奈良山友会 山行の記録

大キレット
槍沢〜氷河公園・天狗池〜南岳〜北穂高岳〜徳澤

2013年8月14日〜18日


<メンバー>
L.pike なべちゃん
Iさん(会員外)

<コース・コースタイム>
8/14(水)-奈良出発20:00

8/15(木)
01:20あかんだな駐車場着 04:00ゲート開門(仮眠) 05:50発 上高地行バス乗車
上高地BT 06:45〜07:48明神池・穂高神社奥宮07:55〜8:50徳澤テン場09:15〜10:10横尾10:20〜11:10一ノ俣11:20〜11:53槍沢ロッジ12:00〜12:30ババ平(テント泊)

8/16(金
ババ平06:45〜07:17大曲〜08:17天狗原分岐08:40〜9:15天狗池10:10〜10:55横尾尾根のコル11:10〜
12:20天狗原分岐(南岳への稜線)12:30〜12:50南岳13:00南岳小屋(テント泊)

8/17(土)
06:40南岳小屋〜8:23 A沢のコル 8:30〜10:07北穂高小屋11:25〜13:47涸沢小屋14:15〜15:35本谷橋15:43〜16:38横尾16:45〜17:35徳澤(テン泊)

8/18(日)
徳澤9:00〜10:00明神〜10:10嘉門次小屋10:45〜梓川右岸遊歩道〜10:40岳沢分岐〜12:00河童橋〜12:05上高地BT〜あかんだな駐車場〜新大宮着19:30頃


8/14・15

お盆休み真っ最中のこの山行、交通渋滞を懸念していたが思ったほどの混雑もなく、あかんだな駐車場に01:20到着。
ゲート開門は4:00。すでに7〜8台の車が順番待ち。もちろんその後につけて仮眠する。
04:00、入庫後少しのアルコールをのんで、再び仮眠、あっという間に夜が明けて上高地行のバスに乗る。

賑わってる上高地を後にして今日のテン場、槍沢のババ平に向かって歩き出す。

上高地から槍沢ロッジまではハイキングコースの様な穏やかな道。
木々が生い茂り綺麗に整備された、マイナスイオンたっぷりの木漏れ日の中を気分よく歩く。

左に梓川を眺めながら明神に着く。

pike L.の考えで、穂高神社奥宮へ山行の安全祈願に行く。(中には入ってません)
そこから少し見ることができる、明神池にはとても大きな岩魚や虹鱒がたくさんいるらしい。

朝食は徳澤のキャンプ場。前夜に買った牛乳とサンドイッチを頬張り栄養補給。
芝生のテン場では、登山者以外に小さな子供連れの家族もたくさんいて、皆のんびり時間を過ごしているようだ。



 

槍沢ロッジに到着。ここでババ平のテン場の受付を済ませる。テン場はここから30〜40分先にあるので、あらかじめ缶ビールを購入しておく。
やっと登山道らしくなった登りを行くが、これまでと打って変わって
きつい日差しをガンガン浴び、汗が一気に噴き出し始めた。


テン場はもうかなりのテントで埋まっていたが僅かに残っていた平らな場所に設営、そしてビールで乾杯。この瞬間がいつもながら最高に幸せを感じる。

ほろ酔い気分になったところで、お昼寝タイム。寝不足気味だったので、結構爆睡する。


夕方、空模様が怪しくなってきたので早めの晩御飯にする。

今日だけは生食を用意した。鶏南蛮そばに穴子をトッピング。


山椒をふりかけ 「いっただっきまぁ〜す!」  う〜ん・・美味しい!

雷鳴が遠くで響く。でも雨が降り始めるまでは外で山々を眺めてゆったり過ごした。
雷雨は数時間にわたって続いたがやがておさまり、明日の山行の話をしながら日本酒を呑んで就寝。

8/16

今日も青空が広がってる。“神様ありがとう!”と心の中で呟く。ババ平を出発。昨日も今日も槍沢の辺りからたくさんの人で登山道は大賑わいだ。

韓国からの団体さんもよくみかけた。しかしこの賑わいも天狗原分岐まで。
殆どの人が槍を目指してるので、ここからは貸し切り状態、ルート独占で楽しめた。
槍ヶ岳に見守られながら、だだっ広い天狗原の石段道を歩く。

 

やがて雪渓が眼前に現れ、その上にまわりの山々を従えて堂々とした槍ヶ岳が圧倒的な存在感で姿をみせてくれた。
天狗池では逆さになった槍がくっきり水面に映えて、こちらは少し優しい印象だ。
あまりに素晴らしいので時を忘れてカメラに、目に、心にその景色を焼きつけた。







岩稜群の登りを過ぎると横尾尾根のコルに出た。槍、北穂、前穂、北アルプスの主役級が一度に見渡せる。

 

再び感動して足が止まる。この景色を背にしてしばらく歩く。



クサリ、ハシゴを通過すると南岳への稜線に出た。



ここからはゆるやかな登り、足取り軽く南岳小屋テン場に着く。

この辺りからテン場はガスに包まれ始め天気が心配になる。pike L.が小屋で天気状況を聞いてくれた。
「これから少し崩れるけど、明日は今日以上に良い天気」らしい。“神様ありがとう!”また呟いた。

