、おお(大)たわ(山編に定)、この字は読めません。はたして他のPCなら出るかしら。

車道があり、東屋、トイレ等有り。ここで昼食。


またまた一気登り、見上げると結構な岩場が見えている小金ヶ嶽へ。丸い山名盤がある。


最後の下りは沢筋に入り、これが荒れており、下見の時もそうらしかったが、先週の台風のおかげでさらにおもしろくなっていた。


とにかく暑い山行だったが、時折吹く風が心地よかった。

このコースを、7月の暑〜〜い36℃の時期に下見していただいたリーダー、サブリーダーのご苦労に感謝感謝です。



搬出訓練
 


懇親BBQ


テーピング講習会

9月22日 読図山行

初参加、初レポートの(2013)8月入会の飛び魚です。

前夜のお酒が残る中 白髪岳登山口に7:40着
まず、とんがり山を目指す。



共同アンテナ手前の神社通過後、ルート側道に入り、ルートを見間違う。

地中アンテナを頼りに共同アンテナ到着。とんがり山まで高低80mの急登。
二日酔いの朦朧状態の中、なんとか ころりさんの「とんがり山のたぬきさん」の唄に助けられ、とんがり山に到着。





此処から本日のメインイベント読図山行。
コンパスと地形図を頼りに、班ごとに白髪岳を目指す?

初参加の自分としては、コンパスの使い方、地図の見方も理解しないまま、いきなりブッシュを掻き分け急降下。
ころりさん先頭にP570目指す。
コンパスの拡大鏡で地図の等高線を確認しながら難なくクリア。
次はP607までクーさん先頭にほとんど稜線沿いのルート。
時折の谷風が心地良かった。

P607手前で少し行き過ぎたが、点の記さんの指摘で後戻り。
次はP644迄いよいよ私が先頭、知らぬ間に前夜のお酒も完全に抜けていた。



読図も皆さんのご指導で、少し理解できので難なくクリア。白髪岳のピーク721まで一気に鎖を頼りに12時到着。

山頂からは丹波の山々が展望360度大パノラマ☆ヽ(最´∀`高)ノ★
何故か3人の自転車を担いでいる若者と遭遇、どうやって此処まで来れたか?
山頂で昼食し、記念撮影。



下山口までお花摘み事件、丹波栗事件もありましたが無事全員下山。



今回の教育山行を通じて、山友会の皆さんのさりげない優しやさ温かさを実感出来ました。
これからも「山が好き、酒が好き」の仲間になれるよう頑張りますので、宜しくお願いします。


文:山遊亭軟弱(多紀アルプス)・飛び魚(読図山行) 写真:トレモロ、クー、サンキュー



9月22日 読図山行ルート図