奈良山友会 山行の記録

北アルプス
立山から剱岳

2013年9月13日(金)〜16日(月・祝)



<メンバー>
L.チョモランマ 点の記、てくてく、buhiko

<コース>
9月13日
22:00近鉄高の原発

9月14日
ケーブル立山駅6:50−7:50室堂8:15−9:00一の越−10:15雄山−10:50大汝山−11:10富士の折立−11:50真砂岳−13: 15別山−14:20剱沢小屋

9月15日
剱沢小屋6:00−6:30剱山荘7:00−一服剱8:00−前剱9:00−平蔵のコル−9:45剱岳頂上10:10−12:30前剱下で昼食−12: 55一服剱−13:55剱沢小屋
 
9月16日
剱沢小屋6:00−7:00剱御前小屋−8:05雷鳥沢野営場−9:05室堂

<9/13-14>
22:00に近鉄高の原を出発、車は名神・北陸自動車をトラブル無く、9/14 02:00 に立山駅着。
駐車場に車を停め、今日からの山行の為に眠りに着きました。
5時過ぎに点の記さんより、駅にもう沢山の人が並んでいると報告を受け、ケーブルカーの臨時便が運航しているのが分かり、
朝飯、テント収納を素早く終わり、駅に着き切符を買い、ケーブルカー、バスを乗り継ぎで室堂に到着しました。
本日の天気は快晴、室堂で集合写真を撮り、本日の目標の立山に向かって歩き始めました。



立山は雄山(おやま、3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、2,999 m)の3つの峰の総称である。
雄山・浄土山・別山を立山三山と呼ばれています。

雄山頂上には雄山神社峰本社があり、ここからは360度の展望で、
遠く富士山、御嶽山、そして黒部川の源流と富山湾を一望できるはずでしたが、雄山山頂では見えませんでした。

 

大汝山、富士ノ折立、真砂岳、別山と縦走して、剱沢に下りました。

 

剱沢は剱岳の幕営地でもあり多くのテントが張られていました。



テント場より少し下ると剱澤小屋に到着です。剱澤小屋からは剱岳が一望出来る唯一の山小屋です。
この山小屋はシャワー設備と温かい夕食を出すのが特徴です。



山小屋に到着して、食堂で本日山行の反省会と明日のサミットの打合をして、温かい夕食を食べ消灯まで喋りまくり、そして就寝しました。

やっぱり点の記のイビキはうるさかった。


<9/15>
5時に起床して、部屋の窓から天気を確認すると台風の影響か昨日の天気とは違い小雨まじりの曇り空、微妙な天気でした。
6時に小屋前で集合写真を撮り、剱岳登頂をめざし、気合を入れ出発。



小屋裏側の沢を渡り剱山荘の裏にある登山道にでました。
登山道を少し進むと13箇所ある鎖場の1番目の鎖がありました。

ここからは岩場とザレ場の本格的な登山道となって行きました。出発から1時間で一服剱に着きました。
一服剱からは剱岳山頂は見えず、前剱の岩場が立ちはだかるのが見えました。

前剱は高低差もあり気の抜けない箇所だらけで、休憩場所もありません。
何ヵ所の鎖場をやり過ごすと前剱に到着しました。前剱は高低差もあり圧巻でした。
ここから先は剱岳の洗礼を受けなければ山頂には行けません。



岩のペンキ印を目標にして進み、スパッと切れ落ちた平蔵谷の門と呼ばれる場所に出て、
右上するバンドに沿って鎖を利用しての登高なり足元を確認して進んで行きました。小さなアップダウン繰り返して平蔵のコルに到着しました。

ここから先がカニのタテバイです。垂直に17mを登ります。一番の難所です。雨も強くなり登る条件は最悪でした。
ここ登り切って水平にトラバースして岩場を登って行くと早月尾根からの道と合流して頂上の稜線を進んで行きました。

 

頂上は目の前でした。そして剱岳サミットです。先発グループからは拍手で迎えてくれました。

 

山頂にいる皆でサミットを喜び合いました。少し休憩を挟んで下山を始めました。
今度は下り専用のカニのヨコバイが有りました。手足をカニの様に順送りして行きます。10mの鎖場を横に進み垂直に5mを下ります。
そして梯子を下り15mの鎖場を越えて平蔵のコルに出ました。ここからの下り道は登り道と同じ道になります。



山小屋に帰ってくると昼食メニューにある鍋ラーメンを食べたかった点の記でしたが、
すでに昼メニューは終了しており食べる事は出来ません残念でした。

今日は、buhikoの誕生日でした。
立山駅から持ってきたワインがあり、皆で剱岳サミット達成とbuhiちゃんの○○歳を祝い乾杯しました。


<9/16>
朝から台風の影響で大雨でした。剱沢を登り、剱御前小舎に出て、雷鳥坂を下りました。
雨の中を歩き続けて室堂に到着しました。



楽しく厳しい三日間の山行もここで終了です。皆さんお疲れ様でした。


文・写真:チョモランマ