その時、雷鳥の親子がテン場に現れぐるっと一周する大サービスをしてくれた。
冬の白い姿ではなく夏スタイルでチョコチョコ歩き回る子雷鳥たちを親雷鳥が後ろから見守ってる様子が微笑ましい。


ガスと風が収まるまでテントの中でビールを飲みながらまったりと過ごし、夕方ガスが晴れたので明日に控えた大キレットを見に、獅子鼻展望台へ。



日本酒片手に他の登山客の皆さんと山の話で盛り上がる事、小一時間。互いに明日の山行の健闘を祈って別れた。

 

大キレット・・・よく雑誌で目にしたあの景色が目の前に。凄い斜面、長谷川ピークはあの辺? 飛騨泣きはあの辺りから? 流れていくガスに見え隠れする北穂。
明日はあそこまで行くんだ。ケガしない様に、滑落しないように、慌てず、慎重に、冷静にと、言い聞かせてテントに戻る。


夜もガスで包まれたテン場は灯りがぼやけてとても幻想的。BGMが欲しくなる。(エリックサティのジムノペティがいいな)寒くなってきたので上着を一枚着込んで就寝。

 

8/17

今回のメインイベント“大キレット”天気は快晴、気持ちを引き締めてやる気全開で挑む。

 

  
 
  

南岳、獅子鼻から最低コルまでは滑りやすい岩盤の下り。思ったより簡単に行けた。
最低部は2,748m、ハイマツや低木類が多く見られる普通の尾根を進む。そして長谷川ピークへの登りが始まる。
手がかり、足がかりが結構あり鎖も要所に設置されていて(鎖があっても使わずに行ける所もある)見た目ほど難しくない。
“長谷川ピークだ!と気づくことなくA沢のコルまでおりてしまった(残念)。



 

そして、飛騨泣き。ここも手や足の置き所がたくさんある。
あとは安定しているかを確かめて進んでいく。落石をしない、落石を受けない事に注意しながら岩登りを満喫する。
北穂高小屋がもう目の前だ。



振り返ると
自分が歩いてきた大キレットが見えた。
やはり見た目は凄い・・・実際は案外歩きやすくとても楽しめた。





大キレット通過を祝して北穂で乾杯!! pike L.お気に入りのビールは格別に美味しかった。

北穂でTシャツを買ったり、絶景を眺めて余韻を楽しんで、涸沢へと向かう。



引き続き快調に下るはずだったが、たった1缶のビールが足に頭にきいてきた。おまけに暑い。ここで怪我をしたらなんとも情けない。
牛歩ペースに切り替えて進む。足の親指の裏が少し痛い。涸沢小屋でチェック&メンテ。



休憩後、涸沢ヒュッテで開催されていた“涸沢音楽祭”の軽快な音楽に見送られながら徳澤に向かって下山。



徳澤テン場に着くや否やさっさとテント設営。『早くお風呂に入ってビールのみたいんやぁ〜』 皆、気持ちはひとつ。

徳澤ロッジで入浴ビール購入。「お疲れ様でしたぁ!かんぱぁ〜い!!」一気飲みだ。
無事に山行を終えて充実感、達成感一杯、幸せなひと時。
今日の晩御飯はマルタイらーめんとんこつ醤油味にとろろ(フリーズドライ)トッピング。



あとは酒の肴にイベリコ豚のテリーヌとイカのアメリケーヌ(トマト)ソース・・・(缶詰です)をフランスパンにのせて。

もう明日はのんびり帰るだけ。

8/18

今日は山から離れる日。朝はゆっくり徳澤のテン場の雰囲気を味わいながら朝ごはんの支度。


長塀〜蝶が岳へ行く人、横尾へ向かう人を見送りながらのんびりモード。
徳澤のテン場は絶対下山してから利用する方がいいと思った。

徳澤を9時に出発。明神から嘉門次小屋へ。ここでビールを呑み、岩魚を食する。



人生で初めて食べた岩魚は最高に美味しかった。
『 “川魚5種盛りセット”なんてメニューあったら迷わずに注文するね 』と、皆で笑いながら楽しい時を過ごす。



上高地へは右岸の自然探勝路を歩く。梓川(の支流?)を見ながら木道の小道をほろ酔いで歩く。岳沢分岐、河童橋、そして上高地。

 


先月の霞沢岳山行時に点の記さんに教えて貰った“河童のひるめし”弁当を購入。
竹の皮でできた箱のなかには、おにぎりやおかずが可愛らしく納まっていた。
先に嘉門治小屋で食べてたので、丁度いい量で味も良かった。

大正池を右に眺めながらバスは、あかんだな駐車場に到着。さあ・・暑い奈良へ帰ろう!

私にとって初めての長い山旅は一生忘れられない思い出に変わった。ありがとうございます。
  

文:なべちゃん 写真:pike